キーボード&マウス

【Matcha Switch】Feker IK65を簡易実機レビュー

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事では、IK65を実機レビューします。

情報の少ない謎の軸を搭載した謎のFekerのキーボードです。

しかし特筆すべきはそのMatcha Switchと思われる謎の軸で、まるで黒軸を途轍もなくなめらかかつお上品に仕立て上げたような打鍵感を持っていて、とても楽しいです。

実機レビューしていきたいと思います。

なお、IK65は技適を確認できませんでしたが、Bluetoothや2.4GHzの無線接続機能があります。この記事では有線のみ接続を確認して使用しています。

IK65のデザイン

IK65のデザインはこんな感じ。

基本的には65キーのキーボードとさして変わらないですが右上に音量調整などに使えるノブがあります。

キーは黄色、灰色、白色に色分けされていました。

筐体はチープで気取らないプラスチックです。

IK65の打鍵感

IK65はわりと独特な打鍵感のキーボードです。

搭載されているFeker Matcha Switichのスペックを詳しく調べたわけではないので間違っているかもしれませんが、打鍵感は重いですが、かなりなめらかで高級感があります。

オノマトペで表すならカチャカチャやコトコトというよりカタカタ、という感じでしょうか。

これまで持ってきたどんなキーボードとも違う打鍵感に当惑せざるを得ません。

IK65のキー配列とキーの機能

キーの配列は65キーで、右上にノブがあります。先述の通り。

ファンクションキーはFnキーと数字列のキーの同時押しで実現するタイプです。頻繁に押すならともかく、たまに押す程度ならこれでも十分に使えるのではないかと思います。

60%の部分と矢印キーの部分は隣接しています。

実際に使ってみるとそこまで押し間違えはしなかったです。

また、Macユーザーなど矢印キーを使わなくてもキーボードがコンパクトにまとまっているためそこまでスペースを取らない印象でした。

もちろんMacとWindowsのキー配列の切り替え機能もあります。

IK65のその他

接続方法について

接続方法として有線接続に対応しています。

ケーブルさえつなげば接続できて、ケーブルを切り替えれば別の機器に接続できるのは普通に便利です。便利ですよね。

また、2.4GHz無線とBluetooth接続にも対応していますが、技適は確認できなかったのでこの記事では検証していません。

あとがき

参考になれば幸いです。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-キーボード&マウス