総合

iDsonixのハブ型ドッキングステーションを実機レビュー!

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事では、iDsonix様より提供をいただいてドッキングステーションを実機レビューします。

今回レビューするのはSDカードスロットやギガビットイーサネットを備えたハブに近いタイプのドッキングステーションです。

開封や実際の動作

開封

裏面はこんな感じ。

搭載端子などの表記はこんな感じです。

実際に使用して見た感想。

まずはM1 MacBook Airにつなげて使ってみたところ、USB出力やHDMI出力、PD充電の3つが可能なことを確認しました。

3時間ほど作業しましたが、特に問題点はなさそうでした。

つづいて、WindowsのミニPCのNucbox9でもちょっと使ってみました。

これも問題なくしようが可能だった印象です。

メリット

スタンダードなハブ型ドッキングステーション

あまり独特さがない普通のハブ型ドッキングステーションですね。

とりあえず使っていて特段問題がある点はなかったですし、基本的にはこれで問題ないと思える商品です。

最大100WのPD給電に対応している

最大100WのPD充電に対応しています。

たとえばM1 MacBook Airは30W程度の充電に対応しているようです。

100WのPD充電に対応しているのであれば、大抵の機器の充電には使えそうですね。

USB端子が3つあり、いろいろ使える

USB端子が3つあります。

USBメモリ型のSSDやUSB接続のキーボードを指したりするのに使えそうです。

実際トラックボールやKeychronのキーボードを接続し増したが、普通に使うことができました。

SDカードを2つ挿すことができ、便利な場合も

SDカードスロットが大小2つあります。

カメラで撮った写真をPCやタブレットに転送したり、

HDMIへの映像出力も可能

HDMI端子への映像出力も可能です。

Type-C端子から一般的なHDMI端子に出力できるのは便利ですね。

36ヶ月間の保証もあり

保証期間がかなり長いです。

36ヶ月=3年間の保証はいいですね。

デメリット

デメリットはこんな感じです。

競合機種よりちょっと値段が高いかも?ただし大手メーカーのモノよりは安い

このIdsonixのドッキングステーションは大手メーカーのモノに比べると安いですね。

ただ、もっと安いメーカーのモノがある場合があります。

そのほかのポイント

そのほかのポイントはこちらです。

1GBE搭載。できれば2.5GBEにしてほしかった気もする

1GBE端子を搭載していて、有線で安定したネット接続可能な端子を増設できます。

ただ、最近のNASなどには2.5GBEに対応したものもあり、2.5GBEの方がより高速なデータ転送が可能になる傾向です。

とはいえ、2.5GBE端子はUSBから変換するモノがあるので、それを使ってもいいかもしれませんね。

ケーブルは普通の長さ。

ケーブルは普通のドッキングステーションと同じぐらいの長さです。

長すぎてから丸心配はなさそうですが、PCから離れた場所にはおけなさそうですね。

あとがき

参考になれば幸いです。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-総合