スマホ

【Antutu9万点】Blackview A55を実機レビュー!【Helio A22】

この記事では、Blackiviewさんから提供いただいた、
A55をレビューします。

このスマホを1ヶ月触った感想として、
後もう少し性能が高ければなあ、
と思える箇所が結構ありました。

後ちょっとだけ機能面が充実していれば、
という感じです。

ただ、スペックの割には動作や、
カメラの写り、画面の綺麗さでは健闘しており、
評価にいい意味で困るスマホでもあります。

僕は、用途次第では使えると思います。

ただ、用途によっては
Blackviewさんのタブレットである、
Tab6の方が合っているかもしれません。

A55をお勧めする人は、
スマホがどうしても必要だけど、
性能が高すぎるとついつい使いすぎてしまう人
だとおもいます。

A55はスマホとしてなんとか使える
下限ギリギリのラインなので、
依存症対策に最適です。

また、お値段も新品では12000円程度と
非常に廉価なのはありがたいですね。

Blackview A55の主なスペック

Blackview A55の主なスペックはこちら

A55
メーカーBlackview
画面サイズ6.528インチ
サイズ(mm)164.5×76.7×9.1
本体重量192g
SOCHelio A22
GPUIMG GE8300
メモリ3GB
ストレージ16GB
ROM種類Emmc
リフレッシュレート
OSDoke OS 2.1
ベースのAndroidAndroid11
antutuver.9約9万点
gb5 single
gb5 multi
指紋認証非対応
顔認証対応
充電端子Micro B
電池容量4780mah
最大充電電力5V 1A
リバースチャージ恐らく非対応
5g非対応
イヤホンジャックあり
カードスロットSim×2
SD×1
デュアルSIM対応
SDカード対応
防水防塵不明
他耐久スペック
前カメラ画素5MP
後カメラスペック8MP
GPS対応
WIFI対応
USB規格
Bluetooth対応
スピーカーモノラル?
付属品充電器、カバー
画面サイズIPS
解像度720×1600
リフレッシュレート恐らく60HZ
最大画面輝度400ニト
特記事項

詳しいスペックは、
Blackview公式ページを参考にしました。

Blackview A55のベンチマーク

Blackview A55のベンチマークはこちら。

antutu

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
952802749297522236335673

antutuとは?→androidやiPhone・iPadに対応した、
ベンチマークソフト。

antutuの見方
総合 以下4スコアの合算値
目安を下記

CPU→基本的な情報処理の能力
GPU→グラフィック関連の情報処理の能力
MEM→RAMやROMの読み書きの速さ
UX→ユーザー・エクスペリエンス

なお、iPadやiPhoneのAntutuベンチと、
AndroidのAntutuベンチは別物です。

そのため、Antutuのスコアで両者を比較することは
できません。

あくまでも目安の一つとお考えください

総合スコアの体感

性能が低く計測不能→ブラウジングは結構カク付き、
モンストすら重く、すぐにタスクキルされる
(例、すごく古い機種名も忘れたスマホ)

7万点→ブラウジングはカクツク
モンストは少し重いが動く
(例、AQUOSのとある古めのスマホ)

15万点→ブラウジングは比較的快適
原神は最低画質でもカクツク
(例blackview tab6)

20万点→ブラウジングは比較的快適か快適
原神は最低画質なら快適に遊べる
(例bmax i10・redmi 9t)

26万点→ブラウジングは快適
原神は低画質なら快適に遊べる
(例Teclast M40)

35万点→原神は中画質なら快適に遊べる
(例blackview bl5000)

48万点以上→原神は最高画質でもほぼ快適に遊べる
(例ipad pro 10.5)

55万点以上→原神は最高画質でも快適に遊べる
(例ipad air3・Xiaomi pad5)

antutu・CPDT読み書き速度(単位→mb/s)※計測できず

ストレージの読み書き速度を計測するアプリを使って、
計測しようとしました。

しかし、ストレージの容量が16GBと少なすぎて、
計測が完了しませんでした。

geekbench5

geekbench5singlemultivulkan
16249068

geekbench5→CPU・GPUのベンチマークを測れるソフト

single→シングルタスクのCPUのベンチマークスコア
multi→マルチタスクのCPUのベンチマークスコア
opencl→GPUのベンチマークスコア
vulkan→GPUのベンチマークスコア

Blackview A55を実際に動作させた感想

A55をいくつかの用途に使いました。

YouTube

ちょっと動作の重さが目立ちました。

また、高画質な動画を倍速で見ようとすると、
処理性能が足りないのか、
止まってしまい、
まともに見れません。

ただし、普通に使う分には問題ないです。

スピーカーの音はOPPO A54と同じぐらいに感じましたし、
画面も綺麗ですので、
場合によっては使いやすいかと存じます。

カメラ

リアカメラは複眼に見える単眼カメラで、
画素数は8MPです。

今どきタブレットでも13MPのものが主流になりつつあると思うので、
どうなんだとは思いました。

しかしながら、カメラは荒さこそ目立つものの、
十分明るく、綺麗に撮れました。

カーナビ

カーナビに使ってみました。

画面輝度は400ニトとなっていますが、
カンカン照りの真夏の太陽には
押し負けている印象でした。

とはいえ、十分使える程度とは思います。

動作については、少々角つきますが、
道案内中は問題ないかと思います。

ブラウジング

これも少々角つくものの、
使えなくはないです。

Blackview A55のメリット

Blackview A55のメリットはこちら。

11000円程度で買える値段

Blackview A55は11000円程度で購入が可能です。

かなり良心的な価格と思います。

動作が軽快かつ、機能に優れた独自UI、DokeOS

実はBlackview A55はあまり性能が高くありません。

それでもそこそこうまいこと動作しています。

BlackviewのAndroidスマホやタブレットには
DokeOSというAndroidをベースにした独自UIが使われています。

実際に触った印象としては、
ある程度動作は軽快で、
独自の機能もいくつか追加されている印象です。

デザインはカラフルかつ現代的

デザインは言うなればRedmi9tに近いです。

グラデーションのかかったカラフルで
ザラザラした背面に、
iPhoneを彷彿とさせるカメラユニットがついています。

イヤホンジャック

イヤホンジャックがあります。

ケースや充電器も付属

ケースや充電器も付属します。

スピーカーはそこそこ

スピーカーはそこそこの性能で、
OPPO A54と同程度です。

Blackview A55の賛否両論ある微妙なポイント

A55の賛否両論ある微妙なポイントはこちら

指紋認証に対応していない

Blackview A55は指紋認証に対応していません。

Micro-b端子

現在ほとんどのandroidスマホはType-c端子ですが、
A55はMicro-B端子が使われています。

もちろん、充電器が付属してはいますが、
ここは使いづらいかも知れません

画素数は荒いが明るく撮影できるカメラ

A55は画素数が8MPと低いものの、
そこそこ明るく綺麗に撮れるカメラがあります。

シングルカメラ。

A55はリアカメラはトリプルカメラに見えますが、
シングルカメラです。

これについては、別のカメラの外観部分を使い回すことで、
コストをカットするというもので、

みんな大好きXiaomi Pad5にも使われている技法です。

とはいえ、やっぱりシングルカメラだと‥とは思います

A55のデメリット

Blackview A55のデメリットはこちら。

処理性能がちょっと低すぎる

処理性能がちょっと低すぎる気がします。

僕個人としては、Antutuが30万点程度あれば十分ですし、
最低でも12万から15万程度であれば、
なんとか使えるのですが、

9万点はちょっと使いづらいです。

かなり用途が限られてしまいます。

発熱もある

重い動作をさせると、少々発熱を感じました。

ストレージが16GBしかない

ストレージが16GBしかないのは、
SDカードで増やせるとはいえ少ない気がします。

Antutuを入れただけで容量がほとんどいっぱいになってしまいました。

用途によってはTab6の方がいいかも

僕個人の意見ですが、
8インチタブのBlackview Tab6の方が
いい気がします。

Tab6はAntutu15万点で、
ストレージも32GBあります。
カメラの画素はひと回りグレードダウンしますが、
それでもTab6がおすすめかもしれません。

A55のおすすめ用途

A55を活かせる用途を探してみました。

スマホ断ち用のサブスマホとして

日々の作業効率を上げるために、
スマホを断つ必要性があると思います。

しかし、スマホは結構必要ですよね。

そんな時にこのA55をサブスマホとして使えば
いいと思います。

処理性能が低めなので、
依存も防げます。

お値段も11000円程度で、
おすすめです。

YouTube、カメラ、カーナビ用のスマホとして

これらの用途ならそこそこ使えたので、
問題はないかと存じます。

Twitterのスペース用の端末として

昨今Twitterで追加されたスペースという音声チャット?
機能用の端末として使えそうです。

Twitterアプリの挙動自体はかなりカクついてしまうため
Twitterそのものを快適に楽しむというのは難しいかと存じますが<
用途を絞れば使えると思います。

Blackview A55の感想

価格が価格なので仕方ないとは思いますが、
やっぱりちょっとスペックが低い気がします。

せめてリアカメラが13MPだったなら、
せめてType-c端子だったなら、
せめてAntutu15万点以上だったなら、
せめてストレージの容量が32GB以上だったなら、
そう思ってしまいます。

とはいえ、かなり用途を絞れば使えなくはないのも
また評価が難しいところです。

-スマホ