Androidタブレット

ALLDOCUBE iPlay 50のコスパがエグすぎる件

訂正、正確にはクアッドスピーカーではなく
デュアルスピーカーでした。
この度は大変申し訳ございませんでした。

本当に申し訳ございません。

iPlay 50をAmazonで見つけて、
非常に驚きました。

コスパがやばすぎるタブレットがあるじゃないですか、
と。

言わずと知れた格安中華タブレットのど定番企業である
ALLDOCUBEが出している

iPlay 50です。
UNISOC T618を搭載しているのに、
お値段17000円。
しかもAmazonの価格です。

コスパがエグすぎます。

僕も購入するかもしれません。
本当にコスパがエグいです。

なお、25日追記ですが、
ブラックフライデーによりプライム会員さんは
16720円まで値下がり。

最強ですね。

その他にブラックフライデーのお勧めアイテムを
まとめた記事はこちらです。

ALLDOCUBEとは?

ALLDOCUBEについて、
記載しています。

格安タブレットメーカーの1つとして有名

ALLDOCUBEは格安タブレットメーカーの
1つとして、非常に有名なメーカーです。

TECLAST、CHUWI、
Blackview、ALLDOCUBEの4つが、
精力的に、Androidタブレットを出していました。

ちなみに、XiaomiやOPPOなどの大企業も
格安タブレット市場に殴り込みをかけてはいます。
いますが、3万円程度で、コスパはあまり良くありません。

個人的には、まだまだ格安タブレットメーカーは
十二分に有利だと言えるでしょう。

最近では独自色が強い。

タブレット大好きなタブレットブロガーとして見ると、
その4つの中でも最近の動向が面白いものが2つあります。

特にBlackviewとALLDOCUBEが面白いメーカーだと思います。

BlackviewはPCモードもある独自OSを搭載したり、
スピーカーを大幅に強化してXiaomiやLenovoの廉価モデルに
匹敵するスピーカー性能を得たり、(Tab15のこと。記事はこちら。)

付属品が豪華になったりと、
かなり独自性が出ています。

Blackviewについて個人的にまとめた記事は
こちらです。

一方で、ALLDOCUBEも面白いです。

日本では発売されていませんが、
5Gに対応しD700を搭載し
Antutu34万のミドルレンジタブレット
iPlay 40 5Gを出したり、

コスパに優れたSmile Xなどの
製品を出したりしています。

特にALLDOCUBEはT610搭載のタブレットの
コスパがえぐかったです。

iPlay 50のコスパがエグすぎる

そして、最近出してきた、
iPlay 50ですが、
これのコスパがエグすぎました。

UNISOC T618と2スピーカーで17000円という衝撃価格

iPlay 50は、UNISOC T618を搭載しています。

そして、デュアルスピーカーを搭載しています。

T618を搭載したタブレットの相場は、
おおよそ1万8千円以上。

17000円で購入可能な
iPlay 50のコスパの良さがわかったと思います。

25日追記、正確にはデュアルスピーカーでした。
本当に申し訳ございませんでした。

Antutuスコアも25万点

一方で、性能は本当に出るのか
訝しむ人もいると思います。

しかし、公称値のAntutuは25万点と、
十分なスコアが出ています。

例えば2万円程度のBlackview Tab11の場合、
Antutuスコアは24万点です。

それよりもスコアがでかいという衝撃。

それ以外にも不足はない

iPlay 50にはそれ以外の

iPlay 50のデメリットは?

デュアルスピーカー

念のため再度訂正します。

デュアルスピーカーでした。
本当に申し訳ございませんでした。

後書き

参考になれば幸いです

おすすめのAndroidタブレットを
まとめた記事はこちらです。

The Moneytizer

-Androidタブレット