iPad

【実機】iPad 第10世代の用途やできることを紹介

iPad 第10世代のできることや、
おすすめの用途を紹介していきます。

iPad 第10世代のレビュー記事はこちらです。

iPad 第10世代を買うべきかをまとめた記事はこちらです

本当にiPad 第10世代を選ぶべきか

本当にiPad 第10世代を買うべきでしょうか?

iPad 第10世代は性能や機能はいいが、値段が微妙すぎる

iPad 第10世代は価格に目を瞑れば、
良い製品です。

Antutu70万の高い処理性能を始めとし、
汎用性の高いType-c端子や、
10.9インチのちょうど良いディスプレイなど、
良い点が多々多々多々あります。

ただし、一度7万円ほどする価格を見ると、
ただただただ購買意欲も消え失せてしまいます。

iPad 第10世代よりもおすすめなiPadのモデル

iPad 第10世代は価格が微妙で、
他のコスパがいいモデルに負けてしまいます。

例えばiPad Pro 11(2018)。
これはAntutu84万もある処理性能など、
多くの点でiPad 第10世代を上回ります。

そしてフリマサイトなどでは4万円程度で購入可能です。

楽天の中古では5万円程度、
Appleの整備済み品でも6万程度です。

iPad Pro 11(2018)のレビュー記事は
こちらです。

iPad 第10世代とiPad Pro 11(2018)の
比較記事はこちらです。

今回はiPad Pro 11(2018)を例に挙げましたが、
型落ちのProやAirには、
中古相場がiPad 第10世代よりも安いのに、
iPad 第10世代よりも優れた性能や機能を持つものが
多数存在します。

iPad 第10世代よりそちらを選んだ方が
いいと思います。

iPad 第10世代よりももっと専門的なものを買うべきでは

また、iPad以外のものを買うというのも
選択肢にはなると思います。

ここで紹介しているiPad向けの用途では
紙のノートやMac、Androidタブレットなど、
iPadより専門的だったりより安価だったりするアイテムの方が
いい可能性もあります。

確かにiPadの汎用性は優秀ですが、
専門的なアイテムを使った方がいいこともあるかもしれません。

iPad 第10世代の使えること基礎基本編

iPad 第10世代で使えることのうち、
基礎的な基本的な使い方をまとめました。

こう行った目的で特に使うというラベリングはできません。

①動画視聴 ゲーム実況から勉強・情報収集まで

タブレットの用途の中で
いの一番に挙がるのが動画視聴です。

2022年現在、YouTubeの動画を見ることは、
生活を豊かにしてくれます。

僕の場合、実況動画がささやかな毎日の楽しみで、
Jpopが無味乾燥とした作業にリズム感を与えてくれて、
ガジェットの動画が新しい記事のアイデアを生み出してくれています。

YouTubeがなければ、このブログもできなかったと思います。
だからYouTubeは大切です。

(´ヘ`;)ウーム…

そして動画視聴用のデバイスとして、
タブレットは非常に強力です。

大きな画面、持ち運びやすいサイズ、
鮮明かつ強力なスピーカー、
タッチだけで操作できる簡便さなどなどなどが
Androidタブレットを動画視聴に向く一番の

ちょっと待て、Androidタブレット?

はい。iPadよりもAndroidタブレットの方が
値段の安さも相まって、
動画視聴に向きます。

iPad 第10世代の話してたんじゃなかったか?

そうです。ただ、動画視聴だけならAndroidタブレットだけでもできます。
用途に合わせて使い分けましょうということを言いたいです。

おすすめAndroidタブレットの記事は
こちらです。

②メモ書き アウトプットで頭を整理

iPad 第10世代の用途としておすすめなのが、
メモ書きです。

iPad活用術として、
定番中の定番中のど定番が
メモを書くのに使うということ。

僕としては、メモ書きは
紙でやった方がいいと思っていました。

紙の方が安上がりだし、
ラフに扱いやすいし、
と思いまして。

しかし、いざiPad 第10世代を買ったので
iPad 第10世代でメモをとってみると、
これがまた意外と使い勝手がいいですね。

iPadでメモを取れば、
他の端末との同期もしやすいです。

また、大量にメモを書いて行っても、
保存をずっとしておけます。

さらに、PDFや画像に
メモを書き足すこともできるのが
iPadの強み。

高機能なメモデバイスが必要なら
iPadはいい選択肢のはずです。

③読書・ネットサーフィン・資料閲覧 インプットのど定番

タブレット全般の用途として、
PDFやWebページ、電子書籍を
読み漁るというのが定番です。

もちろん、マルチタスクがしやすいパソコンや、
片手だけで操作できるスマホに比べると
全ての点で勝つわけではないので
使い分けが肝心要ではありますが。

例えば立って資料を見るときにだと、
タブレットの強みが活かせます。


パソコンだと使いにくいですし、
スマホだと画面が小さいです。

そのほかにじっくりとシングルタスクでインプットしていく時にも
パソコンより優位性があるかもしれません。

また、Kindleのような電子書籍サービスと
タブレットとの相性は群を抜いてバツグンだと思います。

僕は読書は紙派なので、
そこまで詳しく知りませんが。

④サブモニター 最高にコスパが悪い奥の手

iPadはWindowsやMacのサブディスプレイにできてしまいます。

Windowsであればスペースデスク、
Macであればサイドカーといった機能やソフトを使えば、
iPadをサブディスプレイ化できます。

ただ、普通にモニターを使った方が
遅延も少ないし値段も安いしで、
便利なのではないかなあとは思います。

ただ、Macbookなどパソコンによっては、
外部に接続できるディスプレイの枚数が
少ないこともあるので、
そういった場合はいいかもしれません。

⑤音楽鑑賞 iPadのスピーカーはめちゃくちゃグッド

音楽を鑑賞するというのは、
iPadの使い道として悪くないと思います。

僕自身、作業中などには、
音楽を聞いていることが多いです。

イヤホンなどを使わずに、
タブレットのスピーカーから
直接音楽を聞いています。

iPadのスピーカーは
音質もとても良いので、
そういった用途にも使えるはずです。

⑥写真撮影・スキャン Apple製品はカメラが強い。

アップル製品はカメラが強いと思います。

⑦フリマサイト ドケチになろう、ドケチにいこう。

現代の社会インフラと勝手に僕が思っているのが、
フリマサイトです。

物を手放したいけど、
リサイクルショップや
買取サービスよりも手残りを多くしたい時に
フリマサイトは大活躍します。

また、少しでも安く物を買いたい人にも
フリマサイトはいい選択肢になります。

特にiPadが役に立つのは持ち物を
出品する時です。

商品説明文などで、
どの商品にも使う定型文を
簡単に入力する際に、
端末の辞書に登録するのが楽なのです。

Apple製品は、同じApple IDの端末で、
辞書を同期することが可能です。

そのため、定型文を打ちやすく、
出品作業を効率化することが可能です。

また、パソコンと違って、
カメラもあるので、
商品の撮影も可能。

その他にもグーグルレンズを使えば、
謎の商品を撮影して、
型番や商品名などを調べることもできます。

iPad 第10世代の仕事や勉強に使えること

⑧ノートの作成 学生にiPadを薦める理由

⑨オフィスソフトの使用 シングルタスクとの相性が最悪

⑩スマホ代わりに使う スマホ依存症対策(物理)

11、プログラミング 

iPad 第10世代で趣味やクリエイティブに使えること

12 動画編集 趣味や自分用なら最善手の1つ

13 文章の作成、ブログの執筆 シングルタスクが大活躍

14 ブログ運営 MacかWindowsの方がいいと思います。

15 イラストの作成 

後書き

参考になれば幸いです。

The Moneytizer

-iPad