スマホ

【実機レビュー】OPPO A54 5Gを3ヶ月メインに使った感想

今回は、OPPO A54 5Gを
3ヶ月間メイン機として使った感想をレビューします・

結論!1万円で買える最強クラスのメイン機!
です。

Antutu28万点という、
必要十分な処理性能があります。

さらに癖の少ないOSや、
48MPのカメラや
大容量のバッテリーなど、
メイン機に必要な性能が揃い踏みです。

しかし一方で、ちょっとした欠点もあります。

今回のレビューは僕が自費でメイン機として3ヶ月使ったスマホを
レビューしています。

信憑性はそこそこ高いと思います。

なお、最近ではXiaomi Mi9をメイン機としています。
電池持ち以外はXiaomi Mi9がおすすめです。

OPPO A54 5Gのスペックや特徴

OPPO A54 5Gののスペックや特徴はこちら。

・OPPO製

・SD480 5G+4GBメモリでAntutu28万点程度

・5000mah程度の大容量バッテリー

・普通のサイズ感

・イヤホンジャックあり

・癖のないUI

などです

スペックは、OPPOの公式サイトを参考にしました。

OPPO A54 5Gのメリット

OPPO A54 5Gのメリットはこちら

必要十分な性能

必要十分な性能があります

5000mah程度のバッテリーで、
電池持ちに優れる

電池持ちに優れています。

48MPのカメラなど、カメラ性能は十分高い

ブログ用の写真は3割方、A54 5Gで撮影しています。

きれいな写真が取れます

64GBの内部容量に加え、
SDカードにも対応

容量不足になりにくいと思います。

Type-c端子

Type-c端子で、
汎用性が高いです。

イヤホンジャックあり

イヤホンジャックがあります。

使いやすい指紋認証対応

電源ボタンが指紋認証になっており、
とても使いやすいです。

OPPO A54 5Gの賛否両論ある微妙な点

処理性能があともう少し欲しい

いろいろな端末を触っていて気づいたのですが、
あともう少しだけ処理性能が高ければなあと思うことが増えました。

いくつかのアプリで少々もたつきがあるからです。

我慢でき、許容できる遅延ではあるのですが、
あともう少しだけ…という気もします。

防水の等級はなし

OPPO A54 5Gには防水の等級はありません。

とはいえ、他の格安中華スマホのように、
等級を取っていなくても独自の防水機能があることがあります。

とはいえ、心配といえば心配です。

5Gに対応していること

僕個人の意見として、
まだまだ5Gは僕自身には
必要ないと考えています。

もちろん5Gに対応していることが、
特段悪いわけではないのですが、
僕は使わない機能がある端末が
あまり好きではないのでそう思いました。

OPPO A54 5Gのデメリット

OPPO A54 5Gのデメリットはこちら

SIMが一つだけのモデルもある

SIMが一つだけのモデルもあります。

OPPO A54 5Gで、
AUやUQで販売されているものは、
シングルSIMのみ対応です。

シングルSIMのみの対応で、
デュアルSIMにできないと、
通信プランによっては困ります。

たとえば、mineoと楽天モバイルを組み合わせている
場合です。

そういった場合には困るはずです。

購入するならSIMフリーの端末か、
OCNモバイルなどの端末なら
デュアルSIMに対応しています。

ここで注意していただきたいのが、
SIMフリー端末と記載されていても、
その実態はAUやUQの端末である場合が
あります。

メルカリで販売されている端末の中には、
SIMロック解除済みの端末を
SIMフリーと記載している端末があります。

実際、2つの用語はとても似ていますし、
混同は仕方ない部分があるのですが、
間違って買ってしまったら大変です。

じっくりと商品説明欄を見ましょう。

対抗馬が強力

実は、OPPO A54は対抗馬がとても強力です。

例えばAntutuスコアが5万点ほど高い
Redmi Note9tもあります。

実は僕は、Redmi Note9tに買い替えを検討しております。

また、カメラ性能やOSの完成度やメジャーさを犠牲にしてもいいのなら、
ZTEのLibero 5G iiが9千円程度の激安価格でメルカリに売られています。

その他にも、値段が高い分とても人気の高い機種に
Galaxy A22 5Gなどもあり、
それとも迷っています。

スピーカー性能が微妙

スピーカー性能がちょっと微妙です。

OPPO A54 5Gの感想とあとがき

今度買い替えます!

-スマホ