タブレット

実際に使った!タブレットメーカーおすすめ7選【AndroidとiPad】

今回はおすすめのタブレットメーカーを
7社発表します!

少なくとも日本国内においては、
タブレットメーカーはiPadと
その他大勢という図式が
出来上がってしまいつつあります。

しかしながら、その他大勢のメーカーにも
個性やメリット、魅力が多々ありますので、
それを伝えていきたいです!

タブレットとメーカーについて

Androidタブレットメーカーを個人的な好みでヒエラルキーにしてみた

あくまでも独断と偏見だけで
こんな票をつくってみました

なお、画像のロゴは引用という形で使わせていただいています。

Samsung Androidタブレットの随一の完成度と性能を誇る最強メーカーの1つ

Samsungは、言わずと知れた韓国の大手企業です。

特にスマートフォンが有名ですね。

Androidタブレットは
Galaxy Tab Sシリーズや
Galaxy Tab Aシリーズを作っています。

中でも人気だと思われるのが<
Galaxy Tab Sシリーズです。

Androidタブレットの中でも、
高い性能や、OSやアプリの完成度を誇ります。

ただしその分、値段が高いです。

Lenovo(Xiaoxin) 知る人ぞ知る中華タブレットの本命ブランド

LenovoはAndroidタブレットを生産しています。

色々なブランドで出ていますが、
特におすすめなのがXiaoxinブランドです。

Xiaoxinブランドは中国国内向けのブランドです。
少なくとも日本では販売されておらず、
技適はありませんが、
AliExpressでとても安価に購入が可能です。

しかも安価なだけでなく、
性能が十分高いため、
コスパにとても優れています。

HUAWEI 制裁を跳ね除けて活躍する超大手企業

HUAWEIはアメリカから制裁を受けたものの、
独自OSを作ったりして、
色々な製品を生産しています。

Matepadシリーズが一般的で、
GMSが非搭載であるものの、
高い処理性能とコストパフォーマンスを
兼ね備えています。

Blackview 新興ながら独自OS開発など奇抜なブランド

Blackviewはタフネススマホやワイヤレスイヤホンなどを
生産しているブランドです。

タブレットも多く販売されています。

BLackview Tabシリーズです。

Blackview Tabシリーズの特徴は、
独自OSである、DokeOSを採用していることですl。

独自OS自体を作っているということも
特徴の一つになります。

そもそも独自OSを作るのはLenovoなどの中堅メーカーや
ViVOなどの大手メーカーに限られている印象でした。

そのため、そこまで規模が大きくないBlackviewのような企業が
独自のOSを作るということが非常にもの珍しく感じます。

また、独自OSと言っても決して見掛け倒しではなく、
PCモードのような独自機能を採用しており、
面白いOSに仕立て上がっています。

ALLDOCUBE Dimensity採用で個人的に気になる新興メーカー

ALLDOCUBEも新興メーカーというか、
そこまでメジャーではないメーカーの一つだと思います。

個人的にALLDOCUBEは最近まで、
CHUWIやTECLASTと同じような括りと認識していました。

しかし、SoCにUNISOCではなくMediatekの、
しかもDimensityシリーズを採用したことで、
個人的な注目度が格段に上昇しました。

そのiPlay 40 5GはAntutuスコアにして34万点を出しており、
処理性能の点で他のメーカーから頭2つほど抜け出した印象です。

今後さらにどのような動きをしていくのか、
注目しています。

Xiaomi 超絶人気コスパ爆発最強大手な人気メーカー

大手です。

iPadのメーカー、Appleについても解説

飛ばします。

-タブレット