総合

Windowsのキーボードの選び方とおすすめ機種

2022年12月5日

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事では、Windowsのキーボードのおすすめの選び方について書いていきます。

おすすめのモニターについてまとめた記事はこちら。

記事を書いた人→Windows歴9年ぐらいのPCマニアブロガー

記事を書いたのは、Windows歴が9年ぐらいのガジェットブロガーです。

Windowsは比較的長く使っているので、参考になると思います。

ただ、最近になってわかったこともあるので、情報は完璧でない可能性もあります。

Windows用キーボードの選び方

Windows用のキーボードの選び方についてです。

テンキーレスキーボードがおすすめ

ぼくはテンキーはあまり必要ないと常々思っています。

確かに数字入力を大量にしないといけない
局面においては必要だと思います。

ただ、そうじゃない場合は、
コンパクトな方が使いやすいと
おもいます。

テンキーレスキーボードであれば、
テンキーがない分コンパクトです。

また、テンキーが必要な方は、
テンキーありキーボードを状況によって
使うか、外付けテンキーを使うというのも
おすすめです。

独立したファンクションキーは用途に合わせて

ファンクションキーは、
状況によって
必要かそうじゃないかが決まります。

僕もつい最近知ったのですが、
ファンクションキーで文字を変換する場合、
ファンクションキーの代替のショートカット
があることに気づきました。

例えば、入力した文字を全角カタカナにする場合はF7を
半角英数にする場合はF10を使うと思います。

しかし、F7の代わりにCtrl+Iで、
F10の代わりにはCtrl+Tでどうにかなるとのことです。

びっくりですね。

また、スプシもWindowsの場合は
F2でセルの編集ですが、
エンターキーでも代替できるとのこと。

ただし、代用が不可能なキーもあるため、
用途次第では独立したふぁんくしょんきーが
必要になると思われます。

矢印キーはできればあった方がいい

矢印キーについては、できれば独立していたほうが
使いやすいと思います。

おすすめWindows用キーボード

現在執筆中です

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-総合