Androidタブレット

【Antutu36万】AGM Pad P1を実機レビュー!

2023年8月19日

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

2023/10/24追記、技適に関する情報を追記しました。

この記事では、AGM Mobile様より提供をいただいてHelio G99搭載のIP68防水防塵タブレット、AGM Pad P1を実機レビューします。

開封、動作テスト

開封

真っ黄色な箱ですね。

ご対面です。

技適については現時点ではありません。ただし今後つく可能性があります。

プリインアプリなど

別のタブレットからデータを移行したので、それで入っている部分もありますが、ClearやCompass等のアプリがプリインされていました。

スピーカーの音質は普通

スピーカーの音質は普通な感じですね。

あまり音割れしてない感じです。音質がとてもいいほどではないですけど、普通に聞けます。

初期設定時にケーブルで別端末と接続するとバッテリーが過熱していると表示される

なぜかバッテリーが高熱になっていると表示されてしまいました。

ケーブルが悪いのか、データ転送に使ったCHUWI Hi10 XProが悪いのかはわかりませんが、とりあえずそんな表示にはなりました

各種ベンチマーク

AGM Pad P1はAntutu Ver9で最大36万点とHelio G99端末としては最高クラスにスコアが高いです。・

一方で何回かAntutu Ver10を回しましたが、最大でも37万点と公称値の40万点には届きませんでした。

ストレージとGB6のスコアはこちら。

メリット

IP68の防水防塵でIP69Kもあり、ただし耐衝撃性能はなさそう

IP68やIP69Kを搭載した物珍しい防水タブレットとなっています。

ちなみに、Helio G99搭載のタブレットで防水があるものは、有名なモデルだとタフネスタブレットのBlackview Active 8 Proがあります。

AGM Pad P1はそのタフネスタブレットと違って耐衝撃性能がなく、公称値470gと軽量なタブレットになっています。

防水でG99で500g切りの比較的軽量なタブレットがほしい場合にはおすすめの選択肢になっていると思います。

GPSあり

GPSを搭載しています。

アウトドアやカーナビなどに使いやすそうですね。

イヤホンジャックあり

AGM Pad P1はイヤホンジャックがあります。

有線イヤホンなども使いやすそうですね。

Helio G99で8GBメモリ

先述の通り今流行のSoCであるHelio G99を搭載しています。

また、8GBメモリを搭載しています。

Antutu Ver9ベンチマークはG99機として十分出ている

ベンチマークはHelio G99機としては十分出ていると思います。

Antutu Ver9では最大36万点となっていました。

256GBで大容量かつ、SDカードスロットあり

256GBで比較的容量が大きいです。

また、SDカードスロットもあるみたいですね。

防水ありで500g切り

防水ありのタブレットは結構重い傾向にあります。

例えば10インチの防水タブレットという共通点を持つLenovo TAB6の場合は、約498gとのことです。

しかし、AGM Pad P1は公称値470gとなっており、ひかくてきかるいです。

デメリット

デメリットはこちら。

カメラの画素数は低め

カメラの画素数は少々低めです。

前5MP、後8MPなので、カメラはあまり期待できない可能性があります。

ベゼルが太い

ベゼルは太いです。

ただ、防水等があるので仕方ないとは思います。

そのほかの情報

そのほかの情報はこちら。

スピーカーの音質はほどほど

スピーカーの音質はほどほどといった感じで、特段悪いわけではないですが、あまり期待しすぎは良くないレベルの音質です。

記事執筆時点では技適なし、2023/10/24時点では技適あり

2023年7月25日時点で技適はありません。販売もアリエクのみとなっています。

ただ、担当者様曰く「日本市場向けの認証を行い、テストに合格した」らしく、今後技適が承認されるかもしれません。

2023/10/24追記、総務省のサイトでAGM Pad P1の技適について調べたところ、それらしいものが見つかりました。

おそらく技適を取得されたモノと思います。

あとがき

参考になれば幸いです。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-Androidタブレット