ガジェット総合

【Antutu40万】Matepad 10.4 (2021)を実機レビュー!デスクトップモードもあるタブレット!

注、Vancedを以前使っていましたが、
やっぱり今は使わないほうがいいと思っています。

また、この記事内などに、Vancedのアプリアイコンが
映っていますが現在はVancedは私が所有する
どの端末にもインストールされておりません

こんにちは、重藤六です。

今回は以前レビューした、Huaweiのタブレット、
Matepad 10.4 (2020)の2021年版をレビューします

Matepad 10.4 (2020)は、GMSがない端末というデメリットこそあるものの、
かなりのコスパを持っていました。

Matepad 10.4 (2021)は、Antutu40万点のミドルスペックかつ、
セール時には21000円程度の爆安で購入できるだけでなく、
高音質のクアッドスピーカーがあります。

さらに、通常時のお値段も2万5千円程度と
コスパが相当いいです。

だから、Matepad 10.4 (2021)はおすすめです。

こちらはAntutu66万で処理性能も高めで、
iPad Pro11に比肩し、あるいは凌駕する
スピーカー性能を持っていると思います。

Matepad 10.4 (2021)にありそうな
疑問にはこのように返します。

GMS非搭載でホントに使える?

用途にもよりけりです。
ただし、ブラウジングや、カメラ撮影、動画視聴
は全然できますよ!
YouTubeを見たりもできます

泥タブはあまり性能が高くないイメージあるけど、
これも例にもれず?

安心してください。
多くの泥タブは性能が高くてもAntutuが20万点台ですが、
これは最大で40万点で、ミドルレンジな性能です。

買う必要はあるの

用途次第です。

2020から2021でどう変わったの?

処理性能や重量などにも違いはあるものの、
大きな違いは2021年モデルでは
ROMが64GBに増え、
デスクトップモードが使えることです。

中古だと相場は2020が16500円ぐらい、
2021が19000円ぐらいでしょうか?

2020と2021 どっちを選べばいいの?

用途によります。
主用途が動画視聴やブラウジングなどで、容量を必要とせず、
なおかつデスクトップモードが要らず、
安さ優先なら2020、

主用途がゲームなど、容量を必要としつつ、
デスクトップモードを試したいなら2021です。

Matepad 10.4 (2021)のスペック

Matepad 10.4(2021)のWi-Fiモデルのスペックを
一部記載します。

商品名Matepad 10.4 (2021)
メーカーHUAWEI
画面サイズ10.4インチ
サイズ(mm)155×245×7.4
重さ460g
SOCKirin820
GPUMali-G57
RAM4GB
ROM64GB
OSMIUI10系
OSのベースandroid10
指紋認証非対応
顔認証
充電端子type-c
電池容量7250mah
最大充電電力
付属品充電器など
5g非対応
イヤホンジャック非搭載
カードスロットSDスロット
デュアルSIM非対応
SDカード可能
ワンセグフルセグ非対応
防水防塵なし
前カメラ画素リア8MP
後カメラスペックメイン8MP
GPS搭載
WIFI対応
USB規格2.0
Bluetooth5.1
スピーカー4スピーカー
ドルビーアトモス

Matepad 10.4 (2021)のスペックは、主に公式サイトを参考にしました。

Matepad 10.4 (2021)の主なスペックはこんな感じです。

  • MatepadのSOCはKirin820で、RAMは4GBです。
  • 10.4インチの画面サイズです。
  • クアッドスピーカーを搭載しています。

Matepad 10.4 2021のベンチマーク

Matepad 10.4 (2021)のベンチマークはこちら

通常時

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
384709122989933816907999260

パフォーマンスモード時

antutuver9総合CPUGPUMEMUX
4080211353939641170880 105337

Matepad 10.4 (2021)の通常時のAntutuは384709
パフォーマンスモードのAntutuは408021です。

antutuとは?→androidやiPhone・iPadに対応した、
ベンチマークソフト。

antutuの見方
総合 以下4スコアの合算値
目安を下記

CPU→基本的な情報処理の能力
GPU→グラフィック関連の情報処理の能力
MEM→RAMやROMの読み書きの速さ
UX→ユーザー・エクスペリエンス

総合スコアの体感

性能が低く計測不能→ブラウジングは結構カク付き、
モンストすら重く、すぐにタスクキルされる
(例、すごく古い機種名も忘れたスマホ)

7万点→ブラウジングはカクツク
モンストは少し重いが動く
(例、AQUOSのとある古めのスマホ)

15万点→ブラウジングは比較的快適
原神は最低画質でもカクツク
(例blackview tab6)

20万点→ブラウジングは比較的快適か快適
原神は最低画質なら快適に遊べる
(例bmax i10・redmi 9t)

26万点→ブラウジングは快適
原神は低画質なら快適に遊べる
(例Teclast M40)

35万点→原神は中画質なら快適に遊べる
(例blackview bl5000)

48万点以上→原神は最高画質でもほぼ快適に遊べる
(例ipad pro 10.5)

55万点以上→原神は最高画質でも快適に遊べる
(例ipad air3・Xiaomi pad5)

antutu・CPDT読み書き速度(単位→mb/s)

パフォーマンスモード時

読み書きSRSWRRRWmc
Antutu948.5148.1152.395.2
CPDT647.6295.1122.9433.675620

ROMのベンチマーク
SR→連続的なデータの読み込み速度
SW→連続的なデータの書き込み速度
RR→不規則なデータの読み込み速度
RW→不規則なデータの書き込み速度

(不規則データの読み書きのほうが、重要みたいです。)

RAMのベンチマーク
MC→メモリコピー?

geekbench5

パフォーマンスモード時

geekbench5singlemultiopenclvulcan
6382449検証できず2288

Matepad 10.4のパフォーマンスモード時の
Geekbench5のスコアは
シングルが638でマルチが2449です

geekbench5→CPU・GPUのベンチマークを測れるソフト

single→シングルタスクのCPUのベンチマークスコア
multi→マルチタスクのCPUのベンチマークスコア
opencl→GPUのベンチマークスコア
vulcan→GPUのベンチマークスコア

Matepad 10.4 (2021)はGMSが非搭載ということ

Matepad 10.4 (2021)はGMSが非搭載です。

GMSというのは、Google製のアプリなどを使うときに
必要になるシステムのこと、

ざっくりいうとこんな感じ。

この機能がないことで、そのままではgoogle playstoreが使えなかったり、
Google系のアプリが動作しなかったりします。

しかし、gspaceなどを使うことで、
9割がたGMS搭載端末と同じように使えます。

GMS関連については、
2020年モデルの記事で記載していますので、
そちら
を参考にしていただけると幸いです。

Matepad 10.4の2020年モデルと2021年モデルの比較

この記事で紹介しているのは2021年モデルですが、
Matepad 10.4は2020年モデルがあります。

変更箇所はいくつかありますが、
私が重要だと思った箇所は以下の通りです

太字にした部分は特に重要だと思います!

20202021
SOCKirin810Kirin820
GPUMali-G52Mali-G57
RAM3GB4GB
ROM32GB64GB
重量約450g約460g
デスクトップモードに非対応対応
とくにROMとデスクトップモードの変更が大きい

SOCとROMはややアップグレード

Matepadは、2020年モデルから2021年モデルになるにあたって、
SOCはKirin810からKirin820に、
RAMは3GBから4GBにアップグレードされています。

Antutuベンチマーク結果

以下の通りです

通常モード時のantutu

通常時20202021増加率
総合329049384709116.92%
CPU100020122989122.96%
GPU8612093381108.43%
MEM5314769079129.98%
UX8976299260110.58%

パフォーマンスモード時のantutu

パフォ時20202021増加率
総合344288408021118.51%
CPU110567135393122.45%
GPU8753496411110.14%
MEM5205670880136.16%
UX94131105337111.90%

ROMが64GBに増加

Matepad 10.4 (2020)の大きなデメリットは、
容量が32GBと少ないことでした。

実際にウマ娘などの容量が大きなゲームを入れると、
容量不足で入れられません。

しかし2021年モデルではROMが64GBに増えています。

重量級のゲームをするなら2021年版ですね

注 なお、あくまでも容量が入るかどうかの話なので、
もしかしたらこのタブレットでは上記のゲームが遊べないかもしれません。

すみませんがそこをご理解ください。

Matepad 10.4 (2020)のメリット

このタブレットはメリットが結構あります

物理的に軽い

このタブレットは10.4インチですが、
460gと軽いです。

軽いことによって、持ちやすくなるとともに、
落ちた時に端末へのダメージを軽減できます。

軽いは重要

横長で動画視聴に向く

横長なフォルムになっています。

ほかのタブレットと画面比を比較した表がこちらです

画面比xiaomi pad5ipadpro10.5blackview tab9Matepad 10.4(2021)
長辺:短辺(mm)25.47:16.6225.06:17.4124.37:16.2524.5:15.5
〃(短辺を1として1.53:11.44:11.50:11.58:1
長辺は小数点3桁以下四捨五入
細長いですよね?

長辺が短辺よりも比較的長いこのタブレットは
細長いんです。

細長いことによるメリットは2つです。

スマホの様に縦持ちで持ちやすくなる。

画面が細長いことによって、
スマホのようなスタイルでのブラウジングが
やりやすくなります。

動画視聴に向く

たいていのタブレットの画面比よりも、
Youtubeやニコニコの動画の画面比は横長です。

注、この画像は縦横比が2021年モデルと同じ2020年モデルを使っています。

そのため、動画を流すと、
その分だけ画面の上下に何も表示されない部分でできた、
黒い帯ができます。

注、この画像は縦横比が2021年モデルと同じ2020年モデルを使っています。

しかし、Matepad 10.4 (2020)は横長ですので、
黒い帯が小さくなります。

無駄な部分が減ります!

無駄無駄ァッ!

antutu40万のミドルぐらいのスペック

Matepad 10.4 (2021)のantutuスコアは約40万点です。

ブラウジングや動画視聴や、オフィスソフトの操作などは、
余裕でできます。

大半のゲームも動かせると思います。

ただ、GMSが搭載されていないためか、
原神やプロセカなど動作しないものもあるので注意です

後述するデスクトップモードでも、8つのアプリを表示する、
みたいなこともこなせました。

クアッドスピーカー搭載

動画視聴や音楽鑑賞、ゲームにおいて、クアッドスピーカー
はとても重要です。

なぜならクアッドスピーカーにすることで、音に迫力が生まれ、
縦持ちでも横持ちでも、左右から音が出てくれるからです。

ところで、Matepad 10.4 (2021)はクアッドスピーカーです。

それも、すんごいクアッドスピーカーみたいです。

詳細は省略しますが、スゴイみたいです。

また、Matepad 10.4 (2020)の記事では2020年モデルの音質をべた褒めしましたが、
これはそれよりも音質がアップしている印象です。

個人的に、iPadpro10.5やxiaomipad5よりも、
音質が良く、重低音に迫力があったと思います。

スピーカーがつよつよなタブレット

電源ボタンと音量ボタンが別の辺にあり、押し間違いを防止

地味にうれしいのがこのメリットです。

スマホやタブレットには、音量ボタンや電源ボタンが
同じ辺に置かれたものがあります。

そういったものだと、よく押し間違えてしまいます。

私は、家族の誕生日と地図と同じくらい
ボタンの位置を覚えられません。

しかし、Matepad 10.4 (2021)は別の辺にあるので、
押し間違えずに済みます。

デスクトップモード搭載

Matepad 10.4 (2021)にはデスクトップモードが搭載されています。

複数のアプリを同時に表示できます。

試したところ少なくとも8個ぐらいは表示できました。

さすがにWindowsやMacなどに比べると、
マルチタスクの完成度は低いですが、
多くのアプリを開く際には使えそうです。

画面分割とフローティングウィンドウを組み合わせて、
3つのアプリを同時表示できる

Matepadはマルチタスクに強いです

専用スタイラスペン、M-pencilがある。

M-pencilという、専用スタイラスペンがあります。

M-pencilは4096段階の筆圧に対応しいています。

絵をかいたり、ノートを取ったりもできます

M-pencilのレビュー記事はこちらです。

Matepad 10.4 (2021)の賛否両論ポイント

賛否両論ありそうなポイントを書きます。

カメラの画素数が前/後が8/8MPなので、前はきれいだが、後ろはほかの機種より画素数は低いかも

とはいえ、カメラの画質は画素数がすべてでありません。

数十MPあるandroidより、
10MP前後のiPhoneが、
きれいに撮れることもありますよね

Matepad 10.4 (2021)のデメリット

デメリットも数こそ少なくても、
あります。

GMSが搭載されていない。

GMSが搭載されていないことによって、
Googleのサービスが使いづらくなっています。

代替方法はあるのですが、
GMSが搭載している端末のほうが、
Googleのサービスが使いやすいです。

詳しい解説は、
2020年モデルの記事で行っています

Matepad 10.4 (2021)は非常にコスパのいいタブレットですが、
GMSがないのは惜しいですよね。

しかし、それと同じくらいコスパのいいGMS非搭載
(ただし技適なし)なタブレットがあります。

それがXiaoxin Pad Plusです。
Antutu39万点で3万円弱で買えます。

PCモードや防水もあるのでお勧めです。
そんなXiaoxin Pad Plusのレビューはこちら。

最新のandroidをベースにしたOSにも、
HarmonyOSにもなっていない。
どちらかに振り切ってほしかった感じも…


OSは少し古めのandroid10を基にしたバージョンとなっています

また、ファーウェイは独自OSであるHarmonyOSを作成しました。

このOSは見る感じ面白そうなのですが、
タブレットでは、Matepad 11のみの配信となっているようです。


この端末にも搭載してほしかったです。

いろんなOSを試してみたいです!

Matepad 10.4 (2021)のまとめ

Matepad 10.4 (2021)のメリットは、
・スピーカーの音がめちゃくちゃいいこと
・antutu40万のミドルスペックがあること
・3画面表示に対応していること、
・デスクトップモードがある、など

Matepad 10.4 (2021)で賛否両論ありそうなところは、
・前/後カメラの画素が8/8MPであること

Matepad 10.4 (2021)のデメリットは、
・gms非搭載であること
・現在HarmonyOSではないこと

ご覧いただきありがとうございました。

-ガジェット総合