Blackviewのタフネススマホ

【Antutu25万】BV7200を実機レビュー

2023年1月1日

この記事では、BV7200を実機レビューします。

実際に使ってみた感想として、Antutu25万の普段使いには十分な処理性能と、50MPの結構強力なカメラを備えた、28000円程度のお得なタフネススマホです。

こういうのでいいんだよ、と思えるタフネススマホです。

僕はこれまでBlackviewのタフネススマホを6種類触ってきましたが、その中でも一番おすすめだと思いました。

タフネススマホのおすすめをまとめた記事はこちら。

主なスペック

主なスペックはこちら。

BV7200
メーカーBlackview
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ(mm)165.3×81.6×16
重量288g
SOCHelio G85
GPUARM Mali G52
メモリ6GBメモリ
ストレージ128GB
ROM種類
OSDoke OS 3.0
OSのベースAndroid12
antutuver.9
gb5 single
gb5 multi
指紋認証対応
顔認証対応
充電端子
電池容量5180mah
最大充電電力
5g非対応
イヤホンジャックなし
カードスロットSIM
SIM /SD排他
デュアルSIM対応
SDカード対応
防水防塵IP68
前カメラ画素8MP
後カメラスペックメイン50MP
超広角8MP
GPS対応
WIFI
USB規格
Bluetooth
スピーカー1つ
画面アスペクト比
画面サイズ6.1インチ
リフレッシュレート
解像度720×1560
ディスプレイ種類
特記事項メモリ拡張
MIL-STD-810H
IP69K
グローブモード
ランヤードフック
NFC対応
仮想メモリ
380ニト
付属品充電器など

BV7200のスペックは公式サイトを参考にしています。

ベンチマーク

antutu

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
25409569597592654763977594

antutuとは?→androidやiPhone・iPadに対応した、
ベンチマークソフト。

antutuの見方
総合 以下4スコアの合算値
目安を下記

CPU→基本的な情報処理の能力
GPU→グラフィック関連の情報処理の能力
MEM→RAMやROMの読み書きの速さ
UX→ユーザー・エクスペリエンス

なお、iPadやiPhoneのAntutuベンチと、
AndroidのAntutuベンチは別物です。

そのため、Antutuのスコアで両者を比較することは
できません。

あくまでも目安の一つとお考えください

総合スコアの体感

性能が低く計測不能→ブラウジングは結構カク付き、
モンストすら重く、すぐにタスクキルされる
(例、すごく古い機種名も忘れたスマホ)

7万点→ブラウジングはカクツク
モンストは少し重いが動く
(例、AQUOSのとある古めのスマホ)

15万点→ブラウジングは比較的快適
原神は最低画質でもカクツク
(例blackview tab6)

20万点→ブラウジングは比較的快適か快適
原神は最低画質なら快適に遊べる
(例bmax i10・redmi 9t)

26万点→ブラウジングは快適
原神は低画質なら快適に遊べる
(例Teclast M40)

35万点→原神は中画質なら快適に遊べる
(例blackview bl5000)

48万点以上→原神は最高画質でもほぼ快適に遊べる
(例ipad pro 10.5)

55万点以上→原神は最高画質でも快適に遊べる
(例ipad air3・Xiaomi pad5)

antutu・CPDT読み書き速度(単位→mb/s)

読み書きSRSWRRRWmc
Antutu303.2168.673.553.1
CPDT250.9491.1110.425.974530

ROMのベンチマーク
SR→連続的なデータの読み込み速度
SW→連続的なデータの書き込み速度
RR→不規則なデータの読み込み速度
RW→不規則なデータの書き込み速度

(不規則データの読み書きのほうが、重要みたいです。)

RAMのベンチマーク
MC→メモリコピー?

geekbench5

geekbench5singlemultivulkan
34613051204

geekbench5→CPU・GPUのベンチマークを測れるソフト

single→シングルタスクのCPUのベンチマークスコア
multi→マルチタスクのCPUのベンチマークスコア
opencl→GPUのベンチマークスコア
vulkan→GPUのベンチマークスコア

BV7200のメリット

BV7200のメリットはこちら。

カメラが比較的綺麗に撮れる

まず、カメラが比較的綺麗に撮れるというのもポイントが高いです。

BV7200は50MPのメインカメラがあります。

画素数が高ければ、必ずしも綺麗に撮れるというわけではありませんが、やっぱり画素数はなんだかんだ言って大事です。

実際にBV7200で色々と撮影すると、やっぱり綺麗に撮影ができました。

カメラにこだわったタフネススマホが欲しいなら、お勧めなんですね!

Antutu25万のそこそこな処理性能

BV7200はHelio G85にメモリ6GBで、Antutuは25万点程度でした。

原神はちょっと厳しかったですが、みんはやのようなライトなゲームなら問題なくプレイが可能でした。

ブラウジングや動画視聴は十分だと思います。

NFCやVolte対応

NFCやVolteにも対応しているので、人によってはSIMをさすメインスマホとして使うことができそうです。

NFCがあればNFCを使った用途に使えるはずです。

し、Volteがあれば通話がしやすいと思います。

タフネス性能

Blackviewのタフネススマホはタフネスです。

防水や耐衝撃の能力が非常に強力です。

タフネススマホとしては程々な厚さ

ほどほどな厚さです。

BL8800など、タフネススマホは非常に分厚くなりがちです。

しかし、このBV7200はほどほどな厚さなのでいいと思います。

機能ボタンあり

機能ボタンがあります。

急速充電に対応

18Wの急速充電に対応しています。

デメリット

それでも分厚い

ただ、それはそれとして、結構分厚いというのも事実ですね。

ケースをつけなくても、普通のスマホ2倍近くの分厚さがあります。

感想

参考になれば幸いです。

The Moneytizer

-Blackviewのタフネススマホ