タブレット

M-PencilとXiaomiSmartPenとApplePencil第1世代を比較

スタイラスペンを使ってタブレットでお絵描きや
勉強ノートの作成や、メモを作りたいけど、
どのペンがいいかわからない。

そんなことで悩んでいませんか?

こちらの記事では、3つのスタイラスペンを比較します。

筆者は各スタイラスペンとタブレットを
そろえて実際に使いました!

、どれが書き味がよいとかよくわかりませんでした

ごめんなさい(´;ω;`)

なので、スペックベースの記事になります。

参考になれば幸いです。

Matepad 10.4などに対応した、M-PENCILは、

タブレットと合わせても3万円程度と安めです。

GMSが非搭載なので少し工夫が必要ですが、
意外と使える組み合わせですね。

グーグルキープも使おうと思えば使えます!

XiaomiSmartPenはXiaomiPad5に対応したペンです。
両方新品で買うと合計で5万円ぐらいします。

しかし、XiaomiSmartPenは4096段階の筆圧に対応し、

XiaomiPad5は11インチの大画面に、
12AnTuTu60万の高性能をもつタブレットです。

スペックが高い組み合わせです。

Googleプレイストアも普通に使えるので、
その中のアプリを使えます。

iPad Pro 10.5やiPad Air3などに対応した
Applepencil。

実は筆圧は1024段階と少しだけ低いです。

ただ、Applepencilもipadも中古で安く買うこともできますし、
メモやノートに使えるアプリがandroidよりも多く、
質が高いとされています。

定番はやっぱりApplepencilとipadの組み合わせだと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,900 (2022/09/23 01:27:32時点 Amazon調べ-詳細)

以下の対応タブレットのレビュー記事も参考にしていただけると幸いです。

XiaomiPad5のレビュー記事

Matepad 10.4 (2020)のレビュー記事

Matepad 10.4 (2021)のレビュー記事

ipadpro10.5のレビュー記事

重量、筆圧段階、新品のおおよその価格

M-PENCILとXiaomiSmartPen、Applepencil第1世代の重量や
筆圧段階、新品のおおよその価格です。

M-pencilXiaomiSmartPenApplePencil1
重量16g12.2g20.7g
筆圧4096段階4096段階1024段階
新品価格1万円程度1万1千円程度1万2千円程度

M-PENCILとXiaomiSmartPenとApplePencil第1世代の充電方法

3つのスタイラスペンの充電方法をまとめました。

M-pencil

Matepadに充電器を挿し、充電器にペンをくっつける

Pro版の場合、端末のふちにくっつけることでも充電可能。

XiaomiSmartPen

端末のふちにくっつける

ApplePencil第1世代

端末のlightning端子に挿す。

カブトガニスタイル


あるいは専用の充電器を使うことでも
充電できるみたいです。

対応端末

それぞれのスタイラスペンの対応端末は以下の通りです。

Mpencil→Matepad 10.4などに対応しています。

XiaomiSmartPen→XiaomiPad5及びProに対応

ApplePencil第1世代→iPadpro10.5などに対応

各スタイラスペンのメリット

全部いい点があって、選ぶのは大変です。

M-pencilのいい点

・端末が2万円ぐらい、ペンが1万円ぐらいで買えるので
コスパがいい。

・Googleplayのアプリを工夫すれば使える。

・筆圧段階が細かい

・フタを外す必要がないため、部品をなくす心配がない

・タブレットがなくても、専用の充電器があれば
充電できる。

XiaomiSmartPenのいい点

タブレットが120HZの高リフレッシュレートに対応し、
遅延が少ないらしい?

ふちにくっつけて充電できるので、
端末とペンがあれば充電できる

Googleplayのアプリを簡単に使える

部品をなくす心配がない

筆圧段階が細かい

Applepencil第1世代の良い点

端末に挿せば充電できるので、
タブレットペンがあれば充電できる。

本体がなくても、専用の充電器があれば
充電できる

タブレットやペンに中古品が多く、
ペンは大体6千円ぐらいで購入でき、
コスパがいい

イラスト・ノート作成に使えるアプリが
Androidより充実している。

あとがき

参考になれば幸いです

-タブレット