iPad

【比較】iPad無印は第9世代と第10世代どっちがいい?

この記事ではiPad 第9世代とiPad 第10世代、
どっちがいいかを記載していきます。

発表直後から大人気となったiPad 第9世代と
発表直後から大惨事となったiPad 第10世代。

どちらに軍配が上がるのでしょうか?

iPad 第9世代を使用した経験や、
iPad 第10世代の実機をもとに、
両者の比較をしていきます。

iPad 第9世代のレビュー記事はこちらです。

iPad 第10世代を買うべきか論じている記事はこちらです。

iPad 第10世代のレビュー記事は
こちらです。

比較のまとめ

iPad 第9世代のメリットは
主として18000円ほど安いことである

iPad 第10世代のメリットは
主としてType-c端子であることなど
多数ある

それらより、圧倒的にコストが安く、
卓越した性能を持つのがiPad Pro 11(2018)であり、
そちらを買うべきだと思われます。
((記事リンクはこちら))

比較について

この記事は、確かに第9世代と第10世代を比較したものです。

しかし僕は第10世代も第9世代も、
どちらもお勧めしません。

第9世代はLightning端子や
片側スピーカーがよくないと思います。

また、第10世代は値段の高さが
メリットをことごとく潰しています。

正直どちらもおすすめできません

まず、iPad 第10世代とiPad 第9世代、
どちらかを選べと言われたら
僕は迷わずiPad Pro 11(2018)と答えます。

フリマサイトで5万円で買える、
両者を凌駕した性能のiPad Pro 11(2018)を
勧めない理由が全くわかりません。

iPad Pro 11(2018)のレビュー記事は
こちらです。

また、Androidタブレットというのも
選択肢に上がります。

結局作業効率を最大化するなら、
12.9インチの大画面は必要不可欠ですし、
10インチなんだったら、
よりライトな用途に使おうと思っているからです。

それに仮に新品の現行機種の中から選ぶとしたって、
コスパをちゃんと考えるのなら、
M2 iPad Pro 11(2022)や
iPad Air5を新品で買って5年以上使って元を取ればいいと思います。

それより性能の低い機種がいいのなら、
整備済み品のiPad ProやiPad Airを買えばいいと思います。

iPad 第10世代やiPad 第9世代を買うべき人というのは、
どうしても新品が良く、
どうしても安い機種がいい人だと思います。

比較の大方の見方

今回の比較は
ほとんどの点で性能で勝るiPad 第10世代が、
どこまでiPad 第9世代の18000円もの価格差を埋められるかが
争点となります。

iPad 第10世代が第9世代に負けているポイント

iPad 第10世代が負けているポイントはこちら。

値段の安さ

iPad 第10世代は68800円、
iPad 第9世代は49800円で
どちらも現在販売されています。

そしてその価格差はなんと19000円。

ほぼ2万円という懸絶した価格差に
驚愕です。一同驚愕です。

ぼっちのくせに。

イヤホンジャックの有無

また、iPad 第9世代には
イヤホンジャックが搭載されているのも
メリットの一つです。

性能のちょうど良さ

これはデメリットの裏返しではあるのですが、
iPad 第9世代はA13を搭載しており、
十分ハイエンドの性能を持っていました。

僕はiPad 第9世代の性能が高すぎるのが
少しよく思わなかったのです。

しかし、iPad 第10世代にA14が搭載されたことで、
相対的にiPad 第9世代がマシに見えてしまいました。

iPad 第10世代が第9世代に勝っているポイント

果たして、iPad 第10世代は性能の点で、
iPad 第9世代にどこまで差をつけられるのでしょうか?

処理性能の高さ

先述の通り、iPad 第9世代にはA13が
使われており、
第10世代にはA14が使われています。

Antutuスコアにして10万点の開きがあります。

アップデートの長さ

アップデートは恐らくiPad 第10世代の方が
長いはずです。

Type-c端子という圧倒的な優越性

Type-c端子がiPad 第10世代の素晴らしさです。

Type-cであることで、
他の多くの端末と同じ
充電器、キーボード、ハブ、マウス、
諸々を使えます。

逆にLightningだとそれ専用の機器を用意しないといけないので、
僕としてはマイナスです。

リアカメラ性能の強化

後ろのカメラ性能が上がったはずです。

画面サイズが2回り大きくなった

iPad 第9世代は10.2インチの画面サイズですが、
iPad 第10世代はそれよりも2回り大きな
10.9インチの画面サイズになりました。

スピーカーが両側につくようになった。

スピーカーが画面を横置きにしたときに、
両側に付くようになったのもメリットです。

これによって、動画視聴時は
自然なサウンドを楽しみやすくなります。

具体的には、画面を横置きにしたら、
画面の両側から音が出るので、
自然というかなんというか。

後書き

参考になれば幸いです。

以下におすすめ記事を記載します。

iPad 第10世代とXiaomi Pad 5の比較記事は
こちらです。

The Moneytizer

-iPad