Androidタブレット

Headwolf FPad3を実機レビュー

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

Headwolf様よりFPad3を提供いただきましたので実機レビューします。

T616を搭載し、T606よりも処理性能が上がっているようです。

実際に触った感想としては、デザインも良い感じですし、選択肢になるかなあと思いました。

また、2023/10/23時点では16999円と、セール価格になっているとのことです。

FPad3の動作

動作や外観について書いていきます。

外観

カメラはこんな感じです。

カメラの画素数は13MPとのことできれいに写真が撮れるかもしれません。

側面から見ると薄くシャープな感じがしますね。

FPad3のベンチマーク

Fpad3の各種ベンチマークはこちら。

まずは、Antutu V9です。

Fpad3は20.6万点のスコアとなっていました。

T616を搭載していますが、ストレージがそこまで高速ではないらしく、あまりベンチマークスコアは高くないようです。

Antutu V10では26.4万点となっていました。

Antutuストレージテストの結果はこちら。あまり高速ではなさそうです。

FPad3のメリット

T616でT606より性能が高い

FPad3はSoCにT616を搭載しており、性能がT606より高い傾向にあります。

なお、物理メモリは4GBとなっており、ライトな動作には十分使えると思います。

重量級のゲームを遊ぶには厳しいとは思いますが、それならiPad Miniのほうが良いと思います。

8インチでコンパクトで持ちやすい

8インチのタブレットとなっていて、持ちやすいです。

読書やウェブブラウジングに使いやすそうですね。

取り回しはかなり良さそうです。

8インチでFHDで画面がきれいかも

最近増えている8インチ絵1200×1920の解像度のディスプレイです。

昨今では8インチタブにも解像度が比較的高いモデルが増えてきました。

ストレージは128GBと容量が大きめ

ストレージが128GBと容量が大きめで、動画や画像を保存するのに便利そうです。

イヤホンジャックが搭載されている

イヤホンジャックがあることは結構プラスポイントです。

たとえばCreative PebbleをイヤホンジャックとUSBの変換器なしに接続することができます。

また、有線イヤホンや有線ヘッドホンや有線マイク等も使いやすいでしょう。

Fpad3のデメリット

Fpad3のデメリットはこちら。

AntutuはT606とさほど大差が無い

確かにT606タブレットより高速ですが、ストレージがあまり早く無いため、綜合的なAntutuベンチマークではさほど差が出ませんでしたl。

FPad3のその他のポイント

その他のポイントはこちら。

充電器について

充電器は5V2Aの10Wのモノとなっています。

あとがき

参考になれば幸いです。

デザインもかっこいいですし、処理性能もそこそこですし、選択肢にはなると思います。

その他おすすめ8インチタブのまとめ記事はこちら。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-Androidタブレット