その他ガジェット

ノートPCに最適!泥タブやiPadにも使えるUltra Mini 30Wをレビュー!【BELLEMOND】

今回は、BELLEMONDさんから提供を頂いた、
小型充電器Ultra Mini 30Wをレビューします。

僕個人としては、実際に使うまでは、
この手の急速充電器は
必要ないのではと思っていました。

しかし、BELLEMOND Ultra Mini 30Wを
使ってみてびっくりするほど便利だったのにびっくりです!

特に便利だった点は2つです。

ノートPCの純正の高圧な充電器でなくても
充電できるため、安全性や互換性が高い

M1 iPad Pro 11(2021)を1分1%のスピードで充電できる
パワー。パワー!

この2つが特にすごい充電器です( ^ω^ )ニコニコ

BELLEMOND Ultra Mini 30Wの主なスペック

BELLEMOND Ultra Mini 30Wの主なスペックはこちら

商品名Ultra Mini 30W
メーカー名BELLEMOND
サイズ(プラグ部分除く)3.05×3.05×3cm
重量35g
最大出力30W
端子Type-c×1
PD充電対応
PSE適合
PPS対応
その他特記事項GaN(窒化ガリウム)採用
最大12+12ヶ月保証

BELLEMOND Ultra Mini 30Wを実際に触って検証

Ultra Mini 30Wを色々と検証しました。

iPad Pro 11(2018)やiPad Pro 11(2021)を充電

iPad Pro 11(2021)やiPad Pro 11(2018)を充電したところ、
どちらもでも1%1分程度のペースで充電できました。

かなりスピードは早いと思います。

外に出る機会が少ない僕自身は、
そこまで充電速度を気にしません。

しかしながら、それでも急遽充電しないといけないことも
あるので、そんなときにはすげえ便利だなと思いました。

ノートPCのBmax Y11を充電

Ultra Mini 30WはノートPCも充電できるとのことです。

ということで、
倉庫で眠っていた、Bmax Y11というノートPCを取り出しました。

Bmax Y11を眠らせていた理由は、
純正の充電器を使うのにリスクがあるからです。

これは純正充電器でY11を充電することに
リスクがあるというわけでは決してないです。

しかし、Y11の充電器は非常に高圧で、他のデバイスをこれで充電すると
壊しかねません。

なので、充電器が使いにくため
倉庫で眠らせていたのですが、

確かType-c充電もできたよなということで、
使ってみました。

結論、充電できました。

Androidタブレットを充電

僕はアンドロイドタブレットも使っています。

Xiaoxin Pad Pro 2021やXiaoxin Pad Plus、
Galaxy Tab S7などなど、いくつかのAndroidタブレットを充電しましたが、

これもiPad同様、大体1分1%のスピードで充電できました。

ダイソーの充電器と比較

ダイソーの充電器と比較しました。

見た感じでは、サイズ感は変わりません。

正直考えてどっちもスゴイんですよね。

5V1Aという低出力で、発熱も結構あるものの、
200円と言う価格でめちゃくちゃ財布に優しい
ダイソーの充電器…。

それと、30WのPD充電に対応し、低発熱なのに
1780円とこの手の商品にしては手頃なUltra Mini 30W

Ultra Mini 30Wの特にスゴイメリット

BELLEMOND Ultra Mini 30Wの特にスゴイメリットはこちら

ノートPCを充電でき、純正の充電器よりも安全性や汎用性が高い

特に強力なのは、PDに対応したノートPCを充電できることです。

これは地味に便利です。

なぜなら、そうしたノートPCの純正の充電器は
高圧なものが多いです。

そしてType-c端子のものもあります。

そのため、間違ってそのPCの純正充電器で
他のタブレットなどを充電してしまうと、
最悪高圧なために壊してしまいます。

しかし、そうした純正充電器でなく、
このUltra Mini 30Wを使うことで、
デバイスに合わせた適正な電圧が出力されます。

そのため、危険性がかなり低くなります。

そのため、純正の充電器よりも
安全性や汎用性の点で勝っています

M1 iPad Pro 11(2021)などタブレット端末を1分1%で充電できるパワフルさ

iPadやAndroidタブレットを1分1%の割合で充電できていました。

普通の充電器だと、もっと時間がかかることが多いので、
これはいい点ですね。

Ultra Mini 30Wのメリット

Ultra Mini 30Wのメリットはこちら

日本メーカーであること

今どきでは中国や台湾のメーカーの商品を
買うことが増えました。

僕は中国や韓国のタブレットをよく使う
Androidタブレットマニアとして、
そうした国の商品もかなり品質が高くなっていると
断言できます。

しかし、そうは言っても中国メーカーの商品を
不安に思われるかもしれません。

しかしながら、こちらのBELLEMONDさんは
日本の福岡のメーカーです。

なので、安心できるはずです

発熱も少ない

Ultra Mini 30Wは長時間充電していても、
かなり発熱が少ないです。

具体的には、ちょっとぬるいかな、という程度です。

発熱が多いと、ちょっと不安になるかもしれませんから、
ここは良い点ですね

コンパクト

Ultra Mini 30Wは非常にコンパクトです。

1辺約3cmの立方体のような形です。
具体的にどれぐらいコンパクトかというと

どれぐらいコンパクトかというと…

どれぐらいかというと…

(´ε`;)ウーン…

iPad Pro 2020か2021のカメラ部分ぐらいです!

分かりづらいわ!

Ultra Mini 30Wのデメリットというか、難癖をつけられそうなところ

Ultra Mini 30Wは正直デメリットがあまりありません。

しかし、あえて重箱の隅をつついて、
難癖をつけるとするなら、ここになるという箇所がいくつかあります。

値段がもっと安くなったらよかったかも

Ultra Mini 30Wは1780円程度で、
はっきり言って相当安い部類に入ります。

ただ、充電器を常々ダイソーで買っている僕としては
提供を受けなければ買わなかったと思っています。

だからもっと安くなればいいとは思いますが、
今の時点で相当安いので、難癖以外の何物でもないと思います。

プラグ部分が折りたたみ式になればよかったかも

プラグ部分が折りたたみになったほうが良かったという指摘を
他サイト様ののレビュー記事などで見かけます。

とはいえ、外で充電器を使わない僕としては
折りたたみになるメリットは皆無です。

また、折りたたみになることで耐久性が下がる
らしいので、
そうなるぐらいなら折りたたみ式なるメリットは感じません。

出力がより強ければ良いかもしれません。

これも難癖ですが、PCなどではより高い出力の充電器に対応したものもあります。
なので、そういったPCなどのためにも電力が強いほうが良いかもしれません。

とはいえ、僕としては、iPadやAndroidタブレット、スマホの充電に使うだけなので、
必要はありません。難癖です。はい。

Ultra Mini 30Wの感想

かなりコスパがよく、コンパクトな充電器だと思います。

かなり使いやすかったです。

-その他ガジェット