iPad

【執筆・文章作成】元作家志望のiPadが小説を書くのに向く理由

iPadで小説を書くのがおすすめな理由を
記載していきます。

僕は昔小説を9万字ほど書いたので、
小説を書いた経験自体は多少あります。

元作家志望です。鼻で笑うような肩書きですね。
僕も誇れる肩書きではないと自負しています。
なので、以前は記事タイトルの元作家志望の後に、
(笑)をつけていました。

なので、元作家志望という肩書きでマウントを取る気は
一切ありません。取れるわけもないですが。

2022年11月追記、作家志望という肩書きを貶すつもりも
一切有りません。ただ、予防線を張っておかないと、
批判される気がするので、念の為書いていました。

記事を書いたのは現ブロガー、元小説家志望

記事を書いたのはどんな輩なのでしょうか?

高卒で小説を10万字ほど書くも、挫折。

記事を書いたのは、
ガジェットブロガーです。

高卒ですが、
昔色々あって小説を9万字ほど書きました。

小説については、公開したいという気もありますが、
文章がわかりづらくて出来が良くないくせに
罵倒語をたっぷりと散りばめており、
とても読めたものではないです。

簡単に小説の内容と文字数を言うと、
めちゃくちゃ露悪的にした不思議の国のアリスと
鏡の国のアリスの小説が合計5万文字ぐらい、

主として役立たずな主人公と
傲慢ちきで悪辣かつ、
一切媚びないヒロインなどが登場する
独創的(笑)な小説が4万文字ぐらいです。

とはいえ、ただでさえ供給過多な昨今において、
小説家として食っていくのは、
針の穴に駱駝を通すより難しいことでした。

いや、リアルな裁縫道具の針の穴に
スイカを一切割らずに突っ込むことぐらい
無理です。

なので、流石に頭の大変よろしくない僕でも、
小説家にはなれないことが
よくわかりました。

だから諦めました。

ちなみに僕が好きな小説家さんは
森見登美彦さん乙一さんです。

なんやかんやあってブロガーとしてなんとかなりつつある

その後就職試験や
簿記2級試験に落ちたり、
公共の訓練施設に通ったりしましたが、
現在ではブロガーと公的扶助で
なんとか生計が立っています。

近いうちには来年に、
ブログだけで収益が立つと見込んでいます。

皆様方のおかげです。

現在は小説を一切書いていないが、、、

今現在は、小説を一切合切全く執筆していません。

ただし、過去に小説を書いた経験があり、小説を書きたい人に
ノウハウや情報を教えられればいいと思い、
こちらの記事を作成しました。

iPadで小説を書くのがおすすめな理由

iPadで小説を書くのがお勧めな理由について記載します。

シングルタスク

小説を書く人によっても、
どのように小説を書くかは変わります。

僕の場合は、頭に思い付いたことを
裏付け無しにドシャドシャ描いていくタイプです。

そのため、勢いが大切になります。

ちょっとしたことでTwitterを見たり、
いらないことを調べたりすることは不要な印象です。

シングルタスクでドバドバと
書き進めることがお勧めなんですね。

変換が優秀/辞書登録が可能

iPad、いやApple製品の純正キーボードの
変換と言うのは存外にも優秀です。

僕は、iPadもMacも純正キーボードのみを使っています。

また、辞書の登録が可能なのもポイントの一つです。

その上で、iPadやMacの純正キーボードは、
同じApple IDなら、辞書が同期されるのも
ベストポイントです。

アプリがかなり多い

iPadが猛追するAndroidタブレットに
いくらカリードを保っているのは、
アプリの多さがあるからです。

実際に、ビジネスやクリエイティブ、
ゲームや趣味に使えるアプリが
質量共に担保されているのは大きいです。

そしてそれは、文字入力においても
非常に強力です

動作が軽快

iPad、動作が軽快です。

7年前のiPad Pro 12.9 第1世代ですらも、
軽快なのは、ハードウェアの性能が高いだけでなく、
ソフトウェアが相性良く、なおかつ軽快だからです。

下手なWindows機よりも軽快です。

ちなみに、Macもかなり軽いので、
お勧めです。

コンパクトで取り回しが良く、机のスペースを使わない

iPadは非常に小型なデバイスです。

12.9インチというのも、
パソコンとしてはコンパクトなサイズです。

11インチ台なら尚更です。

どこでもブログが書けちゃう、
携行性の高さは凄まじいですね。

iPadで小説を書くことのデメリット

iPadで小説を執筆する際は、デメリットも見ましょう。

マルチタスクが苦手

        

例えば、ブログを書く上で、
色々なことを調べながら書いたりする場合には、
マルチタスクの能力が必要になるかもしれません。

そういった場合には、
マルチタスクの能力が弱いと大変でしょうね。

とはいえ、そういった場合には、
他のパソコンを用意するなりすれば、
すんなり解決するはずです。

画面が小さいかも

画面の小ささに思いなむかもしれません。

iPadでブログを書くのにおすすめのアプリ

iPadでブログを書くのに、
おすすめのアプリをまとめました。

なんらかのエディタ

多分小説を書くためのエディタが
iPadにはあるはずです。

僕は調べていないのでわかりませんが、
多分あると思います。

Googleドキュメント

小説専用のエディタではないものの、
おすすめなのはGoogleドキュメントです。

一通りの機能は揃っているほか、
さまざまなデバイスで同期が可能かつ、
無料で使えるという優位性があります。

Safali

便利なブラウザです。

純正メモやグッドノート5

iPadをメモがわりにして、
アイデアを出すときに使うと思います。

iPadでブログを書くのにおすすめのアクセサリやガジェット、周辺機器

iPadで小説を書くために、
おすすめのアクセサリを
厳選して紹介します。

実際に使ったわけではありませんが、
ブログの文章を執筆した経験から、
実際に考えて選びました。

キーボード

iPadでの小説執筆に欠かせないのが、
キーボードです。

E元素 赤軸キーボード

E元素の赤軸キーボードは、
非常に汎用性が高いキーボードです。

Windowsっぽい配列ですが、
Macにもすんなり馴染みます。

iPadにも問題なく使えるはずです。

また、USBーAで接続するタイプなので、
iPadの形に合わせた変換器も用意しておくのが必要でしょう。

Type-cとUSB-Aならダイソーで販売しています。

とは言え、下記のようなハブを買っておくと、
別の用途にも使えるので便利です。

P109、P129

iPad用のMagic Keyboardは
優れた打鍵感を持つだけでなく、
純正というだけあって、
非常にiPadにマッチします。

マッチするのですが、
値段が高いというデメリットがあります。

P109やP129といった代替キーボードは
値段が半額以下という優れ物。

Ankerのキーボード

トラックボール

マウスはトラックボールが便利すぎる

紙のノート

iPadはノートデバイスとしてより、文字打ちデバイスとして使おう

紙のノートは圧倒的な携行性を誇る

タブレットスタンド

iPadの作業持続性を上げる。

iPadで小説を書く方法のまとめ

参考になれば幸いです。

おすすめiPadはM1チップのやつです

The Moneytizer

-iPad