Androidタブレット

Fire Max 11とDOOGEE T30 Proとを実機比較【G99の格安中華タブ】

2023年6月18日

※当ブログではアフィリエイト広告などの広告を使用しており、記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事ではまさに話題沸騰中のミドルレンジタブ2機種を比較していきたいと思います。

Fire Max 11はAmazonから出してきたミドルレンジタブレットで、指紋認証やスタイラスペンの対応などなど面白い機能がもりもりでございました。

続いてDOOGEE T30 Proは格安中華タブレットであります。しかし特に特筆すべき特記事項はHelio G99を搭載していること。

G99はミドルレンジSoCで、動画視聴やブラウジングには余裕のよっちゃんで、軽いゲームなどもこなすことができます。

これまでの中華タブはUnisoc系のエントリー程度のSoCを採用していることが多かったのですが、そこからしたらまあまあの飛躍と言えるかもしれません。

どちらもなかなかいいタブレットでありますが、その2機種を比較することで両者のいい点を洗い出していこうぜ!ということが今回の記事となっています。

DOOGEE T30 Proのレビュー記事はこちら。

Fire Max 11のレビュー記事はこちら。

実機比較4番勝負

実機比較のN番勝負です。

音楽視聴対決 Fire Max 11が優勢

ということでまずは音楽を聴いてみました。

音量をできるだけ同じにして、同じ曲で比較します。

1曲目は「逆夢」です。

これはFire Max 11の方が聞きやすかったです。

というか、DOOGEE T30 Proが音が割れている感じで、シンセベースの重低音も明らかに迫力が弱く聞こえていました。

一方でFire Max 11はそこそこに音が綺麗でしたし、重低音も割としっかり聞こえていました。

2曲目は「Godzilla」です。ラップですね。

これもFire Max 11の方が聞きやすかったです。

DOOGEE T30 Proはやっぱりどうしてもキンキンする感じがあるというか。

ベンチマーク対決 激しく競る

2戦目はベンチマーク対決です。

ベンチマークとして、Antutu Ver9、Antutu Ver10、Antutu Ver10ストレージテスト、GB6のCPUテストの4つのスコアを比較していきます。

Fire Max 11、DOOGEE T30 Proの順でスコアを載せていきます。

Antutu Ver9

まずはFire Max 11

続いてDOOGEE T30 Pro。

総合スコアではDOOGEE T30 Proが上回りました。

ただ、CPUスコアではFire Max 11が高い傾向にあります。

Antutu Ver10

まずはFire Max 11

Antutu Ver10ではFire Max 11のほうが上回りました。CPU性能ではさらに差が開いたようですね。

AntutuVer10ストレージテスト

Fire Max 11のスコアがこちら

DOOGEE T30 Proのスコアがこちら。

GB6 CPUテスト

Fire Max 11のCPUスコアがこちら。

やっぱりCPU性能に限るとFire Max 11の方が上ですね。

Antutu連続対決

Antutuテストを連続して回すことで、発熱によってどれくらいスコアが変わるかをみます。

カメラの写り対決

各種アプリ起動時間対決

アプリの起動時間も面白いテストの一つだと思います。

無作為に抽出した7つのアプリを2つの端末で同時に起動し、起動時間が明らかに早い方には⚪︎をつけています

Fire Max 11DOOGEE T30 Pro
Antutu Ver10⚪︎
モンスト⚪︎
ツイッター⚪︎
クラッシュオブクラン
TikTok⚪︎
Appgallery
アズールレーン

いまいちパッとしない結果ではありますが、Fire Max 11の方がアプリの起動時間が早い傾向にあるようですね。

これらをの調査をもとに比較していきたいと思います。

DOOGEE T30 Proの方がいいポイント

T30 Proのほうがいいポイントはこちら。

価格(2023/06/26時点)

価格については変動があるので、あくまでもこの項を記載した2023/06/26時点での比較となりますが、DOOGEE T30 Proは約32000円、Fire Max 11は34900円です。

価格だけで考えるとDOOGEE T30 Proの方が買いかもしれません。

また、Fire Max 11の方にはキャンペーンがあるようですが、DOOGEE T30 Proには手帳型カバーが付属してくれます。

どちらもお得な印象はありますね。

GMSが搭載

Fire Max 11は一応Android11ベースのOSとなっているようですが、GMSが搭載されていません。

そのため純正のYoutubeアプリやGoogleフォトなどが使えません。(代用方法あり)

個人的にFire Max 11でもいろいろなアプリは使えると思っているのですが、Youtubeの純正アプリが簡単に使えないのはちょっと痛いですね。

一方でDOOGEE T30 ProはGMSを搭載しており、YoutubeもGoogleフォトも純正のアプリを簡単に使うことができます。

GPS搭載で曇りの日ならカーナビとして使えそう

Fire Max 11はGPSを搭載していません。

DOOGEE T30 ProはGPSを搭載しています。画面が350ニトのため、カーナビでの使用は、晴れの日は画面が暗くなってしまいますが、太陽光対策をしたり、曇りの日などにつかったりするのであれば、なんとかなると思います。

イヤホンジャックが欲しい人

イヤホンジャックが欲しい人もDOOGEE T30 Proがおすすめです。

Fire Max 11の方がいいポイント

Fire Max 11の方がおすすめなポイントはこちら。

安心感

Fire Max 11はAmazonのタブレットなので、あまり有名じゃない中華メーカーのものよりも安心して使えるかもしれません。

スピーカーの音質

DOOGEE T30 Proは確かに4つのスピーカーを搭載しています。Fire Max 11は2つのスピーカーがついています。

しかし、実際に聴き比べてみるとFire Max 11のほうが音質がいいと判断しました。

確かにDOOGEE T30 Proも聞けない音ではないにしろ、やっぱりFire Max 11は音質いいですね。

アップデートが降ってくる期間がおそらく長い

DOOGEE T30 Proは格安中華タブレットで、アップデートが降ってくるかの保証はありません。

一方でFire Max 11は最低でも2027年まではセキュリティアップデートが予告されています。

アップデートが長い方がいい人はFire Max 11の方がおすすめです。

こんな感じでしょうか。

それではDOOGEE T30 ProとFire Max 11の2つのどちらかで迷っている人はどちらを選ぶべきか、ということを書いていきたいと思います。

DOOGEE T30 Proの方がおすすめな人

T30 Proを買ったほうがいい人はこちら。

GMS搭載のタブレットが欲しい人

DOOGEE T30 ProをFire Max 11と比較したときに一番大きなメリットはGMSが搭載されていることです。

GMSが搭載されていることで、YoutubeやChrome、GoogleフォトやGmailといったGoogle純正アプリを導入することができます。

使い方が広がるという観点では、GMS搭載のDOOGEE T30 Proの方がおすすめです。

Fire Max 11がおすすめな人

Fire Max 11がおすすめな人はこちら。

中華タブレットよりAmazonのタブレットが欲しい人

個人的にFire Max 11のメリットはスピーカーや指紋認証などがあると思いますが、個人的に推したいメリットはFireタブレットが欲しい人向けだということです

イヤホンジャックが省かれているなどのポイントはあるものの、Fireタブレットをよく使っている人でより高性能、より大画面なFIreが欲しい人にとってはいい選択肢なるのではないかと思いました。

あとがき

参考になれば幸いです。

そのほかにもおすすめのAndroidタブレットをまとめた記事はこちら。

ご覧頂きありがとうございました!

 

The Moneytizer

-Androidタブレット