その他ガジェット

(Gouler)パームリジェクション非対応のタッチペンを買ってみた。

今回紹介するのはGoulerというメーカーのタッチペンです。

このペンはパームリジェクションに対応していないようですが、
その代わりに、様々な機種で使うことができる、
汎用性が高い商品です。

Matepad 10.4やXiaoxinPadPlus、
iPadpro10.5やiPadAir2などでも使えました。

こんな人にお勧めです。

パームリジェクションが使えなくて不便だとしても、
多くの機種で使える安いタッチペンを
探している人

メモ書き程度で使う人

個人的に、スタイラスペンはGoogleキープで
メモ取りぐらいにしかほぼ使わないので、
これでも十分使えます。

主なスペックと使い方

充電方式はmicrob端子で充電するタイプです。

5分操作されないと、自動的に電源が切れます。

パームリジェクションにはどうやら対応していないようです。

重量は12.5gで、主材料はアルミのようです。

ペン先は1.6mmです。

付属品は、充電ケーブルなどです。

Goulerのタッチペンのメリット

Goulerのタッチペンのメリットはこちらです。

多くの機種に対応している

Goulerのタッチペンは、多くの機種に対応しており、

タブレットのみならず、スマホにも対応しています。

以下、対応を確認した機種の一覧です。

  • Matepad 10.4
  • XiaomiPad5
  • iPadpro10.5
  • iPadAir2
  • BlackviewTab6
  • XiaoxinPadPlus
  • Redmi Note 10 Pro
  • RedmiK20Pro

かなり汎用性は高いです。

価格が安い

僕が購入した時は、1600円程度で購入できました。

とても安いです。

手袋をしていても反応する。

これはいい点ですね

Goulerのタッチペンの賛否両論点

Goulerのタッチペンの賛否両論点はこちら。

どうしても相性があり、
相性がいいと、精度良く書けるが、
相性が悪いと途切れたりしてしまう。

相性は結構あります。

iPadやMatepad 10.4ではかなりきれいに書けましたが、
XiaomiPad5では結構途切れ途切れになってしまいます。

充電端子はMicroB。

microbでも使えないことはないです。

どうせならtype-c端子で充電したかったです。

少なくともiPadには指として認識されているらしく、
メリットもデメリットもある。

iPadには指として認識されているようです。

そのため、スクリブルが使えない一方で、
普通のスタイラスペンより操作がしやすいときもあります。

Goulerのタッチペンのデメリット

Goulerのタッチペンのデメリットはこちら。

パームリジェクションに対応していない

パームリジェクションには対応していないみたいです。

なので、常に手を画面から離して使わないといけません。

タブレットに手を触れてはいけないので、
手袋をしたりして、工夫する必要があると思います。

Goulerのタッチペンの感想

結構デメリットもありますが、
多くの機種で使える汎用性や
値段の安さを考えると、ありな商品だと思います。

それでは

-その他ガジェット