パソコン

【N5105】Beelink U59 Proを実機レビュー!【CeleronのミニPC】

今回は、Celeron N5105を搭載した、
Beelink U59 Proを
自費で購入して実機レビューします。

Beelink U59 Proは
普段使いには十分な処理性能を持ち、
メモリ増設やトリプルディスプレイにも対応した、
非常におすすめなミニPCです。

とはいえ、値段を見ると、
他のN5105やN5095を搭載したミニPCの方が
コスパがいいかもしれません。

ちなみに、2022年8月下旬において、
メインPCの一つに返り咲きました。

Celeron搭載の安価なPCでありつつも、
十分な性能や拡張性、コスパを持つことは、
素晴らしい事実です。

しかしその一方で、
記事執筆時の9月23日時点において、
突如として起動しなくなりました。

普通のパソコン同様に当たり外れはあると思いますが
とにかく悲しいです。

Beelink U59 Proの主なスペック

Beelink U59 Proの主なスペックは、
こちらです。

サイズ(mm)124×113×42
重さ不明
CPUCeleron N5105
コア・スレッド4C4T
CPU Passmark約4000
TDP10W
CPU周波数2.0GHZ
ターボ周波数2.9GHZ
GPUIntelUHDGraphics
メモリ8/16GB 
RAM最大容量16GBまで
ROM256/512GB
ROM拡張可能
OSWindows11
端子類HDMI×2
USB-A(3.0)×4
LANコネクタ×2
オーディオジャック
Type-c(映像出力可)
電源12V 3A 36W
(Type-cでない)
VESAマウントあり
ファンあり
Bluetooth対応

Beelink U59 Proのベンチマーク

Beelink U59 Proのベンチマークは以下の通りです。

Beelink U59 ProのCPUのPassmark

Beelink U59 ProのCPU、N5105のPassmarkは
4000程度でした。

これぐらいの数値があれば、
ブラウジングやオフィスソフトの使用は
ほぼ快適に行えます。

Beelink U59 Proのドラクエベンチ

Beelink U59 Proのドラクエベンチは、
なんと4653で「普通」でした。

Celeronは基本的にドラクエベンチで重い、動作困難なものが多く、
最大限健闘したN5100ですらも、
「やや重い」の判定でした。

しかし、N5105のこちらは、
なんと普通。

おそらくCPU性能の高さだけでなく、
N5100と同程度のGPU性能の高さが、
奏功したものと思われます。

Beelink U59 ProのCrystaldiskmark

Beelink U59 ProのCrystaldiskmarkスコアはこちら。

爆速ではないですが、
十分快適な数値には仕立て上がってると思います。

Beelink U59 ProのCinebench R15

Beelink U59 ProのCinebench R15スコアはこんな感じです。

Beelink U59 ProのCinebench R23

eelink U59 ProのCinebench R23スコアはこんな感じです。

Beelink U59 Proのメリット

Beelink U59 Proのメリットはこちら。

十分な処理性能を始めとして、
実用性の高さが伺えます。

CPUはN5105でほとんど快適

Beelink U59 ProのCPUはCeleron N5105です。

最近のCeleronは快適になってきています。

少なくとも、N5105であればWindows機でChromeから
スプレッドシートやWordpressを動かすぐらいなら
全く問題なく快適に動作します。

その他のブラウジングについても同様です。

以前はTwitterではカクつきを感じましたが、
最近は特にそのようなことはありません。

十分許容はできます。

TDPは10Wで非常に省電力らしい

Celeron N5105のTDPは10Wです。

TDPというのは、そのCPUの
ある瞬間の発熱で最も大きい時の
数値のことです。

TDPという数値については
私の方でも色々調べているのですが、
解釈が分かれていると思います。

少なくとも分かったのは、
TDPはCPUの最大消費電力に
ある程度相関するということです。

それを考えると、TDPがたったの10Wで
Passmarkが4000もあるのは、
やっぱりすごいなと思います。

また、Beelink U59 Proの電源ケーブルは
たった36Wの出力だそうで、
かなり省電力な数値だと僕は思います。

十分コンパクトなサイズ感かつ、Vesaマウントにも対応

Beelink U59 Proは
十分コンパクトです。

ランチパックみたいなサイズ感です。

また、Vesaマウントがあり、
モニターの裏側に取り付けたりもできます。

汎用性の高さは折り紙付きです。

トリプルディスプレイにも対応

Beelink U59 Proは無印版もそうですが、
トリプルディスプレイに対応しています。

HDMI端子が2つと映像出力可能な
Type-c端子を備えています。

メモリやストレージの増設も可能

メモリやストレージの増設も可能です。

僕はメモリが8GBでは足りないことが多いので、
これは嬉しいですね。

静音性にも優れる

Beelink U59 Proは非常に静かです。

Beelink U59 Proの賛否両論ある微妙なポイント

Beelink U59 Proの賛否両論ある微妙なポイントはこちら。

処理性能はあともう少しだけ欲しかった

もう少しだけ処理性能はほしかったです。

Passmark4000でちょっとだけカクツク場所が
ありました。

Passmarkが4500から5000ぐらいあれば、
完璧に快適なのではないかと推察します。

現在Passmarkが4500あるCeleronやPentiumは
Celeron N5095AやPentium N6005があります。

日本Amazonでの値段は少し高め

Beelink U59 ProはAmazonでは3万円程度です。

他の似たようなPCでは二万円から二万七千円程度の
ものもあるので、
やや高い印象は拭えません。

とはいえ、最近出たばかりなので、
だんだん値段は下がっていくかと思われます。

現に最近では29000円程度まで価格が下がりました。

Beelink U59 Proのデメリット

Beelink U59 Proのデメリットはこちら

めちゃくちゃ重い作業には向かない

U59 Proはあまり重い作業には向きません。

動画編集や3Dゲームがしたいなら、
別のPCの方がいいかと思われます。

Beelink U59のN5095版との比較

N5095を用いた、Beelink U59と
N5105を用いた、Beelink U59 Proとの比較です。

無印版より省電力でGPU性能が上がっている?

N5105の方がN5095よりも
GPU性能が高いらしく、
GPU性能は上がっているようです。

無印版よりPro版の方がLanポートが1つ増えている

Pro版の方がLanポートが1つ多いです。

無印版の方がデザインはおしゃれ

とはいえ、無印版の方がデザインはおしゃれです。

GMKtec Nucbox5との比較

Nucbox5の比較は以下の通りです。

Nucbox5の方がコンパクト

U59 Proの方が、メモリが増設できる

U59 Proの方はトリプルディスプレイに対応

U59 Proの方が、静穏性が高い

Beelink U59 Proの感想

コスパは微妙ですが、
値下げされればさらにおすすめなPCになると思います。

また、おすすめのCeleron PCをまとめた記事のURLも貼っておきます。

最後に、超絶コスパのN5095搭載ミニPCのレビュー記事も
載せます。

-パソコン