iPad

iPadの最適な容量とは?

2022年12月6日

iPadの最適な容量についてを書いていきました。

僕はガジェットブロガーで、普段iPadで動画やブラウジングを楽しんでいます。しかし、たまにブログを執筆したりします。

また、iPadで動画編集をした経験もあるため、結構参考になると思います。

iPadのお勧めモデルをまとめた記事はこちらになります。

iPadの16GB〜512GBまでの容量についての雑感

個人的な雑感についてです

16GB めちゃくちゃライトな用途に使える

16GBのiPadは相当容量がカツカツです。

基本的にYoutubeやニコニコ動画などの限られたアプリを
ちょこっと入れる程度の用途になるかと思われます。

僕個人としては容量が少なすぎて、
iPadの使途としてかなりアレなものになるかと
思います。

個人的に16GBのiPadを買うぐらいだったら、
Androidタブレットを買った方が容量に余裕ができると思います。

32GB ギリギリ使えるぐらいの用途

32GBはギリギリ、本当にギリギリのラインですね。

多少のアプリなら入ると思います。

ただ、アプリを少し増やそうとしたり、
長く使っているとシステム容量が圧迫したりして、
厳しくなってくるかと思います。

とはいえ、使えなくはないかと思います。

64GB 最低限のライン。ただしこれだけあれば普通の人には十分

64GBは32GB以下に比べると一気に余裕が出てきます。

64GBは、用途次第では十分に余裕が出てくるぐらいのスペックです。

僕自身1年前にiPad Air3を64GBモデルで半年ほどノート用途に使いましたが、
特に問題なく使えました。

それ以外のiPadでも大体64GBぐらいでなんとかなると思います。

ノート用途やオフィスソフトの使用、ブラウジングなどであれば
問題はないかと思います。

ただ、動画編集やゲームをするなら、もう少し余裕があるといいかと思います。

128GB 色々な用途に使うことが可能。ただしヘビーユースにはもう少し必要?

128GBは64GBよりもだいぶ余裕が出ます。64GBで必要十分という感じなのです。

128GBはより余裕を持ってよりリッチに使える感じでしょうか。

ゲームアプリを大量に突っ込んで行ったり、ライトな動画編集をしたりする場合なら、これぐらいは必要かと思います。

256GB ヘビーユースに使うならこれぐらい。

動画編集をガチでやるのであれば、容量が多い方がいいと思います。

なので256GBがおすすめします。

512GB以上だと持て余す可能性があるので、256GBと512GB以上は分けてみました。

512GB以上 ガチガチな用途でバリバリにiPadをビシバシ使う人

ガチガチに使う人向けです

後書き

参考になれば幸いです。

The Moneytizer

-iPad