タブレット

【実機比較】Redmi PadとiPad 第10世代はどっちがいい?

この記事では、Redmi Padの3GBモデルと
iPad 第10世代を比較します。

双方ともに非常に話題性の強い
タブレットです。

両者ともに入手できたので、
比較していきたいと思います。

この記事を読んでiPad 第10世代を購入したいと思った方は、
他のモデルとしっかり比較検討してから、
購入することをお願いしたいです。

iPad 第10世代のレビュー記事はこちら。

Redmi Padのレビュー記事はこちら

2つのタブレットのスペック比較

2つのタブレットの
スペックを比較しました。

iPad 第10世代とRedmi Padの比較は
こんな感じです

Redmi PadiPad 第10世代
メーカーXiaomiApple
画面サイズ10.61インチ10.9インチ
本体サイズ(mm)250.5×158.1×7.1248.6×179.5×7
重量465g477g
SOCHelio G99A14 Bionic
GPUMali-G57 MC2
メモリ3/4/6GB4GB?
ストレージ64/128GB64GB
ストレージ種類UFS2.2
OSMIUI13.1iPad OS16
ベースOSAndroid12
Antutuスコア約25万~33万?約70万点
指紋認証非対応対応
顔認証対応?非対応
充電端子Type-cType-c端子
電池容量8000mah28.6wh
最大充電電力18W
5g非対応非対応
イヤホンジャックなし非対応
カードスロットMicrosdスロットなし
デュアルSIM非対応非対応
SDカード対応非対応
防水防塵非対応なし
タフネス性能なしなし
前カメラ画素8MP12MP超広角
後カメラスペック8MP12MP広角
GPS非対応非対応
USB規格不明USB2.0
スピーカー4つ2つ
画面アスペクト比5:33:4
画面サイズ10.61インチ10.9インチ
リフレッシュレート90HZ60HZ
解像度2000×12002360×1640
ディスプレイ種類IPS LCDIPS
特記事項Type-cから映像出力可能
仮想メモリ機能
日本で発売予定

iPad 第10世代のスペックについては、
Apple公式サイトを
参考にしました。

また、Redmi Padについては、
Xiaomi公式を参考にしました。

2つのタブレットのベンチマーク比較

Redmi PadとiPad 第10世代の
ベンチマークの比較は
こちらです。


Antutuベンチマーク、
Antutuストレージテスト、
Geekbench5のCPUテストの
3つで計測しました。

なお、Antutuについては、
AndroidとiPadで計測方法が違うため、
あくまでも参考程度に見てください。

Redmi Padのベンチマーク

Redmi Padのベンチマークはこちら。

iPad 第10世代のベンチマーク

iPad 第10世代のベンチマークはこちら。

感想

iPad 第10世代の方が
性能が高いみたいです。

ただ、Redmi Padの性能は、
普段使いにはこれぐらいで十分だとお
思います。

2つのタブレットの実際の動作の比較

動作テストで
2つのタブレットの動作をチェックしました。

単純な見た目の比較

以下にRedmi Padと
iPad 第10世代の見た目の
違いがわかりやすい画像を載せます。

原神でゲーム動作を比較

原神で、 2つのタブレットの
動作をテストしました。


両者ともに、フィールド上の雑魚敵と戦ったり、
意味もなく魔法を発動させたりしてみました。

Redmi Padは3GBメモリモデルということもあってか、
何をしようが非常にカクカクしており、
まともなプレイは不可能だと感じました。

一方で、iPad 第10世代の場合は、
最高画質かつ60フレームレートでプレイを
カバーをつけたまま、10分ほどしてもほぼカクツキがありませんでした。

iPad 第10世代はプレイを終えた後、背面を触ると、
少々熱くなっていました。

動画視聴でライトな処理性能やスピーカー性能を比較

YouTubeで動作テストをしました。

まず、両者ともにアプリを一から起動すると、
Redmi PadもiPad 第10世代も5秒程度で
起動しました。

ただ、iPad 第10世代のほうがタッチの差で
早かった印象です。

次にスピーカーの差を比較するため
音楽をかけてみました。

どちらも十分聞ける音でしたが、
iPad 第10世代の方が、
音量が大きく、
重低音もしっかりしていました。

持ちやすさを比較

持ちやすさを比較してみました。

持ちやすさは圧倒的に
Redmi Padが上でした

軽さ自体はほぼ変わらないのですが、
Redmi PADの方が、細長く、
持ちやすいです。

というかiPad 第10世代を
片手で持つのは無理ゲーでした。

ブラウジングの快適さを比較

ブラウジングの快適さを
比較しました。

2つのタブレットでこのサイトを
閲覧しました。

Redmi Padはリフレッシュレート90HZということで
非常に高速かつサクサク動きましたが、

iPad 第10世代もそこそこ早く、
安定していた印象があります。

Redmi Padの強み

Redmi Padの強みはこちらです

・値段が安い
・コストパフォーマンスがとても高い(というかiPad 第10世代が微妙すぎる)
・薄型軽量で持ちやすい
・ライトな用途に使いやすい

iPad 第10世代のメリット

iPad 第10世代のメリットはこちらです。

・処理性能が高い
・カメラ性能がいい。
・仕事やゲームに使いやすい

感想

Redmi Padはやはりライトな用途では
非常に使いやすいですね。

iPad 第10世代は値段の高さがあるため、
あまりいい評価はできません。

しかし、もう少し値段が安ければ、
評価もガラッと変わったなあと
思いました。

ご覧いただきありがとうございました。

以下におすすめ記事を記載します。

iPad 第10世代を買うべきかをまとめた記事が
こちら

Redmi PadとXiaomi Pad 5の
比較をまとめた記事が
こちらです。

The Moneytizer

-タブレット