運営者情報、重藤六について

こんにちは!
ブログ「重藤録」を運営しております、
重藤 六(しげとう ろく)と申します。

このページでは僕個人のことと、
サイトのことをある程度掘り下げて語ります。

現役ガジェットブロガー重藤六について

1990年代ぐらいに田舎にて生まれる。

なお、重藤はとある生きづらさを抱えているものの、
それについて記載することで、
ブログのPV数が減少する恐れがあるゆえに、
記載は一切しません。


高校卒業後就職のため専門学校に入るも、
全く思うようにいかず、お金を無駄にする。


専門学校卒業前から人生に絶望し、卒業後は1年ほどニートになる。

ニート期間中に色々な支援を受けたのち、
訓練施設的なところに入所。
1日4時間ぐらい、データ入力をして過ごす

数年ほど働くが、
リベ大などで情報を得るうちに
なんか副業を始めたくなる

しかし、その訓練施設的なところは、
副業が禁止であった。悲しいかな。

訓練施設を2021年11月に手続上退所し、
退所の翌日にブログ「重藤録」を開設する。

ブログは副業の1つのつもりだったが、
Pythonに挫折するなどした結果
ブログでしか稼げないことがわかった結果、
死に物狂い背水の陣でブログに挑む結果に。

そして、現在に至る。

なお、重藤録の自問自答形式のインタビュー企画
のこちらの記事でも重藤六の経歴について語っています。

元弱小YouTuber重藤六について

2022年4月ごろからYouTubeを始めるものの、
なかなか思うように伸びないことに気づく。

2022年6月ごろに低評価や煽りコメントに我慢がならずに
短兵急にチャンネルを削除した。
復活できると思っていたが、一度消したちゃんねるは
復活できないことに気づく。やばい。

そんなこんなでYouTuberは大損害であった。

2度とYouTubeはやらないと心に決め、
現在に至る。

翻訳者重藤六について

かねてよりお仕事をいただいていた、
Blackviewさんからお仕事として、
PR TIMES様に載せるプレスリリースの
作成を行なっております。

いろいろな関係でBlackviewさんから
私が翻訳者であるという、
公式のアナウンスはしていただけません。

とはいえ、Blackviewさんの担当者様から
翻訳者である旨を公開していいと
許可をいただきましたので、
公開させていただきます。

重藤録 基本情報 2022年10月現在

サイト名重藤録
ドメインshigedosicks.net
PV数月間8万PV以上
Amazon売上月間120万円以上

重藤録の重藤六の意気込み



このブログでは、ガジェットについて、
可能な限りオリジナリティを高めに発信します!

特に記事割合の多いガジェットは現在、企業様からの提供などは2、3割で
ほとんどは全額自費で購入してレビューしています。


特に密度が高い情報を提供していけるように努力しています。

また、Googleアドセンスは、
ユーザー様の使い勝手や、自分へのリターン等を
勘案した結果、

全面非表示!ではなく、
使いやすさを害しない程度に表示しています。

(ほかに、Amazonと楽天、バングッドとヤフーショッピング、
アリエクスプレスの
広告を貼っております)

このブログを読んでいただいた方に
有益な情報を提供できたら幸いです。

重藤録の基本姿勢

・Celeronはコスパいいのでバンバンおすすめする。


・Androidタブレットをバンバンおすすめする
・Macもおすすめする。
・Blackviewは魅力的なのでおすすめ
・タブレット全般をおすすめする
・iPadについてもおすすめするが、
Androidタブレットのことを常に忘れない
・千円でも安いガジェットをおすすめする。
・新品でも中古でも、合理的な価格のガジェットを
おすすめする
・客観的で公平な浅い観点より、
・主観的で偏屈で穿った観点をお届けする
・エアプ記事の場合は、エアプとしっかり明記する

おまけ 重藤六の作業スペースについて

私重藤六の作業スペースを
とくと笑覧あれ

このおまけいる?

第1作業環境 基本的な作業はここで行われる

最も僕が作業をしている環境がここになります。

トリプルモニターに座りデスクを組み合わせています。

また、タブレットを3つ使い、
動画視聴や、アナリティクスの閲覧に
役立てています。

第2作業環境 やはりメカニカル軸は楽しい

第2環境がこちらです。

MBAをクラムシェルで使っています。

キーボードはE元素の赤軸です。

デュアルモニターなので、
トリプルモニターほどではないですが、
作業の効率は高いです。

第3作業環境 Windowsの最後の砦

第1、第2ともにMacの環境をお見せしましたが、
第3ではWindowsの環境をお見せします。

ほとんど使うことはないのですが、
それでもROM焼きの際には重宝しています。

また、Windowsを使わず、Macbookや
iPadを置いて作業することもあります。

第4作業環境 動作確認などに使われる、副次的な環境である

第4作業環境は、だだっ広いスタンディングデスクとなります。

適宜ここにノートやタブレットを置いて、
作業しています。

、、、このおまけいる?

作成日 2021年11月30日 重藤六
更新日 2022年11月18日 重藤六