タブレット

antutu34万のMatepad 10.4 (2020)レビュー。GMSがなくてもYoutube見れます。

注、Vancedを以前こちらの記事で紹介していましたが、
やはり紹介しないほうがいいと思いまして、
該当部分は削除しております。

また、この記事内などに、Vancedのアプリアイコンが
移っていることもありますが、
現在はVancedはどの端末にもインストールされておりません

こんにちは、重藤六です。

今回は、Huaweiのタブレット、
Matepad 10.4 (2020)をレビューします

トガってます。

Huaweiは中国メーカーの中でもとくに有名な大企業ですね。

その、Huawei製のタブレットであるMatepad 10.4 (2020)は、
どうなのか、つらつらと書いていきます。

こちらは中古では1万6千円程度で買えるタブレットでありながら、
Antutuは34万あり、クアッドスピーカーを搭載するなど、
コスパのいいタブレットです。

確かにGMSはありませんが、
工夫をすることで、GMS搭載端末と
9割がた同じことができます。


それはそれとして、
Matepad 10.4 (2020)に関してこのような疑問を持ってないですか?
それにはこのように返します。

GMSがないのに使えるの?

用途にもよりますが使える印象です。
YouTubeを見たりもできます

スペックは高いの?

antutu34万で、ミドルスペックです。
ただ、内蔵容量32GBはちょっと少ないかもです。

買う必要はあるの

用途次第です。
動画視聴やブラウジングにはおすすめです。
ただ、ゲームは内蔵容量が少ないため、
ちょっと厳しいかもしれません。

コスパは?

はっきり言って、ひどくコスパが高いです

そういうことで、さっそくレビューを書いていきます。

ちなみに、2021年版のMatepad 10.4のレビューが見たい方は、
こちらからどうぞ

Matepad 10.4 (2020)のおすすめアクセサリ

Matepadなどのタブレットは、
できれば傷つけたくないですよね?

Matepad 10.4 (2020)のスペック

Matepad 10.4(2020)のWi-Fiモデルのスペックを
一部記載します。

画面サイズ10.4インチ
重量約450g
サイズ15.5×24.5×0.74cm
OSEMUI10系(android10ベース)
CPUKirin 810
RAM3GB
ROM32GB
microsdスロットあり
simスロットなし
前/後カメラ画素数8/8MP
スピーカー4基
イヤホンジャックなし
充電端子type-c
バッテリー容量7250mah
ジェスチャー対応
GPS非搭載

Matepad 10.4 (2020)のスペックは、
公式サイトを参考にしました。

Matepad 10.4 (2021)のベンチマーク

Matepad 10.4 (2020)のベンチマークはこちら

通常時

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
329049100020861205314789762

パフォーマンスモード時

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
344288110567875345205694131

Matepad 10.4のAntutuスコアは、
パフォーマンスモード時で344288です。

GMSが非搭載ということ

GMSというのは、Google製のアプリなどを使うときに
必要になるシステムのことです。

ざっくりいうとこんな感じ。

そのGMSが非搭載であることのデメリットは
以下の2つだと、私は考えています。

Googleplaystoreを使うのに工夫が必要

Google製のアプリを使うのに工夫が必要

Googleplaystoreに入っているアプリを使うのに工夫が必要

最大のandroid向けのアプリストアである、
playstoreがデフォルトで使えないため、
普通の方法ではアプリを入れられません。

しかし、別の方法でアプリを入れられます。

アプリを入れる方法は3つほどあります。

gspaceなどの、サードパーティー製playstoreアプリを使う

gspaceは、playstoreやGMSをGMS非搭載端末でも
使えるようになるアプリです。

メリットは、playstoreのさまざまなアプリを入れられることです。

そのアプリの中にはGoogleドキュメントや
YouTube、Chromeもあります!

ただ、デメリットが1つあります。

それは、アプリ起動時に広告が入ってしまうことです。

広告は5秒程度ですが、少し待たされるのはストレスですね。

2千円程度の課金で、広告を消せるみたいです。

appgalleryやAmazonアプリストアなどplaystore以外のアプリストアを使う

appgalleryは、主にHuawei端末向けのアプリストアです。

また、amazonアプリストアは、AmazonFire向けのアプリストアですが、
ほかのandroid端末にも使えます。

このようなアプリストアを使うのもいいかもしれません。

野良APK、XAPKをダウンロードする。

apkpureなどのアプリストアから
apkファイル・XAPKを勝手にダウンロードする方法です。

マルウェアが含まれている場合もあり、
少し危険ですが、
Googleplaystoreで配信されるアプリもあるため、
こちらでもいいかもしれません。

②Google製のアプリを使うのに工夫が必要

GMSがないので、先ほどの③の方法でGoogle製アプリのAPKを
ダウンロードしても使えません。

たとえば、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシート、
YouTubeやchromeなどが使えません。

私はGoogle製アプリが必須なのできついですね

Google製のアプリを使う際は、先ほど言ったgspaceなどを使いましょう

Vancedはやめておきましょう

Matepad 10.4の2020年モデルと2021年モデルの比較

Matepad 10.4は2020年モデルと2021年モデルがあります。

特に大きな変更だと思う個所は以下の通りです。

太字にした部分はさらに大きな変更点です!

20202021
SOCKirin810Kirin820
GPUMali-G52Mali-G57
RAM3GB4GB
ROM32GB64GB
重量約450g約460g
デスクトップモードに非対応?対応
とくにROMとデスクトップモードが大きい

SOCとROMは順当に強化

SOCはKirin810からKirin820に、
RAMは3GBから4GBにアップデートされています。

ベンチマーク結果

以下の通りです

通常モード時のantutu

通常時20202021増加率
総合329049384709116.92%
CPU100020122989122.96%
GPU8612093381108.43%
MEM5314769079129.98%
UX8976299260110.58%

パフォーマンスモード時のantutu

パフォ時20202021増加率
総合344288408021118.51%
CPU110567135393122.45%
GPU8753496411110.14%
MEM5205670880136.16%
UX94131105337111.90%

ROMが64GBに増加

後述しますがMatepad 10.4 (2020)のデメリットは、
容量が32GBと少ないことです。

実際に原神やウマ娘などの容量が大きなゲームを入れようとしても、
どうやらSDカードにアプリを入れられないらしく、
容量不足となって入れられません。

しかし2021年モデルではROMが64GBに増えています。

重量級のゲームをするなら2021年版ですね

注 なお、あくまでも容量が入るかどうかの話なので、
もしかしたらこのタブレットでは上記のゲームが遊べないかもしれません。

すみませんがそこをご理解ください。

Matepad 10.4 (2020)のメリット

このタブレットはメリットが結構あります

物理的に軽い

このタブレットは10.4インチですが、
450gととにかく軽いです。

軽いことによって、持ちやすくなり、
なおかつ落下時の衝撃を抑えられます。

軽いは正義

横長で動画視聴に向く

約8mmと少し薄めなフォルムです。

さらに、横長なフォルムになっています。

ほかのタブレットと本体のサイズを比較した表がこちらです

本体サイズ比xiaomi pad5ipadpro10.5blackview tab9Matepad 10.4
長辺:短辺(mm)25.47:16.6225.06:17.4124.37:16.2524.5:15.5
〃(短辺を1として1.53:11.44:11.50:11.58:1
長辺は小数点3桁以下四捨五入
細長いですよね?

本体が細長いことによって2つのメリットがあります。

縦持ちした際に持ちやすくなる

縦持ちした際に持ちやすくなります。

これによって、
スマホのようなスタイルでのブラウジングが
やりやすくなります。

動画視聴に向く

たいていのタブレットの画面比よりも、
Youtubeやニコニコの動画の画面比は横長です。

そのため、動画を流すと、
その分だけ画面の上下に何も表示されない部分でできた、
黒い帯ができます。

しかし、Matepad 10.4 (2020)は本体が横長ですので、
間接的に画面が細長くなり黒い帯が小さくなります。

無駄な部分が減ります!

無駄無駄ァッ!

antutu34万のミドルスペック

antutuが34万点ありますので、
ブラウジングや動画視聴や、オフィスソフトの操作などは、
余裕でできます。

ゲームも動かせる処理性能はあると思います。

ただ、ゲームでは
内蔵容量の少なさが少し気になるかも…
また、プロセカや原神など
動かないアプリもあるので、そこは注意です

クアッドスピーカー搭載

動画視聴や音楽鑑賞において、クアッドスピーカー
はとても重要です。

なぜならクアッドスピーカーにすることで、
縦持ちでも横持ちでも、左右から音が出てくれるうえ、
音に迫力が生まれるからです。

Matepad 10.4 (2020)でもクアッドスピーカーを搭載。

それも、すんごいクアッドスピーカーみたいです。

詳細は省略しますが、スゴイみたいです。

電源ボタンと音量ボタンが別の辺にあり、押し間違いを防止

地味にうれしいのがこのメリットです。

スマホやタブレットには、音量ボタンや電源ボタンが
同じ辺に置かれたものがあります。

そういったものだと、よく押し間違えてしまいます。

はい、
私は、歴史の年号と親戚の名前と同じくらい
ボタンの位置を覚えられません。

しかし、Matepad 10.4 (2020)は別の辺にあるので、
押し間違えずに済みます。

賛否両論ポイント

賛否両論ありそうなポイントを書きます。

カメラの画素数が前/後が8/8MPなので、前はきれいだが、後ろはほかの機種より画素数は低いかも

とはいえ、カメラの画質は画素数がすべてでありません。

数十MPあるandroidより、
10MP前後のiPhoneのほうが、
きれいに撮れることもありますよね


カメラ性能の優劣は
筆者では判断できませんので、
実際に撮影した写真をご確認ください

後カメラで撮影。意外ときれいじゃないですかね?
前カメラ きれいです。

Matepad 10.4 (2020)のデメリット

この端末は数こそ少なくても、
デメリットもあります。

GMSが搭載されていない。

GMSが搭載されていないことによって、Googleのサービスが使いづらくなっています。

代替方法はあるのですが、
GMSが搭載している端末のほうが、
Googleのサービスが使いやすいです。

最新のandroidをベースにしたOSにも、
HarmonyOSにもなっていない。
どうせならどちらかに振り切ってほしかった


OSは少し古めのandroid10を基にしたバージョンとなっています。

ところで、ファーウェイは独自OSであるHarmonyOSを作成しました。

このOSは見る感じ面白そうなのですが、
この端末には搭載されていません。

そのため、個人的にはそのHarmonyOSを国外にも配信して、
この端末にも搭載してほしかったです。

尖った製品が好きな性分です

追記・訂正 最新機種のスマホには、EMUI11やEMUI12が搭載されております。
EMUIの英語版WIKIの記事によると、11や12はandroid11をベースにした
部分もあるとのことです。

そのため、android11が搭載されないということは間違いでした。
誤情報を流し、すみませんでした。

内蔵容量32GBは少なく、SDカードにアプリを保存できないみたいで、容量不足が心配

忌憚なく言えば、
Matepad 10.4 (2020)の最大のデメリットはこの内蔵容量の少なさです。
GMS非搭載よりもきつ~いデメリットです。

内蔵容量32GBは少ないと思います。

SDカードを搭載できるとはいえ、
私が試した限り、Matepad 10.4 (2020)は、
SDカードにアプリを保存できません。

そのため、アプリを大量に保存すると、SDカードを入れていても、
容量不足になると思われます。

たとえば、

人気ゲーム、ウマ娘をgspaceに入れて、
ゲームデータを一括ダウンロードしようとしても、
容量不足でダウンロードできませんでした。

ゲームにはもっと容量の大きなモデルを使ったほうがいいと思われます。

Matepad 10.4 (2021)のおススメ用途

Matepad 10.4 (2020)は以下の3つの用途で使いやすかったです。

①ウェブ閲覧・読書

まず、ブラウジングは十分にこなせるだけの性能があります。

また、軽く、細長いので、単純に一つの画面に1つのウェブページを
表示して、読書をするのに向いています。

さらに、画面分割とフローティングウィンドウを組み合わせることで、
3つまでアプリを表示できる機能は、
かなりそうした用途に向いているでしょう。

軽さは正義

②写真撮影

先ほどカメラの写真をお見せしましたが、
私はきれいだと思います。

この端末は持ちやすく軽いので、
写真撮影にも使いやすいです。

Zoom用端末としても

前カメラがきれいなので、
zoomに使ってもいいかもしれません。

③動画視聴・音楽鑑賞

細長い画面は、動画再生時の無駄を減らし、
高音質なクアッドスピーカーは、
音を鮮明にし、迫力を醸し出します。

そのため、動画や音楽を楽しむのに向いています。
YouTubeやニコニコ動画を楽しむ方法を
解説します。

非公式な方法なので、念のため自己責任でお願いします。

YouTube→GspaceのYoutubeから見ましょう

Youtubeはgspaceに公式アプリを入れるのが普通ですが、
アプリを起動する際広告を視聴するか、
広告消しのために2千円程度課金しなければなりません。

時間もかかるし、めんどくさいですね

ここで以前はVancedを紹介していましたが、
やはり有料機能を無料で使うのはどうかと思い、
Vancedはお勧めできません。

Gspace経由で見たほうがいいのではないかと
僕は思います。

ニコニコ動画→apkを入れる

ニコニコ動画はgmsがなくても、
apkを入れれば視聴可能です。

まとめ

Matepad 10.4 (2020)はgmsが入っていないため、
そのままでは、Google系のアプリを使えず、
Googleプレイストアを利用できない。

そのため、gspaceでGoogle系アプリを使用する必要があり、
アプリを入れるには、gspaceやappgallery、Amazonアプリストアを使ったり、
apkやxapkをインストールする必要がある。

Matepad 10.4 (2020)のメリットは、
・細長く、軽く持ちやすいこと、
・antutu34万のミドルスペックがあること
・3画面表示に対応していること、など

Matepad 10.4 (2020)で賛否両論ありそうなところは、
・前/後カメラの画素が8/8MPであること

Matepad 10.4 (2020)のデメリットは、
・gms非搭載であること
・現在HarmonyOSではないこと
・内蔵容量不足になりそうなこと

Matepad 10.4 (2020)のおススメ用途は

・ウェブブラウジング、読書
・写真撮影(zoomの使用など)
・動画視聴・音楽鑑賞

ご覧いただきありがとうございました。

-タブレット