スマホ

BV8800はAntutu29万で最強スマホ(物理)!4Gタフネスミドルレンジスマホをレビュー!

今回は、Blackview BV8800のレビューをします。

BV8800は367gで重いというデメリットはありますが、
Antutu29万の性能で、タフネスで、
8000mah超のバッテリーでリバースチャージにも対応しているなど、
実用性と特殊機能がもりもりのスマホです。

とくに、タフネスで、こんなことをしてもへっちゃら

タフネスかつミドルスペック程度で
そこそこゲームができるスマホが欲しい方

電池持ちがいいスマホが欲しい方。

ロマンのある特殊機能も
普段使いで使える万能さも欲しい方に

かなりおすすめです!

また、Amazonでの価格も33000円程度なので、
かなりコスパはいい端末だと思います。

処理性能が同じぐらいの端末が2万円程度です。

その端末にタフネス性能がプラスされると考えれば、
かなりコスパはいいと思います。

ちなみに、プライムデーでは32000円程度と激安の価格に

セールでなくても35000円程度で購入できます。

同程度のAntutuベンチマークを出すOPPO A54 5Gの2倍程度の価格ですが、
それよりもタフネスさやバッテリー容量の点でとても優れています。

BV8800を購入できる商品リンクはこちら。

サブ機としてありだと思いますし、
メイン機運用でも問題ない気も…

そのようなBV8800をレビューします!

なお、Blackview社製のタフネスミドルスペックスマホは、
ほかにもBL5000という機種をレビューしており、
そちらは、Antutu36万に、5G対応でそこまで重くないです。

こちらもおススメですので、
BL5000 5Gの記事ページも貼っておきます。

また、BL5000とBV8800のいいとこ取りをした端末である、
BL8800も最近AliExpressで販売開始されました。

そちらのレビュー記事も合わせてご覧ください。

BV8800の主なスペック

BV8800の主なスペックはこちらです。

商品名BV8800
メーカーBlackview
画面サイズ6.58インチ
サイズ(mm)176.2×83.5×17.7
重さ367g
SOCHelio G96
GPUMaliG57 MC2
RAM8GB LPDDR4X
ROM128GB UFS2.1
OSDoke-OS 3.0
OSのベースAndroid11
指紋認証電源ボタン
顔認証対応
充電端子type-c端子
電池容量8380mah
最大充電電流9V 3A 33W
5g非対応
イヤホンジャックなし
カードスロットデュアルSIMスロット
デュアルSIM対応
SDカード非対応
ワンセグフルセグ非対応
防水防塵IP68等
耐久系スペックIP69K
MIL-STD-810H
前カメラ画素フロント16MP
後カメラスペックメイン50MP
超広角8MP
深度2MP
IR暗視20MP
GPSあり
WIFIあり
USB規格
スピーカー1つ
リフレッシュレート90HZ
画面FHD+
画面輝度480ニト
その他特筆店3D銅パイプ液冷
リバースチャージ対応
機能ボタン
気圧感知
ランヤードフック
NFCあり
BV8800のスペック

なお、BV8800のスペックは
Blackviewの公式ページを参考にしました。

スペックの中でも特徴的なのは以下です

SOCがHelioG96で8GBのRAMとUFS2.1のROMがあり、
90hzのリフレッシュレートなど、処理性能などが
ミドルレンジ。

IP68などタフネス性能がある

急速充電に対応した8380mahのバッテリーを搭載。
さらにリバースチャージでほかの機器を充電できる

BV8800のベンチマーク

BV8800のベンチマークはこちらです。

BV8800のantutu

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
29431886019761605607376066

BV8800のAntutuは294318でした。

antutuとは?→androidやiPhone・iPadに対応した、
ベンチマークソフト。

antutuの見方
総合 以下4スコアの合算値
目安を下記

CPU→基本的な情報処理の能力
GPU→グラフィック関連の情報処理の能力
MEM→RAMやROMの読み書きの速さ
UX→ユーザー・エクスペリエンス

総合スコアの体感

性能が低く計測不能→ブラウジングは結構カク付き、
モンストすら重く、すぐにタスクキルされる
(例、すごく古い機種名も忘れたスマホ)

7万点→ブラウジングはカクツク
モンストは少し重いが動く
(例、AQUOSのとある古めのスマホ)

15万点→ブラウジングは比較的快適
原神は最低画質でもカクツク
(例blackview tab6)

20万点→ブラウジングは比較的快適か快適
原神は最低画質なら快適に遊べる
(例bmax i10・redmi 9t)

26万点→ブラウジングは快適
原神は低画質なら快適に遊べる
(例Teclast M40)

35万点→原神は中画質なら快適に遊べる
(例blackview bl5000)

48万点以上→原神は最高画質でもほぼ快適に遊べる
(例ipad pro 10.5)

55万点以上→原神は最高画質でも快適に遊べる
(例ipad air3・Xiaomi pad5)

BV8800のantutu・CPDT読み書き速度(単位→mb/s)

読み書きSRSWRRRWmc
Antutu503.7214.3143.8143.3
CPDT393.49171.8815.0325.054210

ROMのベンチマーク
SR→連続的なデータの読み込み速度
SW→連続的なデータの書き込み速度
RR→不規則なデータの読み込み速度
RW→不規則なデータの書き込み速度

(不規則データの読み書きのほうが、重要みたいです。)

RAMのベンチマーク
MC→メモリコピー?

BV8800のgeekbench5

geekbench5singlemultiopenclvulcan
4301479

BV8800のGeekbench5はシングルが430、マルチが1479でした。

geekbench5→CPU・GPUのベンチマークを測れるソフト

single→シングルタスクのCPUのベンチマークスコア
multi→マルチタスクのCPUのベンチマークスコア
opencl→GPUのベンチマークスコア
vulcan→GPUのベンチマークスコア

ご覧いただいている通り、BV8800は、
ミドルレンジな性能をもち、
普段使いには全く問題ないと言えるでしょう。

BV8800のメリット

BV8800のメリットはこちらで記載しています

ミドルスペックやタフネスに加え、
特殊機能がもりもりです。

IP68+IP69K+MIL-STD-810Hのタフネス性能

BV8800はIP68に対応しており、
高い防塵性と防水性を持っております。

先述したBL5000も同等の防水性を持っており、
湯船に投げ入れたり、シャワーを浴びせたり、
雪に投げ入れたりしても、全然壊れませんでした。

このスマホでもそれぐらいの耐水性はあると思います

また、IP69Kで、高温水や高圧水にも高い耐性を持ちます。

そのため、こんなことをしてみました。

流水をかけたり、

湯船に沈めたりしました。

しかし一切壊れません。

さらに、MIL-STD-810Hの耐衝撃性能もあります。

耐久性は全く問題ないといえるでしょう

アウトドアなどにも使えるだけでなく、

この端末はゲームにも使えると思います。



もしゲームに負けてイライラして、
端末にダメージを加えても壊れにくいと思います。

アウトドアにもゲームにもタフネスを。

Helio G96+8GBRAM+UFS2.1でミドルレンジの性能

多くのタフネススマホは、性能が抑え目なものが多いです。

しかしBV8800は、SOCにMediatekのミドルレンジSOC、
Helio G96を搭載しています。

さらに、RAMは8GB、ROMはUFS2.1を搭載。

ミドルレンジ程度の性能となっています。

Antutu29万のベンチマーク

Antutuベンチマークは、29万点程度でした。

基本動作では全く問題なく、
ゲームなどにも使える印象を受けました。

十分に使えるゲーム性能

原神、プロセカ、ウマ娘、CODで検証しました

原神 中画質なら快適、高画質でカクツキが少々、最高画質はカクつく

原神では、中画質では快適に遊べました。
また、高画質でも多少のカクツキはあるものの、
遊べなくはなかったです。

最高画質ではさすがに結構カクツイてしまいましたが、
これだけ遊べれば十分だと思います。

プロセカ、ウマ娘、CODもサクサク動くっぽい?

プロセカは、初期設定でTell Your worldのHardを
カクツキなくプレイできました。

ウマ娘は最初のレースをさせましたが、
問題なく動きました。

CODも、少なくとも低画質のプレイなら
問題なさそうです。

ゲームに関しても強そうですね!

液冷システム搭載

この端末は、後述するように厚めの端末で、
排熱に不利な印象を受けました。

しかし、液冷システムを搭載しており、
CPU温度を8.5℃まで低下させられるようです。

実際に数十分ほどCODをプレイしましたが、
特に熱は持ちませんでした

そのため、排熱面も問題なさそうです。

急速充電+大容量バッテリー+リバースチャージ

BV8800は電池がすごいんです

まず、8380mahのバッテリーを搭載。

10インチタブレットに比肩するバッテリー量です。

実際に使ってみても、なかなか電池が減りません。

さらに、33Wの急速充電にも対応しており、
満充電するまでの時間も短く済みます。

そのうえですごいのは、リバースチャージ機能です。

この端末と、充電したい端末をtypecケーブルでつなぐと、
充電ができてしまいます。

スマホが、モバイルバッテリーになってしまいます!

8380mahもあるので、こんな芸当もできてしまいます。
すごすぎる…

ちなみに、充電速度はそこそこで、
5020mahのRedmi Note 10 Proを充電するとこんな感じ

15分で15%充電できます。

意外と速いですよね

電池の怪物です。

機能ボタンが搭載

機能ボタンが搭載されており、
スクショなどの機能の割り当てや、
アプリの起動ができます。

地味に便利です。

カメラは実用でもアウトドアでも使えそう。

メインカメラの画素数は50MPで、そこそこきれいに録れます

BV8800で撮った写真はこんな感じ

また、BV8800には暗視カメラも搭載されています。

暗い場所で何かを探すときなどに便利そうです。

厚さは意外と気にならない

多くのスマホやタブレットの厚さは10mm以内に収まります。
しかし、BV8800は17mmの厚さがあります。

最初は厚いかなと思ったのですが、
実際に持ってみたり、ポケットに入れたりすると、
そこまで気にならない印象を受けました。

持ちやすい

外観が、いかにもタフネススマホといった
でこぼこした感じなので、持ちやすいです。

独自OS搭載

BlackviewはAndroidをベースにした独自OSである、
DokeOSを作っています

DokeOSは素のAndroidにいろいろな機能が追加されていて、
比較的使いやすいOSだと思います。

そのDokeOSの3.0がこのスマホにも採用されています。

便利機能は今後いろいろ使ってみて、
追記していきます。

デュアルSIM対応

デュアルSIMにも対応しています

リフレッシュレートも90HZでゲーム適正あり

リフレッシュレートが90HZと高めなので、
ゲームなどに使えると思います。

ランヤードフックや気圧感知で登山にも使えそう?

ランヤードフックがくっついています。

リュックサックなどに
キーホルダーみたいにくっつけられると思います。

Blackviewのスマホの中でもお薦めな製品

僕はBlackviewマニアで、
これまで4つのBlackviewのスマホを触ってきました。

その中でもコスパや機能性に優れる製品だと思います。

一番お薦めです。

BV8800のデメリット、367gは重い

BV8800のデメリットは、
とにかく重いということだと思いますが、
それ以外に目立ったデメリットはなさそうです

とにかく重い

最初にBV8800を持ってみて、

重い!

と思いました。おもいだけに

とにかく重いです。

具体的に言うと、Blackview社が出している、8インチタブレット
のBlackviewTab6が365gなので、それぐらい重いです。

blackviewtab6-view

8インチタブと同程度の重さ…

ただ、2日もすると慣れました。

意外と大丈夫です。

ただ、重いので、取り扱いには少々注意が必要かもですね

イヤホンジャックがない

イヤホンジャックがありません

SDカードが入れられない

容量が128gbあるとはいえ、
少し不便かもしれません。

Blackview BV8800のまとめ

メリット
IP69K+IP68+MIL-STD-810Hでタフネス
HelioG96+8GBRAM+UFS2.1でミドルレンジ性能
電池容量8380mah+33W急速充電+リバースチャージ
その他多機能

デメリット
367gととにかく重い、など

Blackview BV8800の感想

実は結構ほしかったスマホです。

以前BL5000を持っていたのですが、
僕が使わない5Gに対応していたため、
値段が高くかったです。

そういった意味でも、BV8800が欲しかったのですが、
満願かなった印象です。


本当に重いのですが、
重い以外のデメリットがあまりなく、
かなりいいスマホだと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

また、5G対応のミドルレンジタフネススマホ、
BL5000のレビューはこちら。

これとほぼ同じ重さの、おススメ8インチタブ
Blackview Tab6のレビューはこちら。

また、急速充電対応の、
コスパのいいタブレット、
Tab 10 Proのレビュー記事はこちら

-スマホ