タブレット

純正Magic KeyboardとP109を実機比較!iPadのキーボードとしておすすめなのはどっち?

今回は、純正Magic Keyboardと、
その代替品としてある、
P109を徹底比較します。

P109の個別レビュー記事はこちらです。




比較しようとした背景

比較しようとしたきっかけは、
P109があまりにも使い勝手が良かったからです。

サードパーティでこれなら、
純正品でどうなるのかが気になりました。

また、Magic Keyboardのレビュー記事は、
SEO的な関係で書いても意味がないので、
どうせなら比較記事として出そうと思いました。

裏側を出していくスタイル。

MagicKeyboardとP109の類似点

Magic KeyboardとP109の類似点はこちらです。

キーボードの大まかな配列

キーボードの大まかな配列に差はありません。

両者を使い分けても、
ある1点を除けば問題なく使えるでしょう。

大まかな形状や仕組み

だいたいの大まかな形状や、
キーボードを固定する仕組みは
違いません。

どちらも高い部類の商品であるということ

どちらも高い部類の商品です。

Magic Keyboardは新品でも3万5千円ですし、
P109も1万5千円ぐらいします。

なかなか値段は高いと思います。

だからこそ、しっかり選びたいですよね?

Magic Keyboardが勝っている点

暴走の少なさ

Magic Keyboardは物理的に接続し、
P109はBluetoothで接続します。

そのため、P109のほうが、遅延が多少有り、
稀に暴走する傾向にあります。

遅延や暴走を嫌うなら、Magic Keyboardのほうが
良いと思います。

磁力の強さ

Magic Keyboardのほうが磁力が強いです。

軽さ

P109は、Magic Keyboardと違って、
バッテリーが入っているからか、
Magic Keyboardより重いです。

軽いほうが持ち運びもしやすいですし、
落下時の衝撃も減らせます。

パススルー充電に対応している

Magic Keyboardはパススルー充電に対応しています。

Appleという信頼と実績と安定のブランド

Magic Keyboardはアップル純正です。

そのため、ブランド力が高いです。

P109が勝っている点

P109が勝っている点は以下のとおりです。

値段の安さ

先述の通り、Magic Keyboardは3万5千円、
P109は1万5千円ぐらいです。

P109は価格が半額以下となります。

これは非常にコスパが高いと言えるでしょう。

ーキーと+キーを打ちやすい

Magic Keyboardは、ーキーと+キーが小さめで、
ミスタイプを誘発しやすいです。

しかし、P109はーキーも+キーも普通なので、
ミスタイプを大きく減らせます。

カバーが大きめで、
側面を守りやすい

P109のほうが、背面に来るカバーが大きめです。

そのため、背面を下にして落としたりしても、
より防御力が高くなると思われます。

結局どちらを選ぶべきか。

どちらもいい点があるキーボードケースです。

しかし、あえて選ぶならどちらがいいか。
ということです。

結論から言って、マジックKeyboardは
非常におすすめなのです。

なのです。

なのですが、僕はP109を推します。

理由は3つです。

キー配列が打ちやすい。

Magic Keyboardは、
右上のキーが打ちにくいです。

これらのキーは細長いキーが
2つずつ隣接しております。

さらに、そこそこ使用頻度が高いキーなので、
押し間違いが腹正しいです。

一方で、P109は
それらのキーが押しやすいので、
好きです。

Bluetoothに対応している。

Bluetooth接続です。

そのため、こんな芸当もできます。

Magic Keyboardは物理接続なので、
遅延や暴走が少ないのですが、
こうしたアクロバティックな使い方に対応していないのが難点です。

値段がとにかく安い

1万5千円という圧倒的なまでの安さを持ちます。




-タブレット