タブレット

【代用方法4つ紹介】使いにくいMagic Keyboardがいらない理由をレビュー!【iPad】

iPadのMagic Keyboardのメリット、デメリット、代用方法を
紹介していきます。

Magickeyboard のスペックについて

Magic Keyboardのスペックは現在執筆中です。

公式サイトを参考に記事を書いています。

Magic Keyboardのデメリット

Magic Keyboardのデメリットはこちら。

値段が高い

Magic Keyboardは値段が高いです。

11インチのもので4万円です。(参考ページ)

4万円なら
Macbook Pro 2017年モデルや
iPad Pro 10.5インチが買えちゃいます。

離して使うことができない

Magic Keyboardは物理的な接点で接続します。

そのため、話して使うことができません

どんな時にデメリットになるかというと、
家の中で効率よく作業をしようとしたときに、
iPadを高い位置に置くことができません。

そのため、背が高い場合に、
姿勢が歪んでしまいます。

重い。

Magic Keyboardは重いです。

キーのサイズが使いにくいことも

キーの配列によっては使いにくい印象です。

Magic Keyboardのメリット

打鍵感はすこぶるいい

物理的な接続なので、無線に比べると遅延が少ない

バッテリー不要

カバーにもなる。

Magic Keyboardの代用方法について

人によって取捨選択してください。

物理接続の普通のキーボードを使う

メリット 遅延が少ない

メリット 安価

メリット 普通のパソコン用のキーが使える

デメリット 嵩張る

デメリット 配列選びが大変

普通のキーボードケースを使う

メリット カバーにもなる

メリット 色々なケースがある

デメリット 物理接続のものは値段が高い傾向

デメリット 無線の場合遅延があることも

スマートキーボードフォリオを使う

メリット 物理接続

メリット 値段が比較的安価

メリット 打鍵感がよろしい

デメリット 離して使えない

デメリット トラックパッドがない

Magic Keyboardの類似品を使う⇦おすすめ

メリット 離しても使える

Magic Keyboardより値段が安い

-タブレット