総合

【PR】GEEKOM IT13がセール中

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

GEEKOMさんから依頼を頂いたのでIT13のセール情報記事を投稿します。

筆者もIT13のi9-13900H+32GBメモリモデルを以前提供いただき、それからメインPCの一つとして使用しています。

少々気になる点や魅力的な競合機種もあるものの、それでもIT13は独自の強みを持つ製品であると思います。

IT13のスペックと使用感を簡単に記載し、その上でセール情報もこの記事で紹介しています。

GEEKOM IT13のスペック、使用感

Core13世代末尾HとDDR4 3200メモリを搭載

13500H、13700H、13900Hの3モデルがあり、Passmarkは約22700、約27600、約29400となっています。

CPU性能自体は強力です。

ただ、IT13のI9モデルは本体の排熱や設定的にCinebench R23などの性能がほかの13900Hに比べて低いです。

某動画チャンネル様によればあるアプリをつかえば本来の力を引き出せるとのことですが、もしやるなら自己責任で。

個人的にはi5やi7モデルのほうが無理なく性能を出せるのではないかと推察しています。

GPU性能についての筆者個人の感想としては、Ryzen7−5800Hと同程度と考えており、そこまで強力ではないと思います。

また、i9モデルで32GBメモリでDirectMLを使ってStable Diffusionを筆者の環境でざっくりと回したところ7.34s/itとなり遅いぐらい。

もしGPU性能を求めるなら別のCPUのものが良いと思います。

また、ファンの挙動が特殊で低負荷時においてファンの音がかなり鳴ります。

ただ、世代が新しいCPUを積んでいるということもあるのか低負荷時などを中心に消費電力は低めでした。

高性能なIntel CPUを積んだミニPCとしては選択肢になるかもしれません。

Wifi6E、2.5GBE、40GbpsのUSB4

GEEKOM IT13は接続性も意外と良いです。

Wifi6Eに対応していて、高速なネット通信が可能な場合があります。

また、2.5GBEポートをデフォルトで搭載していて、変換アダプタいらずで2.5GBEの有線通信が可能です。

さらに40Gbps(公式を参考にしました)の速度で通信可能なUSB4ポートを搭載しています。実際には計測していませんが、速度が速そうですね。

振動や落下テストも?

高強度のメタルフレームが本体内部にあり、耐久力が高いとのこと。

振動テストや落下試験も行っているとのことです。

実際に使っていて確かに頑丈そうなイメージがあります。

その他

HDMIポートとUSB4ポートを2つずつ搭載していて、クアドラプルディスプレイにも対応しています。

電源アダプタは大型ですが、筐体は小型です。

USB-Aポートを4つ搭載しています。

また、IT13についてはWindows11 Proを搭載しております。slmgr/dliで確認したところ、OEMライセンスであることを確認できました。

また、IT13のレビュー記事のリンクはこちら

GEEKOM IT13のセール情報

セール情報ですが、公式サイトのショップではshigedosicks3000を使用することで3000円オフになるとのこと。

GEEKOM公式サイトのIT13のストアリンクはこちら

また、AmazonでもFHTBRYR8を使用することで3000円OFFになるとのことです

参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-総合