Mac

【M1とM2】Mac miniとMacBook Airを比較する。

2022年12月30日

この記事ではM1 Mac miniとM1 MacBook Airの比較を書いていきます。

この記事では、実際にM1 MacBook AirとM1 Mac、 miniこの2つを使用した僕がどちらがそれぞれ良いのかと言うことを記載します。

M1 Mac miniの仔細なレビュー記事はこちら

M1 MacBook Airのレビュー記事はこちら。

結論から言うと、Macbook Airがおすすめです。

1番の理由は、Macbook Airが据え置きでも持ち出しても使えるということでしょうか。

両者のメリット

両者のメリットはこちら。

M1チップを搭載し、高い性能を持つ

M1チップを両者共に搭載しています。

M1チップはCPU性能はもちろんGPU性能も高いです。

その上にTDPは15.1Wで、極めて省電力性能が高いです。

M1チップは当時は、時代の寵児とも言える流行でした。

省電力性能に優れる

改めて、省電力性能が極めて高いです。

CPU性能が高いのですが、熱設計電力は15.1Wらしく、最大限消費してもその程度しか電気を消費しないらしいです。

そのため、ライトな用途ではさらに電力を消費しないと思われます。

両者ともに2020年発売

両者ともに2020年に発売しています。

この記事は2022年末に書いていますが、もはやそれらの2つのデバイスが販売されてから3年が経過しようとしていると言う事に実に慄然としておりますです。

両者ともにコンパクト

両者ともにコンパクトです。

MacBook Airは13インチ程度でカバンにすっぽりと収まる程度の薄いデバイスです。

またM1 Mac miniは通常のミニPCに比べたら少々大きめと言えます。

しかし、Mac Proやその他の様々なディスクトップパソコンに比べれば、随分と小型のデバイスになっていると思います。

M1 Mac miniのメリット

M1 Mac miniのメリットはこちら。

ファン搭載で冷却性能やピーク時能力を持続させやすい

両者の違いにファンの有無があります。

他の大部分のパソコンと同様に、M1 Mac miniはファンを搭載しています。

とはいえ、ライトな用途においては、極めて冷たい空気だけを吐き出している印象です。

しかし、M1 MacBook Airはファンレスで、ライトな使用用途においては、ほとんど発熱はしません。

しかしながら、長期的な使用や重い負荷のかかる使用用途によっては発熱がひどくなることがあります。

その場合には、冷却ファンや冷却台などを使ってMacBookを冷やしてあげると冷却においてのMacBookの負荷を下げられる可能性があります。

外部ディスプレイの自由度が高い

ディスプレイの自由度が高い事は、M1 Mac miniがMacBook Airに対する非常に大きなメリットです。

Mac miniはM1チップの場合2つの外部ディスプレイを基本的には接続するのは可能です。

そのため2つのウルトラワイドディスプレイや、もう一つは縦にした普通のディスプレイを組み合わせたりといった様々なディスプレイの組み合わせが可能になります。

Mac miniはM1チップの場合2つの外部ディスプレイを基本的には接続するのは可能です。

一方で、M1 MacBook Airの場合は接続できるディスプレイの枚数は1枚までです。

そのため接続できるMacBook Airの作業効率を最大化するためには、大きなディスプレイを使用すればならず、値段がかさばる傾向にあります。

もし様々なディスプレイを組み合わせたいなら、ぜひともM1 Mac miniをお勧めします。

値段が1万円安い

基本的には、購入する先の場所や、デバイスのコンディションによっても、デバイスの確定いうのは変わってきます

拡張性が高くハブやドッキングステーションの必要性が低い

非常にエムワンmac miniは非常に優秀なことにさまざま非常に拡張性が高いです

二つのthunderbolt端子一つのHDMI探知二つのusb a端子そのなどを搭載しておりハブを使わなくても充分にさまざまな機器と接続することが可能です一方でエムワンmac miniの場合thunderbolt端子が二つとイヤホンジャックだけなのでキーボードやモニターの接続するためにはオークの場合ハブやドッキングステーションを必要としますファビアドッキングステーションは安いものであれば一つ一つ2000円程度で購入することができますがしっかりしたものを購入しようとすると1万円程度がするのでそれを考えるとエムワンマックミニのコストパフォーマンスは非常に高いと思います

M1 MacBook Airのメリット

エムワンmacbook airのメリットはこちらです

停電に強い

エムワンmacbook airはバッテリーを搭載しておりいざという時に電源のコードが抜けてしまったり停電を起こしたり電源のない場所で作業をするなんてことになった時にも簡単にもしかして作業することができます

一方でエムワンマックミニはバッテリーが搭載されておらず尚且つディスプレイもデフォルトでは搭載されていないので外に持ち出したりといったことは使えませんし停電が起きればオークの場合電源が切れてしまいますそれを考えると停電などに強いエムワンmacbook airを購入するのは一つの手です

外に持ち出せる

エムワンmacbookairは外に持ち出して操作することができるというのも一つのメリットですディスプレイやバッテリーを持っているため外に持ち出して作業

エムワンmacbookairは外に持ち出して操作することができるというのも一つのメリットですディスプレイやバッテリーを持っているため外に持ち出して作業

また家に持ち帰ればハブをつないだりドッキングステーションをつないでデスクトップpcとしての運用ももちろん可能になっていますもしエムワンmac miniとエムワンmacbookairどちらか一つだけしか持てないというのであれば僕は絶対にエムワンmacbook airを購入すると思います

2560×1600の13.3インチディスプレイが付属しているようなもの

M1 macbook airにはディスプレイが元から搭載されています。

そのため、外に持ち出して作業する場合に使えるだけでなく、家で据え置いて作業する場合にも便利です。

Macbookの他にケーブルと、ディスプレイを1枚用意するだけで、マルチディスプレイ環境を作ることが可能です。

キーボードやトラックパッドも付属するようなもの

キーボードやトラックパッドも付属するようなものです。やったね!

後書き

参考になれば幸いです。

The Moneytizer

-Mac