タブレット

【2022】2015年発売のiPad Pro 12.9 第1世代を実機レビュー【中古】

iPad Pro 12.9 第1世代を2022年にレビューします。

そちらも参考にしていただけたら幸いです。

2022年も検証した結果、以下のメリットがありました。

・12.9インチはやっぱり見やすい
・Antutu36万でゲーム以外なら大体使える
・クアッドスピーカーの音質はそこそこ
・128GBモデルでお値段3万2千円程度

【中古】(並品)〈SIMフリー〉Apple iPad Pro 12.9インチ (第1世代) Wi-Fi+Cellular 128GB シルバー ML2J2J/A au解除版【安心保証90日/赤ロム永久保証】iPadPro12.9 本体 アイパッド タブレット 白ロム

iPad Pro 12.9 第1世代のまとめ

iPad Pro 12.9 第1世代の主なスペックは
A9Xに4GBのRAMを搭載
12.9インチ
指紋認証に対応
第1世代のApplePencilにも対応

Antutuは356326
GeekBenchはシングル647
マルチ1209

メリットは
画面が大きいこと
価格が4万程度と安いこと
クアッドスピーカー搭載

賛否両論ポイントは、
大体の動作はできるが、
原神の最低画質は動かないこと
ApplePencilの第1世代に対応しているが、
パームリジェクションの代替ペンには対応していないこと

デメリットは
サイズが大きく携帯性が低いこと
値段が小型のPROに比べて高いこと
Lightning端子であること

【中古】(並品)〈SIMフリー〉Apple iPad Pro 12.9インチ (第1世代) Wi-Fi+Cellular 128GB シルバー ML2J2J/A au解除版【安心保証90日/赤ロム永久保証】iPadPro12.9 本体 アイパッド タブレット 白ロム

iPad Pro 12.9 第1世代の主なスペック

画面サイズ12.9インチ
サイズ(mm)305.7×220.6×6.1
重さ713g
SOCA9X
RAM4GB
ROM128GB
OSiOS15系
antutuver.9356326
gb5 single647
gb5 multi1209
指紋認証対応
顔認証非対応
充電端子Lightning端子
電池容量38.5wh
最大充電電力
5g非対応’
イヤホンジャックあり
カードスロットWIFIのためなし
デュアルSIM非対応?
SDカード非対応?
ワンセグフルセグ非対応
防水防塵非対応
前カメラ画素フロント1.2MP
後カメラスペックメイン8MP
GPSWiFiのためなし
WIFI対応
USB規格USB2.0?
スピーカー4つ
輝度
ApplePencil対応
代替ペン非対応
その他特徴

iPad Pro 12.9 第1世代のスペックは主に
iPad Pro 12.9 第1世代のウィキペディアを参考にしました。

それ以外は、基本Appleの公式サイトを参考にしています。

iPad Pro 12.9 第1世代のベンチマーク

iPad Pro 12.9 第1世代の各種ベンチマークはこちら

antutu

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
356326831671429455573974475

iPad Pro 12.9 第1世代のAnTuTuベンチマークは356326でした。

antutuとは?→androidやiPhone・iPadに対応した、
ベンチマークソフト。

antutuの見方
総合 以下4スコアの合算値
目安を下記

CPU→基本的な情報処理の能力
GPU→グラフィック関連の情報処理の能力
MEM→RAMやROMの読み書きの速さ
UX→ユーザー・エクスペリエンス

総合スコアの体感

性能が低く計測不能→ブラウジングは結構カク付き、
モンストすら重く、すぐにタスクキルされる
(例、すごく古い機種名も忘れたスマホ)

7万点→ブラウジングはカクツク
モンストは少し重いが動く
(例、AQUOSのとある古めのスマホ)

15万点→ブラウジングは比較的快適
原神は最低画質でもカクツク
(例blackview tab6)

20万点→ブラウジングは比較的快適か快適
原神は最低画質なら快適に遊べる
(例bmax i10・redmi 9t)

26万点→ブラウジングは快適
原神は低画質なら快適に遊べる
(例Teclast M40)

35万点→原神は中画質なら快適に遊べる
(例blackview bl5000)

48万点以上→原神は最高画質でもほぼ快適に遊べる
(例ipad pro 10.5)

55万点以上→原神は最高画質でも快適に遊べる
(例ipad air3・Xiaomi pad5)

antutu(単位→mb/s)

読み書きSRSWRRRW
Antutu236.2162.267.39.3

ROMのベンチマーク
SR→連続的なデータの読み込み速度
SW→連続的なデータの書き込み速度
RR→不規則なデータの読み込み速度
RW→不規則なデータの書き込み速度

(不規則データの読み書きのほうが、重要みたいです。)

RAMのベンチマーク
MC→メモリコピー?

geekbench

geekbench5singlemultiopenclvulkancompute

geekbench5→CPU・GPUのベンチマークを測れるソフト

single→シングルタスクのCPUのベンチマークスコア
multi→マルチタスクのCPUのベンチマークスコア
opencl→GPUのベンチマークスコア
vulkan→GPUのベンチマークスコア

動作

動作は現在検証中です。

メリット

12.9インチと画面がでかい

処理性能がそこそこ高め

カメラはそこそこきれい

Antutuベンチマークは36万程度とそこそこ

クアッドスピーカーで音の迫力がある。

価格が3万2千円程度と安い

賛否両論ポイント

ApplePencil第1世代に対応しているが、
サードパーティー製のペンには対応していない。

処理性能のわりにはゲーム性能が低い

デメリット

でかくて重い

劣化している可能性もある。

感想

用途にもよりますが、かなり使いやすいのではないでしょうか

-タブレット