Androidタブレット

N-One Npad Xを実機レビュー

2023年7月10日

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事では、N-One様より提供をいただいたNPad Xを実機レビューします

これまでN-Oneさんのタブレットの紹介記事を書くことは多かったのですが、提供を受けるのも実際に使うのはこれが初めてです。

実際の動作を色々チェックします

実際の開封、動作

実際の開封や動作などを記載していきます。

開封

20WのType-C充電器も付属するようです。

外観

動画視聴

動画視聴ではとくにカクツキは感じませんでした。

地味によかったのはスピーカーの音質です。

格安タブレットのスピーカーは音質があまり良くない傾向にあります。

Npad Xは最初に聞いた時ちょっと安っぽい感じもしたのですが、格安タブレットとしてはいい方かなと思います。

重低音もそこそこ、出ているような出ていないような?

カメラ

画像圧縮をしているのでちょっと伝わりづらいかもしれませんが、配線とバナナを撮影しましたのでどうぞ。

手ブレには弱いようですね

ドック(タスクバー?)をAndroid13で消す方法?

カメラを操作している最中に画面右側のドックに手のひらが当たって誤作動してしまうことが結構ありました。

ドックを消す方法を調べたところ、ドックを押し続けることでドックが表示されなくなるとのこと。

再度表示したいときはジェスチャーの横棒を押し続ければ復活します。

動作で気になった点

2023/09/19頃に久々に起動していろいろアプリを更新していたところ、表示が崩れて画面がいきなり割れたかのような表示になりました。

一旦スリープにしてスリープを解除したところ復帰しましたが、ちょっと気になりました。

また、2023/09/18時点では公式サイトからファームウェアをできる箇所が見当たりませんでした。

ファームウェアページはあるのですが、ファームウェアのリリース情報などが全く表示されていませんでした。

その他に、本体の設定のアップデートボタンを押しても反応がなかったのが気になります。

今後アップデートが配信されることがない可能性もありますが、ちょっと気になりました。

ベンチマーク

ANtutuやGeekbench6など、各種ベンチマークのスコアはこちら。

メリット

Android13っぽい

これまでAndroid13のタブレットは複数触ってきました。

DOOGEE T30 ProやiPlay 50 mini、Xiaomi Pad 6 Proの3つですね。

しかし、このNpad Xは、だいぶ素のAndroid13に近い印象を受けました。

下にドックがあるおかげで、画面分割も簡単に行えます。

今流行りのHelio G99搭載タブレット

Helio G99搭載のタブレットです。

Helio G99は最近泥タブに採用されることが増えてきたSoCで、従来のUnisoc T600番台のSoCよりも高いベンチマークスコアが出ます。

おまけに値段もそこまで高くないものが多いです。

性能としても、動画視聴やブラウジングには十分な性能があると言えるでしょう。

FPSや発熱を精密に測定するのが難しいのでゲームは検証していませんが、軽いゲームなら十分にこなせるのではないでしょうか?

デザインはHelio G99タブの中でもかっこいい

かっこいいですね。

かなりスリムで洗練されている印象を受けました。

デメリット

ライトが眩しく感じるかも

充電中などで画面側のライトが点灯しますが、このライトが結構眩しいです。

画面をまっすぐみることが難しいかもしれません。

設定などでオフにするか、液晶フィルムを貼った上からライトの部分に黒いビニールテープでも貼ろうかと考えています。

ジェスチャーで気になる不具合も→解消?

端的にいってジェスチャーナビゲーションにおいて、画面の左側あるいは右側で、左側から右側あるいは右側から左側に指をスワイプすると、戻るのジェスチャーナビゲーションが発動し戻ってしまいます。高確率で。

とても気になったので開発者オプションからタップやスワイプが可視化されるように設定すると、可視化されたポインタは普通に表示され、特に変な動きをしている感じはしませんでした。

続いてジェスチャーの設定から感度を修正すると、設定画面ではジェスチャーの感度がよわくなるものの、設定画面から他の画面に動くと戻ってしまいます。

なので、強めの感度になってしまっているのでは、と言う仮説を立てました。

その後再起動したら感度は普通になりました。ちょっとよくわからないのですが、治ったのでよしとします。

その他の情報

ケースやガラスフィルムは付属しない

最初からケースやガラスフィルムは付属しません。

フィルムについては最初から貼られていますが、ちょっとすワイプ時に摩擦を感じますね。

Amazonではケースやフィルムが販売されています。

ただ、ケースは三つ折りタイプのものではなさそうなのでちょっと微妙な気も。

スピーカーは重低音ははっきりしている。が、音割れ気味?

スピーカーについては、音割れ気味ですが、重低音は多少迫力がある感じですね。

DOOGEE T30 ProやiPlay 50 Proに比べれば音質はいい傾向にあると思います。

格安タブレットのスピーカーは期待できないことも多いのですが、ギリギリ及第点ぐらいの音質が出ていて喜ばしかったです。

あとがき

参考になれば幸いです。

ジェスチャーの不具合が気になるところですが、そこ以外に目立ったデメリットはありませんでした。

その他のHelio G99端末のまとめ記事はこちら。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-Androidタブレット