タブレット

タブレット購入数29台の僕が、ipad pro 10.5を2022年におススメする4つの理由

iPad Pro 10.5のレビュー記事はこちら。

すんばらしい僕のiPadpro()

どうも、重藤六です

僕はこれまでタブレットを計29台所有してきました。

タブレットの皆さんその1
タブレットの皆さんその2

以下、その一部です。

  • vastking k10 pro
  • vastking k10
  • bmax i10
  • ipad air3
  • xiaomi pad5
  • ipad pro 12.9(2015)
  • blackview tab6
  • surface pro4
  • chuwi hi10xr
  • teclast m40
  • blackview tab9
  • vastking k10

そして、ipad pro 10.5

iPadpro10.5は、
この多数のタブレットの中で、
ベストバイの1つです。

可愛い可愛いblackviewtab6
おんなじぐらい愛してます

この記事ではなぜiPadpro10.5をおススメするのかを
4つの理由からお話しします。

理由は以下の通りです。

・高音質なクアッドスピーカーが聞きごたえあるから
・処理性能が必要十二分だから
・カメラがきれいだから
・3万円程度で買えるから

ただ、iPadproのサイズって、
いっぱいあってわかりづらいですよね?

ですんで、先にそちらを解説します。

わかりづらいiPad proのサイズと世代

iPadproのサイズってわかりづらいですよね?

僕もそう思ってました

これまで発売されたiPadを
サイズと、発売年とSOCから区分するとこんな感じです。

発売年(SOC)サイズ大サイズ小
2015(A9X)12.9インチ第1世代
2016(A9X)9.7インチ
2017(A10X Fusion)12.9インチ第2世代10.5インチ
2018(A12X Bionic)12.9インチ第3世代11インチ第1世代
2020(A12Z Bionic)12.9インチ第4世代11インチ第2世代
2021(M1)12.9インチ第5世代11インチ第3世代

12.9インチの第1世代と9.7インチが対応し、
12.9インチの第2世代と10.5インチが対応します。

また、12.9インチの第3,4,5世代には、
それぞれ11インチの第1,2,3世代が対応しています。

繰り返しになりますが、
pro10.5には第2世代の12.9インチが対応しているということです。

ipad pro 10.5は5年前の型落ちといえど、
今でも十分に使える

ipadpro10.5は5年前の端末です。

しかし、古くてもPROシリーズ
いまでも通用することが多いです

類語「腐っても鯛」

それを書いていきます。

ipadpro10.5をおススメする理由

iPad Pro 10.5を2022年におすすめする理由です!

美しく鮮やかな音を奏でるクアッドスピーカー

音がくっきり鮮明で、重低音が通る

ipadpro10.5の音質はすさまじいの一言です。

音質をほめたたえるだけで、原稿用紙6枚は書けます

私はもともと、音質に拘泥しません。

イヤホンは330円の物を愛用しています

むしろ、何で聞くかより、何を聞くかが重要だと思います。

たとい、どれだけ低質な機器を使おうが、

eminemのGODDILAも、

king gnuの三文小説も

玉置浩二の田園も

素晴らしいには違いないと、
思っていました。

しかしそれは、残念ながら正しかったです。

はい。あってます。

しかし、低質なスピーカーで聞くのが、
ノーマル素晴らしいとすると、
pro10.5のスピーカーで聞くのは、
ハイパー超絶ハチャメチャ素晴らしいです。

なぜなら、ipadpro10.5というレンズで、
その音を事細かに仔細を見ることができるからです。。

音の解像度が圧倒的に高く、
元来は、雑音だと思っていたものが、
意味があり、

それが曲のすばらしさをさらに補強していました。

まさに、神は細部に宿る…!

音楽をipadpro10.5のスピーカーで聞くことで、
さらに素晴らしくなるのです。

私は先ほど列挙したタブレットより、
surfacepro4より、xiaomipad5より、ipadair3よりも
ipadpro10.5のほうが、
音質が素晴らしいと思っています。

重低音がくっきりとしているのも
強いところですね。

クアッドスピーカーで死角なし

こう見えてすごいんです
iPadすこ


4つのスピーカーで、
縦持ちでも横持ちでも、左右からステレオで音が出てくれます。

また、音が広がりやすくなります。

処理性能が必要十二分

最近ガジェットを選ぶときに考えるのは、

そこまでの処理性能は本当に必要なのか?

ということです。

私の場合、スマホでゲームをしないので、
Antutu70万点台のスマホは必要なく、
35万点程度のこのスマホで十分ですし

PCで動画編集やゲームなどをしないので、
CPUはM1やcore i9などでなく、
Celeronで十分です。

将来的にもっと重い動作をするかもしれませんが、
こと現代において、商品を安く買い、高く売ることができる
こと現代において

その時々で、必要十分なものを買えばいいと思うのです。

それに、どんどん電化製品というのは
技術の革新によってより安く、より高性能になるのです。

ムーアの法則、万歳。

それで、私がiPadで行うことは、

  • 動画視聴、
  • ブログの執筆やブラウジング
  • スタイラスペンでのメモの作成
  • スプシやドキュメントの作成

ぐらいです。

たまに動画編集やゲームもしますが、
それでも低いスペックで十分です。

そこで、以前はipadair3を使っていましたが、
さすがにそのAntutu55万点の処理性能は
必要ないことに気づきました。

左iPadpro10.5 右ipadair3 瓜二つ

そこで、いろいろと考えて、
Antutu48万点程度の、ipadpro10.5に買い替えました。

僕の予想は当たりました。

動画視聴やブログ制作、スプシやドキュメントの作成には、
このスペックで十二分に戦えてしまうのです。

ほどほどのスペックで十分!!

カメラの画質が素晴らしい。

iPadやiPhoneのカメラはきれいに撮れます。

画素数自体は多くのandroid端末より低いですが、
それでもきれいに撮れます、

細かいことはわかりませんが、
それでも(ry

ipadpro10.5の画素数は12MPで、
かなりきれいに写真を撮れます

こちらがipadpro10.5で撮った写真で、

くっきり

こちらがxiaomipad5で撮った写真です

はっきり

どちらもきれいですね。

ただ、個人的にはipadpro10.5のほうがきれいだと思うのですが

いかがでしょうか?

お値段も3万円程度と安い

少しリスキーですが、
フリマサイトでは、
3万円程度で買えてしまいます。

ちなみに、コスパ良くiPadを買うのなら、
処理性能などを中心に考えると、中古のiPadproを
フリマサイトで買うのが最適解だと思います。

もちろん新品で買ったほうが安全ですが、
新品だと処理性能や値段が高い機種しかないと私は考えています。

最安はipad無印第9世代で、Antutu60万程度で4万円です。

いったん高いものを買ってしまうと、
なかなか安いものに手が出しづらくなってしまうと
思います。

古めのiPadproなら、
僕が使っていた用途なら十分に使えます。

あとがき

ipadpro10.5の魅力がわかっていただけたら、
幸甚です。

なお、本記事で出てきた、ipadair3とpro10.5を
比較した記事はこちらです。

また、私が大大大好きな
blackview tab6のレビュー記事はこちら

さらに、xiaomipad5をべた褒めする記事は
こちらです。

この記事は以上です

ご覧いただきありがとうございました。



-タブレット