スマホ

スマホをカーナビ代わりに使うメリットと方法

2023年1月22日

この記事では、スマホをカーナビ代わりに使うメリットと方法について書いていきます。

カーナビをスマホにすることで、常に最新クラスの地図が表示されるなどの、スンバラしいメリットがあります。

メリットと方法を解説していきます!

おすすめ格安スマホのまとめ記事はこちら。

スマートフォンをカーナビにする方法

スマートフォンをカーナビにする方法はこちら。

必要なもの

必要なものは3つです。

まずはスマホです。

スマホについては、さまざまなものがあります。

2023/01/22時点では1万円程度で十分なスマホが買えてしまいます。Antutu25万点以上のまともなスマホが。

created by Rinker
Y!mobile(ワイモバイル)
¥12,200 (2023/01/26 21:18:21時点 Amazon調べ-詳細)

続いて、スマホを車内に固定するための諸々のアイテムです。

個人的におすすめなのは、CDスロットに差し込んで使うタイプのホルダーです

この2つで基本的には大丈夫ですが、スマホを使うのなら充電ができるといいですよね。

シガーソケットに取り付けるタイプのチャージャーがあると便利ですね。

ついでにFMトランスミッターもついていると、別のスマホからBLuetooth接続で、車に音楽を流せます。

僕はよくKing GnuのStardomを流しています。いい曲ですよね

このチャージャーならFMトランスミッターもPD充電にも対応しています。素晴らしいですね。

方法

方法はこちら。

まず、車にホルダーを使ってスマホを固定します。

続いて、そのスマホにテザリングなどで電波を飛ばします。

あとはカーナビとして使う、それだけでございます。

スマートフォンをカーナビとして使うメリット

かなり安上がりなカーナビである

通常のAndroidのカーナビの場合、3万円ぐらいします。

しかし、この手法であれば1万5千円以下でカーナビを設ることができるわけです。コスパ最高です。

最新の地図が導入される

最新の地図が導入されます。

中古車を購入する人だったりすると、地図が10年前のものということも十分にあり得ます。

スマートフォンをカーナビとして使うデメリット

費用が15000円ぐらいかかる

やり方次第では、通知が気になることも

データ通信がなければ真価が発揮されない

後書き

参考になれば幸いです。

The Moneytizer

-スマホ