タブレット

SIMフリータブレットのおすすめまとめ

2023年1月2日

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事では、SIMフリーのタブレット端末のおすすめをまとめます。

SIMフリーなタブレットは契約したSIMを使うことで、スマホやポケットWIFIなしに、タブレット端末単体でセルラー通信が可能です。

おすすめなタブレットをまとめた記事はこちら。

SIMフリータブレットを選ぶ必要性はあるの?

SIMフリータブレットを選ぶ必要性はあるのかですが、正直筆者としては必要ないと思います。

スマートフォンにテザリングでデータを飛ばせばいいと思います。

確かにテザリングで、電池消費は増えるのですが、最初から電池容量が大きいスマホにしてあげれば、何ら問題はないと思います。

今時のAndroidスマホは4000mah程度の十分な容量があるものも増えているので、そちらにしてあげればいいと思います

僕は電池容量が3000まh程度のXiaomi Mi9を使用していますが、充電をちゃんとしておけば問題ないと思っています。

なので、SIMフリータブレットを選ぶ必要はあまりないと思うのですが、人によって用途というのは異なるものです。

例えばiPhoneを使用している人です。

iPhoneは電池容量的にテザリングをしまくると、電池の消費が早くなってしまう可能性があると思います。

もちろん最新機種は電池持ちがかなりいいとは思うのですが、古いiPhoneを使うひともかなり多いと思います。

その場合、電池がなくなってしまう可能性があると思います。

SIMフリータブレットが欲しい方にできるだけ細かく紹介していければいいなあと思います。

SIMフリータブレットでできること

SIMフリータブレットでできることはこちら。

GPSでカーナビや地図として使える

SIMフリータブレットのほとんどはGPSに対応しています。

GPSがあることで、カーナビとして使うことができます。

データ通信ができる

SIMフリータブレットは、データ通信に対応しておりWi-Fiなしにモバイルデータ通信回線を使ってインターネットに接続することができます。

SIMカードの契約が必要不可欠ではありますが。

これによりWIFI環境やスマートフォンからのテザリングを使うことなしに、お出かけ楽しい外出先や、ドライブ中などでもネットサーフィン、メールチェック、SNSの利用、動画のストリーミング視聴など、インターネットを利用した様々なことが可能になります。

テザリングは大なり小なりスマホの電池を食い潰すので、テザリングなしにタブレット単体で通信できることは、スマホの電池の節約や発熱の低減につながります。

プランの自由度が高くなるため、より自分に合ったプランを選ぶことができるのもいいポイント。

通話ができることも

SIMフリータブレットの中には通話ができるものがあります。

通話をする人はそこまで多くないかもしれませんが、重要な機能です。

テザリングで、ポケットWIFI的な使い方ができる

テザリングを使えば、ポケットWIFI的な使い方も可能です。

特にタブレットは電池容量が大きいので、スマホよりも長い時間電波を飛ばし続けることができると思われます。

SIMフリータブレットの選び方

SIMフリータブレットの選び方はこちらです。

iPadのセルラーモデルは値段が高い

SIMフリータブレットにおいて、iPadを選ぶのはちょっと微妙に思ってしまいます。

というのも、iPadのセルラーモデルは値段が2万円程度上がってしまいます。

2万円もあれば、まともなAndroidの格安タブレットが買えてしまうので、ちょっと個人的には微妙に思います。

Androidタブレットの多くはSIMに対応している。

Androidたぶれっとの多くはSIMに対応しています。

キャリアが使えるかどうかを調べる

VOLTEが使えるかどうか調べる

処理性能を調べる

オススメSIMフリータブレット

おすすめのSIMフリーのタブレットはこちら。

Blackview Tab 13

Blackview Tab13はAntutu25万で、おすすめです。

PCモードなどの機能があり、ガラスフィルムなども付属します。

僕のブログからも結構売れているタブレットです。

後書き

参考になれば幸いです。

また、そのほかにもおすすめのAndroidタブレットをまとめたページはこちらです。高性能なものも多数紹介しています。

Androidの格安タブレットのおすすめをまとめたページはこちらです。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-タブレット