Mac

【12インチ】Macbook 2016の実機レビュー

この記事では、Macbook 2016の12インチの
レビューをしていきます。

使ってみた感想として、
非常に惜しい端末だと思いました。

Macbook 2016はキーボードが破損しやすいと言われており、
使うのを躊躇いがちになります。

また、外部ディスプレイに接続して使用しようにも、
デフォルトでは1枚だけとなってしまいます。

そのため、ちょっと使いづらさを感じてしまいます。

しかし、コンパクトでスリムなデザインに、
なんとか使える処理性能があり、
どうにか使ってやりたい気もします。

Macbookのおすすめをまとめた記事は
こちらです。

Macbook 2016のメリット

スリムでコンパクトなデザイン

Macbook12インチは、
非常にスリムでコンパクトです。

これが6年前の端末なのかと、
驚いています。

多分、知らない人にぱっとこのMacbookを見せて、
いつ頃に販売されたかを聞いてみれば、
「ここ最近に販売されたものだ」と返ってくるはずです

12インチの画面は使いやすい

Macbookの無印モデルの2015年、
2016年、2017年の画面サイズは
12インチです。

シングルタスクなら十分に使えるサイズ感です。

それでいて、先述の通りコンパクトで、
なかなか使い勝手がよろしいです。

スピーカー音質も十分

スピーカーの音質も、
申し分ないと思いました。

何気にMacbook 2016は
ステレオスピーカーで使いやすいんですよね。

キーボードの打鍵感自体は悪くない

キーボードですが、
打鍵感自体は悪くありません。

極めて浅く、クリック感もあるので、
早打ちには向いています。

長時間使うのは、少々指が疲れるかもしれませんが、
短時間、気軽にちょこっと使う分には、
かなり使い勝手が良さそうです。

意外と使い勝手がいいかなと思いました。

低発熱で静音

使ってみた感想ですが、Macbook 2016は
比較的発熱が少ない印象でした。

m5-6y54を搭載しているみたいで、
そのCPUはTDP4.5wです。

また、静音性にも優れており、
ファンレス設計のため、音も小さいです。

処理性能はなんとか使えるレベル

確かにYouTubeをブラウザで調べたりすると、
ちょっともたつきを感じる程度の処理性能ではあります。

しかし、致命的なまでのもたつきではないと思います。

ブラウジングや、オフィスソフトの使用では、
ギリギリなんとか使えるレベルです。
(ちょっとストレスは溜まるかですが。)

Macbook 2016のデメリット

拡張性に乏しく、外部ディスプレイが基本的に1枚までしか接続できない

外部ディスプレイが基本的に1枚までしか
接続できないみたいです。

例えばM1 MacBook Airなども
基本的に外部ディスプレイ1枚だけしか
接続できない感じですね。

キーボードが壊れやすいらしい

個人的に一番悲しいのがこれです。

コンパクトさを活かして、出先での作業に使いたいのですが、
キーボードが壊れやすいという情報を聞くと、
非常に躊躇してしまいます。

最新アップデートに非対応

Macbook 2016は最新のOSである
Venturaに非対応です。

とはいえ、Monetaryには対応しています。

ステージマネージャーなどの新機能を使う気がなければ、
まだ十分に戦えるかと存じます。

後書き

参考になれば幸いです。

The Moneytizer

-Mac