タブレット

【Antutu26万】Teclast M40を実機レビュー!ゲームやタッチ感度は?

今回はTECLASTのM40のレビューをします。

こちらのタブレットはSOCにT618を搭載し、
Antutuも26万点とそこそこな性能を持っています。

なお、現在はあまりAmazonでは販売されていないようなので、
後継機種に当たる、Teclast M40 Proのリンクを貼ります。

また、その他にもT618のタブレットは、
Blackview Tab11もあります。

Tab11はベンチマークは少々低いですが、
独自機能のあるUIや

拙ブログではAntutuがだいたい21万点のT610搭載のタブレットを
おススメしていますが、それよりもいくらか性能が高いモデルとなっています。

お値段も2万円位です。

数日使ってみてわかった、
メリットデメリットを記載します。

TECLAST M40のスペック

TECLAST M40
画面サイズ10.1インチ
本体重量530g
OSAndroid10
SOCUNISOC T618
RAM6GB
ROMemmc5.1 128GB
microsdスロット搭載
simスロット搭載
前/後カメラ画素数5/8MP
スピーカー2スピーカー
イヤホンジャック搭載
充電端子typec
バッテリー容量6000mah

TECLAST M40のメリット

2万円のタブレットで、Antutu26万点、性能は高い

SOCはT618を搭載しています。

また、RAMは6GBと大きめです。

ROMは128GBのemmcです。

64GBだと容量が
足りなくなったりするので、ここはいいですね。

Antutuは26万点です。

T610搭載のbmaxi10が21万点なので、
2割ぐらい性能が高いですね。

実際の動作もサクサク

3つの操作をしてみました。

原神→カクツキは画質中であまりなくなり、画質低でほぼなくなる

T610搭載のBMAX I10ではサクサク遊べた画質が、
最低画質でした。

TECLAST M40では、低画質でもサクサク遊べるので、
スペックは高くなっている印象です。

ゴリラオンライン及びChromeでのブラウジング→サクサク

動作はサクサクしていて、問題ありませんでした!

2つのスピーカーの音がデカい

私は、スピーカーでは音量を最優先します。

理由は料理しながら、掃除しながら、作業しながらの
ながら」聞きが多いからです。

BMAXI10は少し音量が小さいことがあったのですが、
これは音量がでかいです。

iPadやxiaomipadの音質の良さには及びませんが、
十分です。

その他、基本的な機能がそろっている。

イヤホンジャックやSIMスロットやSDスロット、gps、typec、など
基本的な機能はそろっています。

TECLAST M40のデメリット

タッチの感度は意外と悪くないが、遅延が多少ある。

タッチの感度はそこまで悪くないですが、遅延が多少ある感じでしょうか?

AnTuTuのアプリでタッチの追従性を測る機能があるのですが、

少し遅れがありました。

あとがき

こんな感じです。

ご覧いただきありがとうございます。

-タブレット