PRニュース系

【2023/6】【PR】スポットクーラーのRintuf J0A4210Q-8Kがセール中

2023年6月19日

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

今回は依頼を受けて、スポットクーラーのニュース記事を作成していきます。

最近夏は暑いからこそ、クーラーが欲しいという方は結構いらっしゃると思います。

とはいえ室外機と室内機が別個になった壁掛けの一般的なクーラーは性能こそたかいものの値段が高いのです。

そこで候補の一つがスポットクーラーです。

ちなみに筆者は窓用エアコンを今年導入しました。換気機能はないもののかなり満足な出来です。筆者はこっち派です。

とはいえ、移動可能、工事不要で室温を低下できる安価なスポットクーラーを以前こちらの記事でレビューしました。

そのスポットクーラーのPR記事です

2023年6月25日の23:55まで通常価格38880円が、28704円になるとのこと。

そのクーラーを紹介する記事です。

スポットクーラーの特徴とは?

スポットクーラーの特徴について記載していきます。

スポットクーラーとは?

スポットクーラーは種類にもよりますが、室外機と室内機が一体になった移動可能なクーラーです。

基本的に電気を消費して、空気を冷たい空気と暑い空気に分けて出力します。冷やした場合は液体の水が溜まることもあります。

広い工場などでも使われて、大きな建物や部屋の一部を冷やすことに特化しています。

また、少なくとも最近は一般のご家庭でも使われる機会があるようです。

冷たい空気を室内に、暑い空気を廊下に面した扉や、窓に向けて出力することで、部屋全体の温度を下げることが可能です。少々効率は悪いかもしれませんが。

一般的な壁用エアコンと比べた場合

一般的な壁用エアコンと比べた場合、スポットクーラーが劣るポイントは以下の通りです

  • 冷却能力
  • 冷却能力あたりの電気代
  • 長期的なランニングコスト
  • 床の占有度
  • 雨天時などは窓を経由して野外に熱を排出しづらい

そのため、長期使用や冷却能力などを考えると壁用エアコンの方がおすすめです。

一方で、一般的な壁用エアコンと比べた場合、スポットクーラーが優れるポイントは以下の通りです。

  • 1台を使用場所ごとに動かすことで、場所を選ばず使用することが可能
  • 初期費用
  • 引越し時のコストの安さ

スポットクーラーは短期使用や複数の場所での使用に優れています。

てなわけで、早速このRintuf J0A4210Q-8K特有のメリットデメリットを記載していきます。

Rintuf J0A4210Q-8Kのメリット

メリットはこちら。

最大8畳まで対応可能

最大8畳まで対応可能と記載があります。

大抵の部屋は6畳だと思うので、一般的な部屋であれば対応が可能と思われます。

16度から32度まで対応可能

設定可能な温度は16度から32度までとなっているようです。

意外と広いかも?

音は50DB程度

音は53DBと記載があります。

状況にもよりますが、そこまでうるさくないかもしれません。

移動可能

移動が可能です。

同時に使用しなければ、たった1台で台所も物置も客間も自室も、おトイレに至るまで冷却が可能です。

J0A4210Q-8Kのデメリット

想定されうるデメリットはこちらです。

人によっては壁用エアコンや窓用エアコンの方がいい場合も

長期使用や冷却能力などの点では壁用エアコンや窓用エアコンの方が上です。

国内では有名なメーカーも同程度の価格帯の商品を発売している

スポットクーラーは国内で有名なメーカーも販売しているので、性能や保証などを比べて、いいものを選ぶことをお勧めします。

このJ0A4210Q-8Kもよさそうですけどね。ただ、スポットクーラーは非常に様々な種類があるのでしっかり納得がいくかどうかを自分で考えて購入されることをお勧めします。

そのほか気になった点

そのほか気になった点はこちら。

最大650Wから750Wの消費電力

電気代が結構します。

製品にもよりますが、一般的な窓用エアコンの方がマックスの電気代は低いですし、壁用エアコンの方がもっと低いです。

ただ、スポットクーラーや窓用エアコンは初期費用がすこぶる安いので、そこら辺はうまいこと考える必要がありますね。

あとがき

参考になれば幸いです。

ハイセンスの窓用エアコンのレビュー記事はこちら。こっちもおすすめです。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-PRニュース系