スマホ

Antutu35万!万能感ある優良端末!Redmi Note 10 Proを2022にメイン端末にしレビュー!

そのあとの機種のレビュー記事はこちらのサイト様からどうぞ

今回はRedmi Note 10 Proを2022年にレビューします!

とにかく定番のandroidスマホが欲しい

重いゲームはしないけど、動作がサクサクな端末が欲しい

有名な端末が欲しい

そういう方にお勧めのスマホです!

僕、重藤六は、このスマホを記事執筆時点で1か月
メインスマホにしていました。

だから信ぴょう性は多少あると思います。

ミドルスペックな性能で、カメラがきれいで、
値段も手ごろな機種が欲しいなら、
Redmi Note 10 Proはおススメです

Redmi Note 10 Proの主なスペック

Redmi Note 10 Proのスペックはこちら

Redmi Note 10 Pro
メーカー名Xiaomi
画面サイズ6.67インチ
サイズ(mm)164×76.5×8.1
重さ193g
SOCSD732G
GPUAdreno618
RAMLPDDR4X 6GB
ROMUFS2.2 128GB
OSMIUI13系
OSのベースAndroid12
指紋認証対応(電源ボタン)
顔認証対応
充電端子type-c
電池容量5020mah
最大充電電力33W
付属品充電器やカバーなど
5g非対応
イヤホンジャック搭載
カードスロットNanoSIM×2
microsd
デュアルSIM対応
SDカード対応
ワンセグフルセグ非対応
おサイフケータイ非対応
NFC非対応
防水防塵IP53
前カメラ画素フロント16MP
後カメラスペック広角108MP
超広角8MP
望遠接写5MP
深度2MP
BT規格5.1
スピーカー2スピーカー
付属品充電器
ソフトケース
保護フィルム他

※Redmi Note 10 Proのスペックは公式サイトを参照しました

Redmi Note 10 Proのベンチマーク

Redmi Note 10 ProのAntutuはこちら。

Redmi Note 10 Proのantutu

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
356052106792966185669395949

Redmi Note 10 ProのAntutuスコアは356052です。
iPad Pro12.9初代やMatepad 10.4(2020)と同程度の
ミドルスペックなスコアです。

antutuとは?→androidやiPhone・iPadに対応した、
ベンチマークソフト。

antutuの見方
総合 以下4スコアの合算値
目安を下記

CPU→基本的な情報処理の能力
GPU→グラフィック関連の情報処理の能力
MEM→RAMやROMの読み書きの速さ
UX→ユーザー・エクスペリエンス

総合スコアの体感

性能が低く計測不能→ブラウジングは結構カク付き、
モンストすら重く、すぐにタスクキルされる
(例、すごく古い機種名も忘れたスマホ)

7万点→ブラウジングはカクツク
モンストは少し重いが動く
(例、AQUOSのとある古めのスマホ)

15万点→ブラウジングは比較的快適
原神は最低画質でもカクツク
(例blackview tab6)

20万点→ブラウジングは比較的快適か快適
原神は最低画質なら快適に遊べる
(例bmax i10・redmi 9t)

26万点→ブラウジングは快適
原神は低画質なら快適に遊べる
(例Teclast M40)

35万点→原神は中画質なら快適に遊べる
(例blackview bl5000)

48万点以上→原神は最高画質でもほぼ快適に遊べる
(例ipad pro 10.5)

55万点以上→原神は最高画質でも快適に遊べる
(例ipad air3・Xiaomi pad5)

antutu・CPDT読み書き速度(単位→mb/s)

読み書きSRSWRRRWmc
Antutu
CPDT

ROMのベンチマーク
SR→連続的なデータの読み込み速度
SW→連続的なデータの書き込み速度
RR→不規則なデータの読み込み速度
RW→不規則なデータの書き込み速度

(不規則データの読み書きのほうが、重要みたいです。)

RAMのベンチマーク
MC→メモリコピー?

geekbench

geekbench5singlemultiopenclvulcan

geekbench5→CPU・GPUのベンチマークを測れるソフト

single→シングルタスクのCPUのベンチマークスコア
multi→マルチタスクのCPUのベンチマークスコア
opencl→GPUのベンチマークスコア
vulcan→GPUのベンチマークスコア

Redmi Note 10 Proのメリット

Redmi Note 10 Proのメリットはこちら。

必要十分なミドルスペックの処理性能

SOCにはsnapdragon732Gを搭載、
RAMは6GBでROMは読み書きの速いUFS2.2を採用しています。

そしてAntutuは35万点とミドルスペックの性能となっています。

実際にブラウジングや動画視聴や前の端末からの引っ越しをしていて、
一切カクツきませんでした。

また、この端末の前にタフネススマホのbl5000を使っていました。

Antutuスコアは同じくらいですが、
明らかにRedmi Note 10 Proのほうが
安定しています。

とはいえ、そのタフネスさではbl5000に軍配が上がります。
要害堅固なbl5000のレビュー記事はこちら

電池は大きめ

5020mahと大きなバッテリー容量を持っています。

実際に使ってみて、電池で困ることはありませんでした。

バッテリー容量が大きいと、電池持ちがよくなるだけでなく、
充電回数を減らせるため、バッテリーの寿命の延命につながります。

急速充電に対応

バッテリー容量は大きいですが、

逆に満充電するのに時間がかかりそう

と思うかもしれません。

しかし、Redmi Note 10 Proは33Wの急速充電に対応、
満充電までの時間が短く済みます。

クソデカ・クソ速

意外と軽い

200gぐらいですが、実際に持つと軽い印象を受けます。

軽いほうが落とした時のダメージが少ないですし、
持ちやすいのでいいですね

指紋認証に対応し利便性もセキュリティも高い

電源ボタンで指紋認証ができます。

指紋認証があると端末のセキュリティが向上するだけでなく、
なんらかの本人確認や認証の際、いちいちパスワードを打たなくて済みます。

指紋認証、便利です

カメラの性能も高め

メインカメラは108MPもあります。

い、いちおくはっぴゃくまんがそ…

画素数がすべてではないのですが、
実際にカメラはかなりきれいに撮れます。

128GBのROMに加え独立SDカードスロットも

この端末は処理性能がそこそこなので、
ゲームなどに活躍するはずです。

また、カメラ性能が高いので、
写真を撮りまくりたいと思うかもしれません。

そして、多くの写真や動画やゲームアプリをを保存したいと思うはずです。

この端末は容量が大きく、128GBものROMを搭載。

さらにSDカードスロットもあるため、
写真や動画なら、
SDカードに大量に保存できちゃいます。

デュアルSIMに対応

私は楽天モバイルとmineoのSIMを使って、
携帯料金を1500円ぐらいに下げているのですが、
デュアルSIMに対応していないと、この手法はできません。

Redmi Note 10 Proは対応しているので、いいですね

SIMスロットとSDカードスロットが排他でなく独立している。

デュアルSIMもSDカードも使いたい方におすすめです!

IP53の防水防塵対応

IP53の防水防塵に対応。

さすがにシャワーをかけたり、湯船に沈めたりするのは怖いです。

沈めるならこちらのスマホのほうがいいですよ
BL5000

しかし、もしものことに備えて、
防水機能があると安心ですね

デュアルスピーカー搭載

端末を横持ちにすると、左右にスピーカーが1個ずつ位置します。

ゲームをしたり、動画を見たりする場合は、
左右のスピーカーでステレオになるほうがいいと思うので、
いいと思います。

私は動画はタブレットで見ますが、
このスマホで見るのも全然ありです

ソフトケースとフィルムと充電器が最初から付属

最初からソフトケースとフィルムが付属します。

ただ、個人的には手帳型のケースとガラスフィルムを
買ったほうがいいと思います。

ただ、ソフトケースは、かなり取り回しがきくので、
手帳型とソフト型を使い分けるのもいいかもしれません

また、充電器も付属します

充電器はこのままで大丈夫です。

MIUI搭載

多機能かつアプデが長いです。

お値段が安い

Redmi Note 10 Proの賛否両論ありそうなポイント 5Gに非対応

私は、mineoの1.5mbpsプランを使っていて、
5G対応のスマホを買ってもその恩恵にあずかることができません。

そのため、5G対応は私にとっては必要ない部分です。

しかし、5Gに対応した端末は値段が上がる傾向にあると
私は思います。

さらに私は使わない機能があるのが嫌な性分です。

そのせいもあってか、意地でも5G非対応の端末を探していたのですが、
この端末はどんぴしゃりで、5G非対応です。

5Gに対応していたほうがいい方もいると思いますが、
私は非対応でよかったと思います。

個人の意見です

Redmi Note 10 Proのデメリット

ゲーム性能が意外と低い。

Antutuが35万ぐらいなのですが、
例えば原神では最低画質でもかなりカクついてしまいます。

背面がガラス製らしく、脆性が心配

そこまで心配する必要はないと思いますが、
ひびが入ったりしないか、少し怖いです。

個人的にはプラスチックや金属
だったらよかったかなと思ったり

ケースをつけることをお勧めします。

おサイフケータイに非対応

私は全く使わないのですが、
使う人は別のスマホがいいかもしれません。

Redmi Note 10 Proの感想

ご覧いただきありがとうございました!

【あす楽、土日、祝日発送、店舗受取可】新品未開封品【Nランク】Redmi Note 10 Pro グラディエントブロンズ【国内版SIMフリー】本体 新品 送料無料 国内モデル シャオミ 6934177734755

-スマホ