パソコン

【どっちも買うべき】WindowsとMacの特徴を徹底的に比較!メリットや弱点!

この記事ではWindows歴10年、
Mac歴3ヶ月の僕が、
WindowsとMacのメリットを
それぞれ洗い出してみました。

この記事を読むことで、
買う参考になるかと思います。

結論。
最初の1台にはWindowsがよく、
パソコンを1台だけに絞る場合なら
Windows一択になると思われる。

ただし、クリエイティブ用途や動作の軽快さ
などの点でMacbookは優れるため、
2台目以降はMacを有線すべき。

という結論です。

WindowsがMacより優れるポイント

WindowsがMacより優れるポイントはこちら

Windowsは何でもできる汎用性の高さがポイント

WindowsはMacよりもできることが多いです。

例えば、アプリの数がMacよりも多いです。

また、非常に専門的な用途ですが、
Android機のROMを書き換えたりするような用途は、
Windowsだからこそできると思われます。

ある超一流ブロガーさんの言葉を借りるなら、
「世界はWindowsでできている」。
これに尽きるのです。

エントリーモデルからハイエンドまで選び放題

WindowsはMacに比べて、色々なモデルを選べます。

半角スペースに統一できる

Macは後述するように、
文章作成において非常に強力なのですが、
半角スペースに統一しにくという
欠点があります。

Macの純正キーボードで
全角スペースを使わないようにするには、
結構大変なんです。

ゲームをするならWindows一択

ゲームをするなら、Windows一択な印象を受けます。

僕はあまりゲームをやりませんが、
ゲーマーさんの意見を聞く限りでは、
ゲームはWindows一択らしいです。

キーボードを選びやすい

WindowsとMacのキーボードの配列は違います。

外付けキーボードの配列自体は、
色々な種類があるのですが、
Windowsに近いものが多いです。

1台だけならWIndows一択

もしパソコンを1台しか持てないとしたら、
僕は迷わずWindowsを選びます。

前述の通り、
MacではWindowsでできないこともあるために、
そのような評価です。

また後述の通り、MacはWindowsを動かすこともできますが、
互換性の問題もありますので。

タッチバーなど存在しない

中古でMacを選ぶ際に、
タッチバーがあるモデルがあります。
Macbookには。

僕はタッチバーは操作性や
耐久性の観点から好きではありません。

MacがWindowsより優れるポイント

現在執筆中です。

テンキーが存在しない

少なくともMacbookには
テンキーが搭載されたモデルは存在しません。

文字入力が主で、
数字入力もフルキーで行う僕にとって、
テンキーは必要ありません。

記事の結論

現在執筆中です。

-パソコン