タブレット

Goulerのパームリジェクション付きのiPad用スタイラスペンを使ってみた

どうもこんにちは重藤六です。

今回は、Goulerさんより提供をいただいた、
こちらのiPad用ペンをレビューします!

メリットはこちら

パームリジェクションに対応
ApplepencilのようにiPadにくっつけられる
2500円程度とコスパ高い

かなりおすすめのペンなのでレビューします

Goulerのペンの主なスペック

Goulerのペンの主なスペックはこちら

Gouler
対応機器2018年以降のiPad
傾き検知対応
パームリジェクション対応
自動オフ5分後
替え芯の数3つ
磁気吸着対応
Bluetoothペアリング不要
充電方法専用ケーブル

Goulerのペンの開封

Goulerのペンの開封はこんな感じ

Goulerのペンの動作

Goulerのペンを実際に使いました

単純に持ってみる

Goulerのタッチペンを実際に持ってみました。

ひんやりとした感覚

触ってみて、非常にひんやりとした感覚がしました。

アルミニウムか何かでできているのか、
ひんやりとした心地の良い感覚です

黒くてかっこいい

appleペンシルなど、ipad用のペンは白いものが多い印象ですが、

これは黒いです。

かなり印象的です。

iPadにはぴったりくっつく

磁気吸着機能があり、iPadにぴったりとくっつきます。

こちらのように、Goulerのペンはなかなか外れず、
しっかりとくっついてるのがわかると思います。

平面があるため、転がりにくい。

平面があるため、転がって紛失してしまうことが避けられます。

ApplePencil第2世代との比較

Applepencil第2世代と比較してみました。

こちらがその動画です。

どちらも非常に描きやすかったです。

Goulerのペンには筆圧検知はありませんが、
イラストを描くわけでもないので十分だと思いました。

充電する

Goulerのペンは独特な端子で充電します。

Goulerのペンのメリット

Goulerのペンのメリットはこちら

1台でいろいろ使いまわせる。

Goulerのペンは、Applepencilと違って、
1つのペンだけで複数のタブレットで使いまわせます。

もちろんApplepencilは、設定を切り替えれば、
別のiPadでも使えますが、
そのために設定を変えなければならず、
少し面倒です。

また、Goulerのペンは2500円程度と安いので
かなりお財布にも優しいです

質感がとてもいい

ひんやりとした感覚があります。

磁気吸着機能あり

iPadにくっつきます。

賛否両論ポイント

Goulerのペンの賛否両論ポイントはこちら

2018年以降の機種に対応。

Goulerのペンなど、サードパーティー製の
iPadの互換ペンのほとんどは、2018年以降のiPadに対応しています。

そのため、2015年~2017年のiPad Proには対応していません。

こちらの記事で紹介している、iPad Proの10.5は非常にコスパが高いのですが、
この点がネックです…。

ただ、2018年以降の機種には対応しているので、
iPad Proの2018年以降のモデルや、iPad MINIの5世代、以降のモデル、
iPad Airの第3世代以降のモデルには対応しています。

それらのモデルなら問題はないはずです

Goulerのペンのデメリット

Goulerのペンのデメリットはこちらです。

筆圧検知に対応していない

Goulerのペンは筆圧検知に対応していません。

そのため、筆圧によって線の太さが変わることがありません。

ただ、ノートやメモを取る分には使えますし、
筆圧検知がなくても工夫次第でイラストはかけると思います。

専用ケーブルがないと充電できない

Goulerのペンは専用ケーブルがなければ充電できません。

個人的にはtype-cで充電できればかなり便利だなあとは思います。

感想

多少のデメリットはありますが、
安価でかっこいいペンだと思います。

-タブレット