総合

【Antutu23万】OSCAL PAD13を実機レビュー

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事では、レンタルをいただいたOSCAL PAD13を実機レビューします。

今回触ってみて思ったこととしては、普通の格安タブレットということでした。

Unisoc T616を搭載したセルラーの10インチタブレットで、普通に使える印象ですね。

ただ、最近流行りの11インチディスプレイやHelio G99などはないので、尖ったポイントはありません。

とはいえ、普通に使えるタブレットが欲しい人なら、いいと思います。

実際に開封したりした

開封

箱はこんな感じ。Blackview Tab13っぽいデザインですね。

OSCAL PAD13は手帳型ケースとガラスフィルムが付属します。

ディスク式と思われるタッチペンも付属します。

動画視聴

各種ベンチマークスコア

各種ベンチマークスコアはこちら。

Antutuスコアは24万点近くで、エントリー程度のスコアです。

おそらくゲームでも画質を落とせば遊べるはずです。

原神のFPSを測定しようともおもいましたが、それ自体にめちゃくちゃ手間がかかるのでやっていません。

メリット

メリットはこちら。

GPS搭載でカーナビとして使えそう

GPSが搭載されており、カーナビとしても使えるはずです。

普通のAndroidタブレット

普通のごくごく一般的な10インチ台のタブレットとなっています。

格安タブレットとして本当に普通で、クセがないというか、尖ったポイントがない印象です。

そこそこ評価も高い

レビュー記事などを見る限りでは、評価も高い印象です。

処理性能やストレージは及第点

Antutuは23万点で、Unisoc T616で、メモリも8GBのものが搭載されています。

ストレージも256GBと大容量で、しかもベンチマークを見る限り高速です。

最近のBlackViewさんはストレージの容量が大きいことが多いですね。

カメラもそこそこ

カメラの画素数もそこそこです。

PCモードあり

PCモードも搭載されています。

イヤホンジャック

地味なメリットの一つに、イヤホンジャックがあります。

なんだかんだ言って有線イヤホンなど有線接続のオーディオデバイスを使う機会は様々あります。

そんな時に最近のスマホやタブレットはイヤホンジャックがないこと多々あります。

しかしこのPAD 13はイヤホンジャックがあります。

デメリット

デメリットはこちら。

尖ったメリットがない

尖ったメリットがないというのが気になるポイントです。

11インチディスプレイやHelio G99のような実用的で最近流行りの要素がない点が気になるポイントです。

スピーカーはちょっと微妙

スピーカーは微妙というか、普通の音質です。

処理性能はすこぶる高いわけではない

処理性能は動画視聴やブラウジングのような普通の用途には使えます。

ただ、負荷の高いゲームなどには使いづらい印象のあるスペックです。

あとがき

参考になれば幸いです。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-総合