2024年のAmazonプライムデー・先行セールの特設記事はこちら。

↑諸事情からかなり低品質な記事になってしまいました。申し訳ございません。

総合

【簡易レビュー】1.2万のIOCRESTのTB3to10GBE RJ45アダプタ買ってみた

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

10GBEを手持ちのPCに増設したいけれども、手持ちのPCは小型PCやノートPCなので、PCIeカードは増設できないし、場合によってはTB3やUSB4はPCに搭載されているけれども10GBEの変換アダプタは3万円以上とそこそこ割高、そのような困った状況に陥っているかたもいると思います。

筆者はたまたま中古でその手のアダプタをかなーり割安で購入できたのですが、それでももっとアダプタが入り用になる場合もあると思うんですね。

そのような折、アリエクスプレスを漁っていたところ、激安なUSB4SSDケースの他にIOCRESTの10GBE RJ45アダプタを見つけることができました。

そして最近アリエクではセールがあったので、ものは試し購入してみました。

この記事ではWindowsで検証した簡易的な使用感を書いていきます。

使用感

到着と開封

小さな小包に入って届きました

左が当製品ですが、右はセンチュリーのアダプタとなっています。比較の為おいてみました

使用まで

ドライバをダウンロードしてからPCに接続します。

速度テスト

とりあえず10Gbpsの理論値上限ギリギリというほどではないにしろ、8Gbps程度は安定して出せています。価格の安さを考慮すれば十分選択肢に放ってくるでしょう。

発熱

発熱は多いです。ただ、外装が金属製で放熱フィン?冷却ヒレ?的な構造になっているため、USBファンか何かで冷やセルと思います。

おまけ

PCにこのようなアダプタを接続したまま電源を切ってもアダプタの発熱が続く場合があります。

筆者はドライバの設定をこうしたことで電源オフ時にはアダプタに電力が供給されないような設定にできました。

参考になれば幸いです。

あとがき

参考になれば幸いです

ご覧頂きありがとうございました!

 

-総合