タブレット

【Antutu36万点】Realme Pad Xの実機レビュー!【コスパ最強Androidタブレット】

今回はRealme Pad Xをレビューします。

Realme Pad XはSD695をSoCに搭載した
ミドルレンジAndroidタブレットです。

また、猛烈な円安の現在でも
33000円で購入できるコスパの良さも魅力です。

競合ともいえる、Xiaoxin Pad Plusは
4万円程度の価格に値上がりしてしまっているので、
非常にいい選択肢の一つと言えます。

と書いていたのですが、
今だと33000円でXiaoxinPadPlusが買えてしまいます。

さらに、時期によっては、
Realme Pad Xが38000円に値上がりしていたりもします

どちらもおすすめですが、
価格をよくみて買ったほうがいいかもしれません。

Realme Pad Xの主なスペック

Realme Pad Xの主なスペックはこちらですが、
なかなか情報が記事執筆時点で少なく、
歯抜けが多いです。すみません

Pad X
メーカーRealme
画面サイズ11インチ
本体サイズ(mm)?×?×7.1
重量499g
SOCSD695
GPUAdreno619
RAM4/6GB
ROM64/128GB
ROM種類不明
OSrealme UI 3.0 for Pad
antutuver.9約39万点?
gb5 single
gb5 multi
指紋認証
顔認証
充電端子
電池容量8340mah
最大充電電力33W
5g
イヤホンジャック
カードスロット
デュアルSIM
SDカード
ワンセグフルセグ
防水防塵
前カメラ画素
後カメラスペック13MP
GPS
WIFI6
USB規格
Bluetooth
スピーカークアッドスピーカー
ドルビーアトモス
画面サイズ
リフレッシュレート
画面解像度2K
ディスプレイ種類
その他特記事項専用ペンあり
4096段階の筆圧検知
タッチサンプリングレート240HZ
専用キーボード

Realme Pad Xのベンチマーク

Realme Pad Xのベンチマークはこちら。

antutu

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
3684221234607898962962103011

antutuとは?→androidやiPhone・iPadに対応した、
ベンチマークソフト。

antutuの見方
総合 以下4スコアの合算値
目安を下記

CPU→基本的な情報処理の能力
GPU→グラフィック関連の情報処理の能力
MEM→RAMやROMの読み書きの速さ
UX→ユーザー・エクスペリエンス

なお、iPadやiPhoneのAntutuベンチと、
AndroidのAntutuベンチは別物です。

そのため、Antutuのスコアで両者を比較することは
できません。

あくまでも目安の一つとお考えください

総合スコアの体感

性能が低く計測不能→ブラウジングは結構カク付き、
モンストすら重く、すぐにタスクキルされる
(例、すごく古い機種名も忘れたスマホ)

7万点→ブラウジングはカクツク
モンストは少し重いが動く
(例、AQUOSのとある古めのスマホ)

15万点→ブラウジングは比較的快適
原神は最低画質でもカクツク
(例blackview tab6)

20万点→ブラウジングは比較的快適か快適
原神は最低画質なら快適に遊べる
(例bmax i10・redmi 9t)

26万点→ブラウジングは快適
原神は低画質なら快適に遊べる
(例Teclast M40)

35万点→原神は中画質なら快適に遊べる
(例blackview bl5000)

48万点以上→原神は最高画質でもほぼ快適に遊べる
(例ipad pro 10.5)

55万点以上→原神は最高画質でも快適に遊べる
(例ipad air3・Xiaomi pad5)

antutu・CPDT読み書き速度(単位→mb/s)

読み書きSRSWRRRWmc
Antutu525.6267.0
CPDT390.35218.2319.47622.335690

ROMのベンチマーク
SR→連続的なデータの読み込み速度
SW→連続的なデータの書き込み速度
RR→不規則なデータの読み込み速度
RW→不規則なデータの書き込み速度

(不規則データの読み書きのほうが、重要みたいです。)

RAMのベンチマーク
MC→メモリコピー?

geekbench5

geekbench5singlemultiopenclvulkancompute

geekbench5→CPU・GPUのベンチマークを測れるソフト

single→シングルタスクのCPUのベンチマークスコア
multi→マルチタスクのCPUのベンチマークスコア
opencl→GPUのベンチマークスコア
vulkan→GPUのベンチマークスコア

Realme Pad Xのメリット

Realme Pad Xのメリットはこちら。

SD695+4GBメモリでそこそこなスペック

Realme Pad Xは、SoCにSD695を搭載しています。

こちらはミドルスペックのSoCです。

また、メモリは4GBモデルと6GBモデルがあります。

Antutuスコアは36万点程度と
ミドルな点数です。

原神のようなゲームも、
画質を落とせば十分に遊べるはずです。

マニアに人気なRealme製

Realmeは中国のメーカーで、
強力な性能と卓越したコスパのスマホを
送り出すことで知られています。

要はマニアにめちゃくちゃ人気です。

11インチの扱いやすいサイズ感

Realme Pad Xは11インチの画面サイズを持ちます。

11インチのタブレットはかなり多数で、
そこそこな携帯性と、
十全な画面の見やすさを兼ね備えます。

11インチは結構バランスがいいです。

クアッドスピーカー

Realme Pad Xはクアッドスピーカーです。

音の臨場感が素晴らしいです。

Type-c端子

Type-c端子で、汎用性が高いです。

RealmeUI搭載

色々機能性が高い
RealmeUIを搭載しています。

450ニトの画面輝度

Realme Pad Xは450ニトの画面輝度があります。

殆どのiPad Proが600ニトの輝度のため、
その3/4程度の明るさとなります。

外で使いやすそうな印象を受けたのです。

受けたのですが…

ちなみに、画面輝度が高いタブレットをお探しなら、
間違いなくiPad Proがおすすめです。

11インチの2018年モデルであれば、
かなり廉価に買えます。(リンク)

33Wの急速充電にも対応

33Wの急速充電にも対応しており、
便利な印象です。

カメラ性能もそこそこ

カメラも、スペックを見る限りでは
そこそこきれいに取れそうです

スタイラスペン対応

スタイラスペンにも対応しています

賛否両論ある微妙なポイント

高性能なタブレットではないこと

Realme Pad Xは、普段遣いには全く問題のない性能です。

しかしながら、正式なスペックを発表される前は
SD870を搭載したハイスペタブであるという街談巷説が流れ、
スペック発表時には、かなりの人ががっかりしてしまいました。

とはいえ、僕自身はAndroidタブレットは
これぐらいのスペックが最も好ましいと感じています。

理由としては、iPadよりも
高い性能を活かせるだけの用途が
ゲームぐらいでしかなさそうというのがその理由です。

今後Android向けの動画編集アプリや
お絵かきアプリが充実すれば、
その性能を活かせる機会も増えるのですが…

とはいえ、現状はこれぐらいのスペックが僕としては好ましいですし、
これぐらいで良かったなあとは感じています。

SDカードが刺さる。

以前見たスペック表によると、
SDカードが刺さらないと書いてあったのですが、
カードスロットを確認すると、TFカードスロットがありました。

訂正します。すみません。

Realme Pad Xのデメリット

Realme Pad Xのデメリットはこちら

GPS非対応

Realme Pad XはGPSにも対応していません。

競合にXiaoxin Pad Plusがいる。

Realme Pad XにはXiaoxin Pad Plusという
強力なライバルがいます。

Xiaoxin Pad Plusは、
Realme Pad Xよりも、
Antutuが3万点ほど高く、
メモリやストレージの容量が値段の割には大きく、
防水防塵に対応していて、
GPSにも対応、
PCモードもあって、
ROM焼きもしやすく、
なおかつタブレットをより長く作ってきたLenovo製です。

値段も殆ど変わらないので、
Xiaoxin Pad Plusでいいのではという気にもなります。

Realme Pad X の感想

おすすめです。

とはいえ、現状5つタブレットを持っている上に、
強力なライバルであるXiaoxin Pad Plusがいるので、
立ち位置がよくわからない印象もあります。

Xiaoxin Pad Plusのレビュー記事はこちら。

-タブレット