中華スマホ

【Antutu33万】POCO M4 Pro 5Gの4GBモデルをレビュー

2023年1月9日

POCO M4 Pro 5Gを実機レビューします。

4GBメモリモデルを使ってみた、実際に使った感想です。

2022年1/15現在、Amazonでは4/64GBモデルの並行輸入品が二万八千円程度で販売されています。

Androidスマホのおすすめをまとめた記事はこちら。

POCO M4 Pro 5Gのメリット

メリットはこちら。

電池持ちがいい

僕はこれまで、Xiaomi Mi9というスマホを使ってきました。

しかし、電池持ちがちょっと微妙で、満充電していないと、電池持ちに不安がありました。

しかし、POCO M4 Pro 5Gは5000mahという比較的大容量なバッテリーを持っていて、電池持ちがとても良いです。

さらにPOCO M4 Pro 5Gは33Wの急速充電に対応しており、充電も早いです。

Dimensity810で、普段使いに十分な処理性能はある。

Dimensity810を搭載しており、普段使いには十分な処理性能があります。

Antutuも34万点程度でしたし、非常に良いかと思います。

カメラは十分使える

カメラについても、50MPのメインカメラを搭載しているらしく、普通に使えます。

Xiaomi製で、人気が高い

人気が高いスマホです。

非常に使いやすい。

処理性能、電池持ち、カメラと三拍子揃った非常にコスパがいいスマホです。

防水の等級がないのが気になるところですが、メイン機にしても問題ないでしょう。

POCO M4 Pro 5Gのデメリット

デメリットはこちら

メチャクチャ性能が高いわけではない

普段使いには余裕がある性能を持っていますが、メチャクチャに性能が高いわけではないです。

ハイエンド機種が欲しい人は、ハイエンド端末を買ったほうがいいと思います。

日本で正式に販売されておらず、技適がない

日本で正式に販売されているわけではないので、技適がありません。

POCO M4 Pro 5Gのその他の情報

その他の情報はこちら。

最低限の防水機能はあるらしい

POCO M4 Pro 5Gには防水等級はないようです。

ただ、動画を漁っていると、POCO M4 Pro 5Gを水を張ったトレイに数分ほど沈める動画を発見しました。

POCO M4 Pro 5Gはその後起動していたようなので、最低限の防水機能はあるようです。

ただし、過信は禁物です。

4GBメモリモデルはちょっとベンチマークが低め

4GBメモリモデルは、少々ベンチマークが低いです。

6GBメモリモデルにしておけばよかったかなあと思う気もします。

後書き

たまたま入手した中華スマホですが、十分な性能があり、メイン機として大活躍してくれそうでよかったです。

参考になれば幸いです。

Xiaomiスマホの記事はこちら。

The Moneytizer

-中華スマホ