ガジェット総合

ケチなブロガーがコスパで選ぶ2022年おすすめガジェット・アイテム13選

この記事では、おすすめのコスパいいガジェットを紹介します。

記事を書いたのはガジェット購入費用を1円でも安くしたい
ケチなブロガーです。

AmazonなどのECサイトで購入できる商品もあれば、
ハードオフなどの実店舗のリサイクルショップで
購入して欲しい商品もあります。

1円でも皆さんに節約をしていただきたく思います。

無駄金をガジェットに使うことなく、
この不景気を乗り切りましょう。

激安スマホ4選

コスパに優れるスマホを
4つ紹介します。

なお、コスパの基準というのは
曖昧模糊としたものです。

しかし、僕自身はプライベートで使うスマホは
15000円以上出すのはあり得ないと思っています。

2万円以上のスマホは高級品だと
常日頃思っています。

3万円や4万円するスマホは、
常識的にあり得ないと思いますし、

最新のiPhoneやハイエンドのAndroidスマホに
お金をかけるのは、
考えられません。

スマホにお金をかけるのは
本当にあり得ません。
あくまでも僕はそう思います。

OPPO A54 5G

1万円でメイン機として使うスマホを
選ぶなら、この
OPPO A54 5Gが最適解の1つです。

SD480を搭載し、Antutuは28万と、
普段遣いに問題ない処理性能を持ちます。

また、十分にきれいなカメラや、
5000mahのバッテリー容量を持ちます。

そしてOPPO A54 5Gがすごいのは、
値段のやすさです。

メルカリでは1万円程度、
楽天やAmazonでも16000円程度で購入できる
万夫不当なコスパの良さが特徴です。

最後に、変な癖がないのも
メリットの一つです。

OPPO A54 5Gのレビュー記事はこちら

Xiaomi MI9

Xiaomiが産んだ
型落ち名機スマホが
Mi9です。

SD855を搭載し、Antutuは50万店を超えます。

それ以外のスペックも電池持ちが
心もとない以外は完璧です。

メルカリで安価に買えるので、
メルカリで買うことをおすすめします。

Xiaomi Mi9のレビューはこちら

Blackview BV7100

電池のスタミナが欠如したスマホに
悩んでいませんか?

あなたにおすすめなのが、
BlackviewのBV7100です。

なんと13000mahのクソデカ超大バッテリーを搭載しているのみならず、
リバースチャージに対応し、モバイルバッテリーとしても使えます。

処理性能やカメラ性能も十分問題なスマホに
仕立て上がっております。

そしてすごいのがその耐久性です。

同社のスマホでBL8800というのを使っています。

BL8800は塩と氷につけたり、
風呂に沈めたり、殴ったりしても
全然壊れない圧倒的な耐久性を誇ります。

BV7100も同等クラスの耐久性を誇っているので、
アウトドアにも最適なんですね

BL8800のレビュー記事は
こちらです。

BV7100の購買リンクはこちらです。

OSCAL C80

Blackviewの姉妹ブランドが作り出した
異常コスパのスマホがOSCAL C80です。

UNISOC T606を搭載し、
Antutuは20万点程度です。

リフレッシュレートが90HZで、
50MPのカメラを持っています。

でざいんにも凝っています。

15000円程度でAliExpressデセールが始まります。

超絶厳選!異常コスパタブレット3選

タブレットブロガーとして、
厳選した、
コスパのいいタブレットを紹介します。

Xiaoxin Pad Plus

僕はこれまで58種類ほど、
タブレットを購入してきましたが、
その中でも一番コスパが良かったのが
Xiaoxin Pad Plusです。

SD750Gを搭載したAntutu35万の
11インチタブレットです。

Lenovo製で防水防塵を備えています。

お値段は驚異驚愕の33000円です。

Xiaoxin Pad Plusのレビュー記事はこちら。

iPad Pro 11 2018

iPadの中でも最強のコスパを持つタブレットが
iPad Pro 11(2018)です。

処理性能と価格のバランスに優れています。

スピーカーの性能もいいので、
かなりおすすめです。

iPad Pro 11(2018)のレビュー記事はこちら。

Blackview Tab6

blackviewtab6-view

8インチタブレットの中でも、
一番おすすめです。

カーナビなどにも使えます。

Antutu15万点で、
一万三千円程度で買える、
コスパ随一のタブレットです。

Blackview Tab6のレビュー記事はこちら

実用性抜群!最強コスパパソコン3選

実用性をあらしめよ

Beelink MINIS

Beelink MINISは
Celeron N5095を搭載した
ミニPCです。

Celeronといえど、
常識を覆すほどに性能学校状しています。

コスパも異常なのでおすすめです。

ただし、MINI Sはトリプルディスプレイに対応していません。

トリプルディスプレイに対応したモデルが欲しい場合は、
こちらです。

Beelink U59 Pro

僕はこれを使ってブログを書いていますが、
非常に快適です。

お値段も3万円程度なのでおすすめです。

Beelink U59 Proのレビュー記事はコチラ

Macbook Pro 2018

これは2018のAIr

Macbookで、
最も安く、ベントレーを使えるのは
これになるかと思います。

文書作成やオフィスソフト、ウェブブラウジングに最適です。

Macbook Air 2018のレビュー記事
はこちら

画面割れMacbook

Macbookは画面が映らなくても
使える場合があります。

例えば僕は、画面が一部映らない
Macbookをクラムシェルモードにして、
デスクトップ化して使っていますが、
快適です。

画面割れMacbookの使い方の記事は
こちらです。

キーボード、トラックボール、パソコン周辺機器

コスパあああああ

E元素赤軸キーボード

E元素の赤軸キーボードが
Windowsユーザーさんにおすすめです。

オーソドックスな配列で、
値段も安いのでおすすめです

Sateti キーボード

Macユーザーさんにはこれがおすすめです。

多少厚みがあるキーストロークで、
クリック感が強いのがポイント

有線で遅延が少ないのもポイント。

ジャンクのモニター

モニターはハードオフで買いましょう。

安ければ3千円程度でまともなものが購入できますし、
年式経過のジャンク品でよければ三百円で購入可能です。

トラックボール

トラックボールを買いましょう。

限定オファー

アルミ製スタンド

アルミスタンドは、
どこでも使える優秀ガジェットです。

作業製を爆上げするコスパ家具

コスパのいい家具とかを買おう
限定オファー

ダイソー パソコンスタンド

ダイソーのスタンドは使い勝手がいいです。

山善 スタンディングデスク

お薦めです。

山善のスタンディングデスクのレビュー記事はこちら

中古チェア

椅子は
新品で通販で買うものじゃないと思います。

ただでさえ送料があるので、
もし可能なら自家用車とともにハードオフを巡って、
安価に購入すれば送料ゼロで購入可能です。

僕はもし新品でチェアを買うにしても、
一万五千円程度のものを買うでしょう。
それで十分です。

メタルラック

メタルラックも中古がおすすめです。

メタルラックを購入することで、
収納性を底上げできます。

ガジェットとは少し違うかもしれませんが、
かなり便利です。

中古で買うのがおすすめですが、
新品でも安く買えるので、
おすすめです。

-ガジェット総合