Androidタブレット

【iPlay 50 miniとも実機比較】AAUW M60を実機レビュー

2023年7月15日

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事では自費で購入したM60を実機レビューします。

このタブレットの特徴的な点はT606と4GBメモリを搭載した8インチタブレットで、日本未発売ながら人気を博しているiPlay 50 miniと似たような構成となっている点です。

おまけに値段もiPlay 50 miniがアリエクで12000円ぐらいですが、M60は2023/07/15時点でAmazonでは16000円程度とそこまで高くならない価格で購入が可能です。

実際に使ってみると、動画視聴、ブラウジング、カーナビの3つでは十分に使えていました。

少なくとも筆者としては満足の出来だと思います。

iPlay 50 miniとの比較なども記事に盛り込んでいきたいですね。

2023/10/02追記、長期的にいろいろ使っていましたが、バッテリーがスリープ中に減りが早くなるなどきになる動作があります。

なお、通話ができないといった情報もあるので、他のレビューなども参考にして購入されることをお勧めします。

開封や実際の動作

開封

とりあえず開封してみます。

中身はこんな感じですね。

充電器は5V2Aの10Wでした。

本体の表示はこんな感じですね。

カメラについては、リア8MP、フロント5MPの構成となっているとのこと。

ちなみにAAUW M60は初期状態では文字が書いてあるフィルムが貼ってあり、そのままでは使いづらいと思います。

フィルムを剥がした上で別売りのフィルムを貼付した方がいいですね。

あと手帳型三つ折りケースもおすすめです

筆者も購入しています

初期設定などを行ったりした

初期状態から結構アプリが入ってますね。

デフォルトではこんな感じでアプリが入っています。

スピーカーの音質について

個人的にAAUW M60をレビューして特に気に入ったのがスピーカーの音質です。

1万円台の中華8インチタブとしては音質がいいと思います。少なくとも筆者が最近触っている格安タブレットの中ではいい方だと思います。

確かにもっと音質のいいiPadやXiaoxin Padなどに比べると劣りますが、格安タブレットとして見るとかなりいいと思います。

2023年7月18日追記、ただし、よくよく考えるとほかのタブレットも最近音質が上がっているようですし、そこまでめちゃくちゃ音質がいいわけではないかもしれません。

Fire Max 11と比較するとどう?

比較対象としてFire Max 11を持ち出して、曲を聴き比べてみます。「逆夢」「Subtitle」とか重低音がいい曲で比べて見る感じですね。

比べた結果、やっぱりFire Max 11のほうが音質良かったです。

Fire Max 11の音質が75点ぐらいだとするとM60の音質は65点ぐらいですね。

とはいえ、あんまり差がない部分もあったので、結構M60の音質は、このクラスのタブレットとしては優秀だと思いました。

あくまでもこのクラスのタブレットとしては音質がいい。

もっとちゃんとしたタブレットや、もっと言うと大型のちゃんとしたスピーカーの方が音質はいいと思います。

ただ、個人的にこのクラスのタブレットとしてはなかなかいいと思いました。

細かい使用感について

動作はカクツキがまれにあります。

特にYoutubeではちょっと滑らかさに欠ける部分がある印象です。

とはいえ致命的なほど動作に支障がある感じはないですね。

充電について

Type-A TO Cの充電器を使って充電する感じで筆者は使っています。

筆者はPDに対応してないと思われる端末は極力USB-Aの充電器で充電するようにはしていて気づかなかったのですが、AAUW M60はPDに対応しているらしいです。

らしいのですが、ほかの使用者さんのレビューではPD充電器で充電しようとしてもうまくいかないらしいです。なので、5V2Aに対応した充電器で充電された方がいいかもしれません。

ちなみに筆者はPD充電に対応していないジンバルをPDで充電しようとして壊してしまったことがあるので、気をつけるようにしています。

PD対応については今後検証します。

カーナビとしてはどう?

若干明るい曇天の日ということもあり、十分に使うことができました。

ただ、カンカン照りの快晴の日などでは太陽光の明るさに画面が負ける可能性もあるので難しいポイントですね。

ちなみにGPSの精度は車を方向転換させる時では方向を見失ってかくっと止まる部分もありますが1筆者の運転の支障になるほどではなかった印象です。

WidevineはL1で、アマプラはFHDいけました。

他の動画サービスは知らないのですが、少なくともアマプラではFHDの画質で動画再生を確認しました。

電池持ちはちょっと微妙

AAUW M60を2ヶ月WIFI運用でちょっと使った感想としては、スリープ状態にしていると電池の減りが速いように感じました。

これまで使ってきた限り、いざ使おうとしたときに電池が切れていて充電が必要になった、ということが結構ありました。

これは気になりますね。

スマホからテザリングで電波を飛ばしているとつながらなくなり、再起動が必要になることも。

わかりづらいですが、Galaxy A53 5GからテザリングでWIFIをAAUW M60に飛ばしてカーナビやブラウジングの用途などに使っていると、WIFIを認知せずオフラインになってしまうことが結構あります。

各種ベンチマーク

Antutuストレージテスト Ver9

Antutu Ver9のスコアは176542点でした。iPlay 50 miniのVer9スコアは取れていません。

他のT606タブレットに比べると少々低い印象があります。

Antutu Ver10

続いてVer10スコアです。

GB6

GB6のシングルマルチスコアはこんな感じ。

メリット

スピーカーの音質が地味にいい

スピーカーの音質が意外といいです。

8インチの格安タブレットとしてはなかなかの部類かと思います。

格安タブレットってスピーカーの音質があまり良くない傾向にあると思うのですが、AAUW M60は以外といい印象でした。

ただ、もっとグレードの高いタブレットなどに比べたらたいしたことはないと思います。

iPlay 50 miniとスペックが似通っていて、人気が出る可能性が高い

構成がiPlay 50 miniと似通っています。

iPlay 50 miniは

デメリット

ちょっと動作にカクツキあり?

ちょっと動作に滑らかさがない印象を受けました。

iPlay 50 miniのほうが滑らかな印象があります。

その他の点

スペックはエントリークラスとしてはおすすめ。

スペックはUnisoc T606で4GBのメモリを搭載しています。

性能はブラウジングやYoutubeなど軽い用途向けで、重量級のゲームを行うなどには向いていません。

個人的にAndroidタブレットの用途は動画視聴だと思っているので、僕はこの性能で大満足ですが、人によっては合わないと思います。

センサーについて

センサーについてはこんな感じでした。

Youtube視聴で一瞬停止する→Youtubeの再インストールで治る?

音楽が一瞬だけとまることが結構ありました。

似たような症状が過去にBmaxやOUKITELのタブレットでもありましたが、その時と同様YoutubeをPlay Storeから更新をアンインストールし、再インストールすることで今のところは問題なく使えています。

通話ができない可能性も

AAUW M60はUnisoc T606を搭載しています。

Unisoc系のSocを搭載した端末はVolteに対応していない傾向にあり、通話ができないことも結構あるみたいです。

通話ができないという情報もあるので、そこは気になる人もいるかもしれないですね。

電池の減りの速さなど気になる点も

最近電池の減りが速くなってきたように感じます。

iPlay 50 miniとAAUW M60を実機比較する

いろいろと実機比較してみました。

外観

まずは外観の比較ですね。

上から見た感じでは差はさほど感じませんでした。

細かい見た目が違いますね。

スピーカーの音質

比べて見ると、やっぱりAAUW M60のほうが上ですね。

iPlay 50 miniはかなり音が割れていてかなり厳しい印象を受けました。

しかしAAUW M60は音質が十分にいいですね。

iPlay 50 miniとAAUW M60とを比較して気づいたそれぞれのメリット

iPlay 50 miniの強いポイント

ALLDOCUBEの方が有名

ALLDOCUBEは数年前から日本Amazonでもタブレットを販売している格安タブレットメーカーとしては有数のメーカーだと思います。

特に最近のiPlay 50やiPlay 50 ProやiPlay 50 miniは人気があったり評価が高かったりする印象があります。

メーカーとしての人気はALLDOCUBEのほうが上な印象ですね。

動作のなめらかさ

個人的にはiPlay 50 miniの方が動作がなめらかな印象を受けました。

公称値の重量の軽さ

AAUW M60は318gではあるのですが、なんとiPlay 50 miniは300g切りの292gとなっています(両者ともに公称値)

AAUW M60のグッドなポイント

スピーカーの音質。

iPlay 50 miniのスピーカーの音質は少々安っぽいです。格安タブレットのなかでも特によくない部類に入るレベルです。

一方でAAUW M60は個人的な感想になりますが結構音質がいいです。

少々割れる感じはあるのですが、重低音も多少は出ますし。

10インチ台の格安タブレットとも十分に渡り合える音質だと思います。

バッテリー容量

AAUW M60の方がバッテリーの容量が500mAh大きいです。

あとがき

参考になれば幸いです。

いまのところはこの価格帯のタブレットとしては評価が高いですね。

まだレビューが出そろっておらず筆者だけがこのAAUW M60をいいと感じている可能性もあるため、ごり押しはできませんが、結構いい線行ってる気はします。

2023年10月2日追記、但し最近不具合やクセが目立つようになってきました。

そのほかおすすめの8インチタブレットの記事はこちら。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-Androidタブレット