iPad

iPadのおすすめマウス2選!

2023年1月19日

この記事では、iPadのおすすめのマウスを紹介します。

iPadは今やステージマネージャーによって、非常に効率的なマルチタスクが可能になりました。

iPadで効率よく作業をするためにも、この記事ではおすすめのマウスを5つ紹介します。

僕は基本的にMacで作業することが多いですが、iPadで作業することも多いので、ぜひ参考にしてください

iPadでマウスを使うメリット

iPadでマウスを使うメリットはこちら。

画面に触ることなく、iPadを操作できる

マウスをiPadに繋げることで、iPadを画面に触れることなしに操作できます。

キーボードと組み合わせると使いやすくなる

特に、キーボードと組み合わせることで、まるでiPadをパソコンのように操作することが可能です。

作業効率が上がることも

作業効率が上がることもあります。

iPadにマウスは必要?

iPadにマウスは必要なのでしょうか?

結論、用途次第

結局どこまで行っても用途次第です。

例えば、iPadでプロセカをやるためにマウスを使うことはないでしょうし、

学校でノートを取るために、トラックボールでiPadを操作する必要もないと思います。

そう言った場合は不要です。

しかし、例えばiPadとキーボードとマウスを組み合わせてパソコンライクに、ブラウジングや事務作業をする場合には、マウスは必要でしょう。

iPadのマウスの選び方

マウスの選び方はこちら

操作方法で選ぶ トラックボールが地味に便利

マウスの操作方法にもいろいろ種類があります。

一般的なマウスは、マウス本体を上下左右に動かすことでマウスカーソルを操作します。

これが一般的で、基本的にはこれでいいのです。

ただ、個人的にはトラックボールが普通のマウスよりも便利(なこともある)と思っています

トラックボールはマウス本体ではなく、ボールを動かすので、手軽にマウスカーソルを操作できます。

とはいえ、癖があるので、一般的なマウスの方がいいこともあります。

その他には、トラックパッドもあります。

トラックパッドはタッチパッドというとわかりやすいでしょうか。

触ることで、マウスカーソルを動かします。

iPadはマウスよりもトラックパッドの方が便利と言っている人もいますので、人によってはありかと思います。

接続方法で選ぶ Bluetoothが若干有利

接続方法は3種類あります。

遅延が少なく安定しているのが有線式ですが、配線が嵩張るというデメリットがあります。

また、子機を使ってiPadと接続するタイプの無線もありますが、子機を紛失するリスクがあります。

Bluetoothマウス使えば、配線が絡まったり、子機を紛失するリスクはありません、が、ちょっと値段が張ります。

値段で選ぶ 大体三千円ぐらいで十分

値段については、安ければ1000円ぐらいからちゃんとしたマウスを購入可能です。

iPadのマウスのQ&A

Q&Aについてです。

iPadのマウスのボタンの設定は必要?

あくまでも人によるとは思いますが、僕はマウスにボタンを設定することは必要ないと思います。

確かに作業によってはショートカットキーを割り振ることで効率化が可能です。

しかし、僕はキーボードを使えばそれでいいと思うので、必要ないと勝手に思っています。

iPadのおすすめのマウス

2000円でエルゴノミクス 400-MA092

定番お手頃トラックボール

後書き

参考になれば幸いです。

おすすめiPadをまとめた記事はこちら。

The Moneytizer

-iPad