キーボード&マウス

実際に使った!おすすめの格安メカニカルキーボード!

この記事では、実際に使った、
お勧めなメカニカルキーボードの
おすすめをまとめていきます。

おすすめのキーボードの
まとめ記事はこちらです。

メカニカルキーボードとは?

メカニカルキーボードについてです。

メカニカルキーボードとは?

メカニカルキーボードは、
キーのスイッチが独立している
キーボードのことです。

キーが独立しているために、
一部のキーが壊れても、
壊れたキーを変えれば、
復活する可能性があります。

メカニカルキーボードの軸について

メカニカルキーボードの軸は、
一般的な説明では、色によって打鍵感が
違うとされています。

しかし、より正確に言うと、
色が同じでも打鍵感が多少違います。

なぜなら、キーボードの軸は
チェリー社やオータム社など、
さまざまな会社が出しています。

そのため、同じ色でも会社などが違えば、
打鍵感は変わります。

とはいえ、多くの場合、色が同じであれば、
似た打鍵感にはなります。

ただ、過去僕の経験を話すと、
同じ茶軸のキーボードでも
赤軸のように滑らかな打鍵感のものもあれば、
青軸のように歯応えがある打鍵感もありました。

最高の打鍵感と最大の騒音性 青軸

メカニカルキーボードでは、
青軸、赤軸、茶軸の3つがそれぞれ人気です。

特に青軸はかちゃかちゃとした
面白い打鍵感と、
かちゃかちゃとした
大きな騒音性を併せ持つことが多いです。

しかし、打っていて非常に楽しいことが多いため、
人気の軸となっています。

静音性とキーの軽さがウリ 赤軸

一方で、赤軸は青軸の反対とも言える軸で、
かちゃかちゃとしたクリック感がありません
そのため、タイプミスがしやすいです。

その代わりに音が小さいことが多いです。

また、キーも軽いことが多いため、
指が疲れにくい印象です。

こちらも人気の軸となっています。

何事もほどほどが一番 茶軸

青軸と赤軸の合いの子とも言える軸が
茶軸です。

ほどほどの打鍵感と静音性、キーの軽さを
持っています。

クリック感がありミスが少なく
軽いため、タイピングゲームに向きます。

不人気だが隠れた魅力も 黒軸

青軸、赤軸、茶軸に比べると
あまり人気がないのが黒軸です。

キーが重めです。

ただし、うまくやれば音を小さくして打つことも
可能なため、好きな人は好きな軸です。

その他の軸について

その他にはさまざまなメーカーが
さまざまな色のさまざまな特性の軸を出しています。

例えば、銀軸、白軸、オレンジ軸、黄軸、
緑軸、静音赤軸などなどなどなど。

メカニカルキーボードの選び方

メカニカルキーボードの選び方についてです。

iPadかMacかWindowsか

使うデバイスごとに、
キーボードのおすすめさは変わります。

Windowsならファンクションキーがあった方がいいです。

iPadならファンクションキーはいらないです。

また、Macの場合、キーボードの割り当てを簡単に変更できる、
カラビナエレメンツというツールがあります。

キーボードをよく使い分けたいなら、
Macがお勧めです。

iPadのキーボードについて、
まとめた記事はこちらです。

コンパクトさをとるか、実用性をとるか

安定の有線か利便性の無線か

e元素 75%キーボード

e元素のキーボードで
一番おすすめなのがこの75%キーボードです。

コンパクトさと実用性が併存してます。

レビュー記事はこちらです。

e元素 60%キーボード

e元素の60%キーボードも
値段が安いです。

矢印キーやファンクションキーが使いにくいので、
WindowsよりMacで使うのがおすすめです。

WENRUI RK61

RK61は独特な60%キーボードです。

Fnキーが右下にあることで押しやすくなっております。

かなり癖があるキーボードで
少なくとも有線とBluetoothに対応しています

購入予定 HUOJI 84キーボード

MAGIC-REFINER K68

後書き

参考になれば幸いです。

The Moneytizer

-キーボード&マウス