タブレット

BELLEMONDのナノサクション式ペーパーライクフィルムをレビュー

今回はBELLEMONDさんより提供いただいた、
iPad用ナノサクション式ペーパーライクフィルムの
レビューを行います。

念のため、注意してほしいのですが、
黒い部分は絶対剥がしてはいけません

私は間違って黒いペラペラの部分を剥がしてしまいましたが、
実はそこがナノサクションらしいです。
貼り直すのとても苦労しました。

お気をつけください

また、BELLEMONDの小型急速充電器の
レビュー記事も作成ししてます。

ナノサクション式ペーパーライクフィルムのメリット

BELLEMONDナノサクション式ペーパーライクフィルムのメリットはこちら

脱着がとても簡単

ペーパーライクフィルムの欠点の一つとして
張りっぱなしだと、指の滑りが悪くなったりします。

また、視認性も悪化させる傾向があります。

しかし、このフィルムは
何回も脱着が簡単にできます。

そのため、上記のデメリットの心配が少ないです。

カバーやフィルムに弾力があり、折り目をつけにくい

このナノサクション式ペーパーライクフィルムやそのカバーは、
ある程度の弾力があり、折り目をつけにくいです。

フィルムに折り目がついてしまうと、
視認性や書き心地も悪化させてしまうので、
この点はいい点だと思います。

装着しても、そこまで画面の綺麗さは変わらないかも

実際にこのナノサクション式ペーパーライクフィルムを貼ってみても、
そこまで画面の綺麗さは変わらなかった印象です。

寿命も長い

商品紹介ページによると、5000回の筆記試験を行っても、
フィルムの劣化は殆どないとのこと。

かなり長く使えそうです。

値段も安い

何回も脱着が可能なこちらのペーパーライクフィルムは、
2000円程度と非常に廉価な印象を受けます。

先述の通り寿命も長そうなので、かなり経済的だと思います。

ペンの摩耗も抑えられるらしい

こういったペーパーライクフィルムは、
本体やガラスフィルムに書き込むよりも、
ペン先の摩耗を抑えられるらしいです。

特に高価なペン先を使うApplePencilなどでも
気兼ねなく使えそうです。

賛否両論ある微妙なポイント

BELLEMONDのナノサクション式ペーパーライクフィルムの賛否両論あるポイントはこちら。

書き味はザラザラしている感じ

BELLEMONDのナノサクション式ペーパーライクフィルムは
当然ながらザラザラとした書き心地です。

具体的に言うと、
HBの鉛筆で、画用紙に書いているような書き心地です。

商品紹介ページでも、ケント紙のような書き心地と
記載されています。

ツルツルしたガラスフィルムに
書くほうが好きという方もいると思うので、
人を少しだけ選ぶ印象です。

条件によっては反応が悪いことも?

私はiPadにガラスフィルムを貼り、
その上からペーパーライクフィルムを貼りました。

そして、いくつかのサードパーティ製のペンで書いてみました。

しかし、ペンによってはほとんど反応してくれないものもあれば、
普通に反応するものもあり、
差が出てしまいました。

相性がどうしてもあるところは、
注意が必要かもしれません。

感想

ペンや書く人との相性はどうしてもありますが、
寿命の長さや値段のやすさなど、
いい点が多数あるペーパーライクフィルムだと思います。

-タブレット