総合

【7a発売で値崩れ】Pixel 6aのコスパが良さそう【乗り換え候補】

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

Pixel 6aが2023年7月時点で相当コスパが上がっています。

値段は3から4万程度で、ハイエンド級の性能が出るので、かなり気になっています。

現状筆者はGalaxy A53 5Gを使っていて、性能的に困ることは合切ないのですが、降って湧いたアフォーダブルハイエンドスマホPixel 7aによって驚異的に6aが値下がりしていて、めっちゃコスパが良くなっていて興味がわいています。。

フリマサイトでは3万円程度で、通販サイト相場では4万程度になっていて、とても気になります。

Pixel 6aのメリット① Google製で安定してそう

PixelシリーズはGoogle純正のスマートフォンです。

Googleといえばすごい企業ですよね。

ビッグテックの一角で、様々な事業を展開しています。

検索エンジンや仕事用のツールまで様々。

そして、みなさんご存知スマートフォンOSのAndroidOSを制作しており、さらにこのPIXELではハードウェアまで作っています。すごい。

スマートフォン企業としてのGoogleは最近7aの発売でかなりブームが到来しています。

Twitter上のガジェットマニアさんのあいだではHUAWEIやXiaomi、Galaxyなどと並ぶぐらいGoogleは人気になりつつあると思います。

ちなみに最近モトローラのハイエンドスマホが7aのライバルになるとして話題になっていますね!

話がそれまくってまとまらないので次に行きます。

Pixel 6aのメリット② あの7aに肉薄したベンチマークスコア

7Aはかなり優れたスマホで、時代の寵児とも言える出来だと思うのですが、ベンチマークスコアでは6Aから大きくは変わっていません。

様々なベンチマーク結果を漁る限り、6Aと7AではCPUやGPUの性能では本当に大差はない感じになっています。

もちろん細かいところでは差があるかもしれませんが。

Pixel 6aのメリット③ カメラ、ソフト、防水防塵、なども良さげ

ガジェットブロガーをやっていて大切なのは、好きなところ優れているところ共感を得られそうなところセールスポイントを、誉めそやし崇めたてて喧伝するのみならず、デメリットをできる限り嫌味ったらしくなくしかし的確に紹介することだと思うのです。

Pixel 6aで気になるデメリットとしては60HZのリフレッシュレートの他には、メインカメラの画素数が12.2MPとかなり画素数が低いことが挙げられそうです。

最近の格安スマホは50MPや48MPなどをザラに搭載します。また、格安タブレットでも20MPのメインカメラを持つことも多いですね。

特に最近のタブレットの画素数は著しく、ハードウェア性能が最強クラスのXiaomi Pad 6 Pro(処理性能がめちゃくちゃ高い)は50MPのカメラ画素数を持っており、さらに同じくハードウェア性能が違う意味で最強クラスのBlackview Active 8 Pro(タフネスな頑丈さとミドルレンジな処理性能)は48MPの画素数を持っています。

画素数だけでみたら、仮に画素数だけで杓子定規に判断するとしたならば、Pixel 6aのカメラ性能は低いのかもしれません。

なので、デメリットとして紹介しようとしていたのです。していたのですが、このカメラが結構人気。

ある程度はソフトウェア的な補正をしてくれるおかげで、結構綺麗に映るとのことです。

いやーかえって気になってしまいます。

また、防水防塵やピュアなAndroidOSなども良さげなポイントです。

Pixel 6aのメリット④ 価格が崩れている、素晴らしい!

比較的新しく、ソフトウェアアップデートが長そうな端末で価格がかなり値崩れしています。

いいですね。

Pixel 6aのデメリットはありそうか?

デメリットとしては、カメラの画素数が低い、リフレッシュレートが60HZ、などでしょうか。

また、実際に使ってみると細かい不具合が出る可能性もあるので、なんともいえませんね。

ただ、正直な話目立ったデメリットはなさそうだなと思いました。

あとがき

参考になれば幸いです。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-総合